このページの先頭です

本文ここから

投票事務従事者は選挙人に案内や声かけをするべきです

更新日:2019年8月15日

市民の声

 参議院議員通常選挙において、当日午前中熊野小学校に投票に行ったのですが、選挙区の投票用紙を交付する職員に無言で何の説明もなく用紙を渡されました。挨拶を強要しているわけではありませんが、投票が無効や不正にならないように、記入台の場所の案内を含めた声かけは必要ではないでしょうか。

市の考え方

 投票所内の従事者についてのご指摘、申し訳なく思っています。
 投票用紙を交付する係員(短期臨時職員を含む)には、投票用紙を交付する際に、投票用紙を交付機から取り出し、「選挙区の投票用紙です。候補者氏名をお書きください。」、「比例代表の投票用紙です。名簿登載者の氏名または、政党等の名称もしくは略称をお書きください。」と声をかけて渡すように指導しています。
 また、投票所に来られる選挙人の方への案内や声かけについても「手引き」や説明会を通じて従事者への注意喚起を行ってきたものです。
 今後は、指摘いただきました点を踏まえ、再度注意喚起を行っていきますので、ご理解いただきますようお願いします。

受付日

令和元年7月22日

担当局部課

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 市政情報課

電話番号:(市政情報係)072-228-7439 (広聴係)072-228-7475

ファクス:072-228-7444

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで