このページの先頭です

本文ここから

JR阪和線の開かずの踏切を解消してください

更新日:2019年4月25日

市民の声

 鳳駅周辺など、堺市内にはJR阪和線の開かずの踏切が多くあります。現在、堺市では南海本線の連続立体交差事業を進められており、踏切の除却には莫大な費用と時間がかかることは理解していますが、交通渋滞などを解消するためには踏切の除却が必要だと思います。JR阪和線の開かずの踏切を解消するための、堺市としての取り組みを教えてください。

市の考え方

 ご指摘の通り、市内にはJR阪和線の開かずの踏切があり、この解消が課題であることは市として認識しております。複数の踏切を除却するには、鉄道の連続立体化が最も効果的ですが、ご理解頂いているとおり、連続立体交差事業は、多大な費用と期間を要する事業です。本市では南海本線の連続立体化工事と南海高野線の事業化に向けた検討を進めており、他の区間や他の路線の連続立体化は、この2つの事業が一定の目途が立った段階で総合的に検討を行う予定です。
 ご理解のほどよろしくお願いします。

受付日

平成31年3月11日

担当局部課

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 市政情報課

電話番号:(市政情報係)072-228-7439 (広聴係)072-228-7475

ファクス:072-228-7444

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで