このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

職員の飲酒運転防止対策について教えてください

更新日:2018年12月28日

市民の声

 堺市では職員の飲酒運転をどのように防止しているのでしょうか。自動車運転前にアルコールチェックを行ってアルコール濃度が基準を超えた場合は別の職員に運転させたり、二日酔いの場合は業務配置を替えるなどの対応は取られているのでしょうか。アルコールの影響が残っていると、自動車運転に限らずその他の業務でも注意散漫になり、ミスを起こすおそれが大きくなります。
 民間企業では飲酒運転で重大事故を起こせば即懲戒解雇となります。それに倣い、職員が公私を問わず飲酒運転を行った場合は複数年以上の停職処分とし、死亡事故や住宅の損壊を起こした場合は即懲戒免職にするなど、厳正な処分を行ってください。

市の考え方

 本市では、庁用自動車を運転する者は、その所属長が飲酒、過労、病気その他の理由により正常な運転をすることができないおそれがないかなどを確認したうえで運転を許可し、庁用自動車を運行することとしています。また、車両管理事務所にアルコールチェッカーを配置し、適宜アルコール濃度を確認するよう指導しております。
 加えて、全職員を対象に庁用自動車運転者講習会を毎年開催し、その中で、交通ルールの遵守や交通事故防止の啓発と併せて飲酒運転防止についても周知徹底を図っているところです。
 引き続き、職員に対する安全運転意識の向上を図るとともに、飲酒運転防止に取り組んでまいります。

受付日

平成30年11月19日

担当局部課

財政局財政部財産活用課

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 市政情報課
電話:(市政情報係)072-228-7439 (広聴係)072-228-7475 ファックス:072-228-7444
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る