このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺のご当地料理はコレだ!(令和元年度版)

更新日:2019年12月26日

「古代米料理」と「鍬焼料理」
 「古代米料理」は「堺をつなぐ古代米料理」として、堺市美原区の特産品である黒姫山古墳の近くで収穫された古代米を使った料理を提供します。「鍬焼料理」は「堺の鍬焼料理」として、古墳築造にも大きな影響を与えたであろう鍬を使った肉料理を提供します。
 今後、事業者と連携して、これらの料理を広くプロモーションし、「堺といえばこれ!」といわれる料理をめざします。

「古代米料理」と「鍬焼料理」

古代米料理

堺をつなぐ古代米料理(事業者によるストーリー)
 人々の営みが太古より積み重なる歴史ある土地であることが、この町の誇りです。その中でもシンボルとも言える巨大な古墳群は歴史的価値のみならず、市民にとって「なつかしさ」の象徴ではないでしょうか。そして古墳の時代に食べられていたお米を、美原区にある黒姫山古墳のふもとで再び育てている人たちがいます。稲穂が揺れるその田園は、まさにこの国の原風景と言えるなつかしい景色です。古代米を食べるたびに感じるあのやさしさ。プチプチとした食感の心地良さ。素朴で優しい「素材」にこそ食がもつ本来の美味しさとなつかしさがつまっています。堺から発信すべき「なつかしさを想起させるおいしい食材はなんだろう?」と私たちは考え続けて、古代米に辿り着きました。「かつて、おいしいはやさしかった」ということをもっと多くの人に知っていただけることを私たちは願っています。

※料理は今後変更となる場合があります。

さかい古代米弁当


  • 提供店舗:森のキッチン
  • 住所:堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館地下1階

  詳しくはこちらまで

黒姫山古代バーガー

  • 提供店舗:ミュージアムカフェ 風遊(ふらり)
  • 住所:堺市美原区黒山281

  詳しくはこちらまで

ジビエカレー

  • 提供店舗:無印良品イオンモール堺北花田
  • 住所:堺市北区東浅香山町4-1-12

  詳しくはこちらまで

認定事業者

社会福祉法人コスモス

鍬焼料理

堺の鍬焼料理(事業者によるストーリー)
 堺は奈良や京都に近く、また大阪湾に面する海陸交通の重要な土地として古くから経済や文化等が発展してきました。堺市内には、4世紀後半から6世紀前半にかけて造営された巨大な古墳が数多く点在し、歴史と文化を今に伝える貴重な遺産(百舌鳥古墳群)として、その多くは世界遺産に登録されています。中でも、世界最大の墳丘長486mを超える仁徳天皇陵古墳は大阪湾を望む台地上に築かれましたが、当時は想像を絶する大土木工事であったものと思われます。弥生時代から徐々に鉄製農具の登場によって農耕生産力があがり、やがて古墳を築くという大規模な土木事業が可能となりました。古墳の造営工事の為に鋤、鍬などの道具が沢山利用されたことでしょう。その後、平安時代から鎌倉時代にかけて旧丹南(現在の堺市美原区・東区とその周辺)で鋳造技術が発達し、戦国時代以降には堺の鉄砲、刃物などの生産が盛んとなり鉄鍛冶技術の高さは全国区となったのです。また、江戸時代後期には、鍬は堺の特産品にもなっていました。今般の百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を機に、百舌鳥古墳群築造の頃、技術改良により古墳築造にも大きな影響を与えたであろう道具の刃先を使った肉料理を楽しんでいただくことで、堺を訪れた方に、堺に古代から伝わる鉄加工技術や現存する古墳に想いを馳せていただきたいと思います。

※料理は今後変更となる場合があります。

鍬焼ランチ

  • 提供店舗:はや総本店
  • 住所:堺市堺区向陵西町4-3-3

  詳しくはこちら

鍬焼コース

  • 提供店舗:ステーキの店 徳庵
  • 住所:堺市堺区南丸保園3-10

 詳しくはこちら

認定事業者

有限会社Eテーブル

堺のご当地料理はコレだ!(平成29年度~30年度版)

堺のご当地料理はコレだ!(平成30年度版)

堺のご当地料理はコレだ!(平成29年度版)


TOPページへ

このページの作成担当

市長公室 広報部 シティプロモーション担当
電話:072-228-7340 ファックス:072-228-8101
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

堺市シティプロモーション認定事業

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る