このページの先頭です

本文ここから

2020年度 女性に対する暴力をなくす運動

更新日:2021年3月2日

 毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃の国際日)までの2週間、全国で「女性に対する暴力をなくす運動」が実施されています。堺市におきましても、「パープルリボン」をシンボルに、女性に対する暴力根絶に向けた啓発活動を行いました。

 「パープルリボン運動」は、子どもや女性に対する暴力被害者にとって世界をより安全なものとすることを目的として、1994年、アメリカ・ニューハンプシャー州の小さな町で、近親姦やレイプの被害者によって始められたといわれています。
 女性に対する暴力を許さない社会づくりに取り組んでいる世界各地の個人や団体が、暴力の下に身を置いている人々に勇気を与えようとの願いから、「パープル」をシンボルカラーとして、布リボンやバッジなどにより、「パープルリボン」を広めており、現在では多くの国に広がっています。

オレンジ&パープルリボンキャンペーンに関する取組(2020年度)

 11月は「児童虐待防止推進月間」であることから、堺市ではそれぞれの活動のシンボルマークである「オレンジリボン」と、「パープルリボン」を並べたロゴマークを作成し、深い関係のある児童虐待と女性に対する暴力の防止に向けて一体的に啓発活動を行っています。

女性に対する暴力をなくす運動パネル展

11月1日(日曜)~11月30日(月曜)に、市役所本庁舎にて、パネル展示を行いました。

市公用車へのマグネットシートの貼付

 キャンペーン期間中に、市公用車にオレンジ&パープルリボンのマグネットシートを貼付しました。

タペストリーのライトアップ

掲示期間中、午後6時~9時に、オレンジ&パープルリボンのタペストリーをライトアップしました。

各区役所・男女共同参画センターでの懸垂幕の掲示

市職員の名札への啓発バッジの着用

 11月の1カ月間、市職員全員を対象として、名札へオレンジ&パープルリボンバッジを貼付し、「子どもへの虐待防止」と「女性に対する暴力根絶」を呼びかけました。

堺ブレイザーズとの協働によるPR

12月5日(土曜)に、日本製鉄堺体育館で開催されたV・LEAGUE Division1のホームゲームにて、堺ブレイザーズの監督やスタッフの皆さんが、胸にオレンジ&パープルリボンバッジをつけ、試合に臨みました。

ひとりで悩まずに相談してください(DV相談窓口)

堺市配偶者暴力相談支援センター

 072-228-3943
 受付時間:月曜~金曜 9:00~17:30(祝日・振替休日・年末年始を除く。)

堺市女性相談窓口

 DVや生活などの女性のための相談(電話・面接)

  堺市各区役所保健福祉総合センター
   堺 区 072-228-7023
   中 区 072-270-0550
   東 区 072-287-8198
   西 区 072-343-5020
   南 区 072-290-1744
   北 区 072-258-6621
   美原区 072-341-6411
   受付時間:月曜~金曜 9:00~17:30(祝日・振替休日・年末年始を除く)

  女性相談員による相談
   相談時間は、各区役所によって異なります。事前にお問い合わせください。

堺市夜間・休日DV電話相談

 上記時間以外はこちらへお電話ください。
 072-280-2565

<内閣府>DV相談ナビ 全国共通電話番号

 発信地等の情報から最寄りの相談窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただけます。各機関の相談受付時間内に限ります。
 電話:#8008(はれれば)

<内閣府>DV相談+(プラス)

 電話のほか、メールやチャットによる相談が可能です。チャットでは英語、中国語、韓国語などの外国語相談にも対応しています。
 詳細はリンク先「DV相談+(プラス)ホームページ」でご確認ください。
 電話:0120-279-889(つなぐ はやく)
 受付時間:24時間(チャット相談は正午から午後10時まで)

警察への相談

 各警察署でも相談を受け付けています。
 緊急時は110番へ!

参考ホームページ

このページの作成担当

市民人権局 ダイバーシティ推進部 ダイバーシティ企画課

電話番号:072-228-7159

ファクス:072-228-8070

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで