このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第1章 公共施設等総合管理計画策定の背景と目的

更新日:2016年8月24日

1.計画策定の背景と目的

(1)背景

 我が国において、公共施設等の老朽化への対策や維持管理、更新のあり方等が大きな課題となっています。地方公共団体においては、厳しい財政状況が続く中で、今後、人口減少や人口構成の変化等により公共施設等の利用需要が変化していくことが予想されます。こうしたことを踏まえ、早急に公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現することが必要となっています。
 このような状況や課題は、本市も例外ではありません。本市の公共施設、いわゆるハコモノ資産の現状は、30年以上前に建築した施設が全体の約5割を占めており、今後、大規模な改修や建替えが短期間に集中して、多大な財政負担を強いることが予想されます。これに加えて、公共施設の利用需要の変化への対応、さらには、コスト縮減、環境保全、安全性の確保、防災対策等への対応が課題となっています。
 本市では、これまで行政需要の増大に伴う施設の新築と老朽化に伴う建替えを柱として公共施設の整備を進めてきました。しかし、今後は、市民ニーズの多様化に応えて、施設の長寿命化や、転用・集約化といった既存施設を有効活用する施策に方向転換していくことが社会的な要請となってきていることから、ハコモノ資産を戦略的かつ適正に管理・活用していくことが重要です。
 本市では、ファシリティマネジメントの手法により、これらの課題に対応していくこととし、平成25年6月、ハコモノ資産を対象として、本市ファシリティマネジメントの基本的な考え方や方向性を示す「堺市市有施設等整備活用基本方針」を策定し、これに基づき公共施設のマネジメントを実践・推進しています。
 一方、道路、橋りょう、水道、下水道など、いわゆるインフラ資産についても、高度経済成長期などに整備された施設が多く、今後、急速に老朽化が進むことが予想され、ハコモノ資産と同様にその対応が喫緊の課題となっています。
 そこで、「道路維持管理計画(舗装修繕計画)」、「堺市橋梁長寿命化修繕計画」、「堺市水道ビジョン」、「堺市下水道ビジョン」等を策定し、これらに基づき、それぞれの所管部局において計画的な更新・整備に取り組んでいます。
 このような本市のファシリティマネジメントの推進は、「第2期行財政改革プログラム」(平成26年5月策定)において、『堺・3つの挑戦』と『市民が安心、元気なまちづくり』を着実に進めていくための『8つの分野』の行財政改革の取組のうち、『推進分野』に位置づけており、全庁一丸となって取り組んでいます。

図表1-1-1 第2期行財政改革プログラム体系図

図表1-1-1 第2期行財政改革プログラム体系図

(2)目的

 国においては、「インフラの老朽化が急速に進展する中、『新しく造ること』から『賢く使うこと』への重点化が課題である。」との認識のもと、平成25年11月に「インフラ長寿命化基本計画」が策定されました。
 こうした国の動きと歩調をあわせ、各地方公共団体においては、速やかに「公共施設等総合管理計画」の策定に取り組むことが、平成26年4月に総務大臣から要請されています。
 本市では、既に策定した「堺市市有施設等整備活用基本方針」に示している施設の長寿命化などの方針を踏まえつつ、公共施設等の更新費用の見通しや財政負担の平準化に向けた考え方等を整理するとともに、維持・管理に関する基本的な考え方を示すなど、公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するための計画として「堺市公共施設等総合管理計画」(以下、「本計画」といいます。)を策定しました。
 本計画に基づき、長期的な視点から公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを行うことにより、財政負担の軽減・平準化を図るとともに、公共施設の配置の最適化を進めていきます。

2.対象財産

 本計画の名称にある公共施設等とは、公共施設、その他の当該地方公共団体が所有する建築物、その他の工作物をいいます。具体的には、公共建築物(学校施設、市営住宅、庁舎等)のほか、土木構造物(道路、橋りょう等)、公営企業の施設(水道、下水道等)等も含む包括的な概念です。
 対象とする公共施設等は、図表1-2-1の『ハコモノ資産』及び『インフラ資産』の類型に分類するものとします。

図表1-2-1 公共施設等の主な分類

類型 用途 主な施設
ハコモノ資産
(建物系公共施設)
学校施設 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、支援学校等
市営住宅 市営住宅、住宅集会所、付帯駐輪場等
スポーツ・文化施設 体育館、市民センター、文化ホール、博物館等
庁舎 本庁舎、区役所、上下水道局本庁舎(公営企業会計)等
消防施設 消防署、出張所等
高齢者福祉施設 老人福祉センター、老人集会所等
児童福祉施設 保育所、こどもリハビリテーションセンター等
その他施設 保健センター、廃棄物処理施設(清掃工場)、駐輪場等
インフラ資産
(土木系公共施設)
(上下水道施設)
道路・橋りょう 道路舗装、橋りょう、トンネル等
公園 都市公園等
河川 河川管理施設等
農業関連施設 農道、ため池等
水道施設
(公営企業会計)
配水場等
水道管等
下水道施設
(公営企業会計)
下水処理場、下水ポンプ場等
下水道管等

3.これまでの取組

 本市では、これまで図表1-3-1の計画等を策定し、それらに基づき公共施設等に係る維持管理、更新、長寿命化等に取り組んでいます。

図表1-3-1 これまでの主な取組内容

対象

計画

主な内容

公有財産

堺市財産活用指針
(平成23年9月策定)

〇戦略的な観点からの財産マネジメントにより、さらに積極的に公有財産の有効活用を図る
〇基本的考え方

  • 市民と協働で取り組む
  • まちづくりとして取り組む
  • 効率的な財産マネジメントの推進に取り組む

市有施設等

堺市市有施設等整備活用基本方針
(平成25年6月策定)

〇公有財産をより適正に管理・活用していくためファシリティマネジメントを実施することとし、その基本的な考え方や方向性を示す
〇3つの基本方針

  • ライフサイクルコストの削減
  • 施設総量の最適化
  • バリュー・アップ(価値の向上)

学校施設

堺市小規模校基本方針
(平成14年8月策定)

小規模校の活性化に対する基本方針

市営住宅

堺市営住宅長寿命化計画
(平成24年2月策定)
(計画期間:平成23~32年度)

市営住宅の計画的な維持管理・改善・建替えを推進するための基本となる計画

道路
(主要路線)

舗装修繕計画
(平成24年3月策定)

5年ごとに行うひび割れ等の調査に基づいて計画的な修繕を行い、舗装の長寿命化、維持管理費の縮減を図る

横断歩道橋

横断歩道橋維持管理計画
(平成24年3月策定)

5年ごとに行う定期点検に基づいて計画的な修繕を行い、横断歩道橋の長寿命化、維持管理費の縮減を図る

橋りょう

堺市橋の長寿命化修繕計画
(平成24年度更新)
(計画期間:平成25~28年度)

計画的な維持管理を行うことで橋の安全性を確保する

橋梁耐震事業計画
(平成26年度更新)
(計画期間:平成27~32年度)

大規模災害に備え、緊急交通路に関係する橋の耐震化を実施し災害に強いまちづくりを推進する

河川

内川排水機場長寿命化計画
(平成23年3月策定)
(計画期間:平成23~62年度)

ライフサイクルコストの最少化を目的とし、内川排水機場における設備の長寿命化を図る

水道施設

堺市水道事業中期経営計画
(平成19年3月策定)
(計画期間:平成18~27年度)

水道事業の基本計画として、経営方針、施策目標を掲げ、安全安心なライフラインを確保するための施策に取り組むことで、お客さまに信頼される水道をめざす

新世紀第二次配水施設整備事業計画
(平成20年3月策定)
(計画期間:平成20~29年度)
(平成27年度で打ち切り)

管路の耐震化、経年劣化した幹線管の更新を最重要施策として、災害に強い安心・安定した水を供給できる水道施設の構築を図る

堺市水道ビジョン
(平成28年2月策定)
(計画期間:平成28~37年度)

水道事業の経営戦略として、経営計画と事業計画を一本化したもの
「安全」「強靭」「持続」の観点から、この10年間で水道事業が取り組むべき具体的な方策をまとめたもの

下水道施設

堺市下水道ビジョン
(平成23年6月策定、平成28年3月改定)
(計画期間:平成23~32年度)

下水道事業について、10年間の施策目標と中期実施計画、経営方針と中期経営計画を定めたもの
地震対策や改築更新についても、取組方針や事業概要を定めたもの

4.計画の位置づけ

 本計画は、本市の将来像にかなったまちづくりを進めるため、中長期的な視点に立って、「堺市マスタープラン」など、まちづくりの基本計画や他の主要な計画との綿密な連携・整合を図りながら取り組むものとし、ハコモノ資産及びインフラ資産の各担当部署が本計画を受けて別途定める個別計画の上位計画として位置づけます。

図表1-4-1 堺市公共施設等総合管理計画の位置づけ

図表1-4-1 堺市公共施設等総合管理計画の位置づけ

5.計画期間

 平成28年度から平成37年度までの10年間を計画期間とします。ただし、計画期間内であっても、必要に応じて適宜、見直すものとします。

このページの作成担当

市政集中改革室 ファシリティマネジメント担当
電話:072-228-7015 ファックス:072-228-1303
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る