このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

1月第3週(1月16日~1月22日)

更新日:2017年1月25日

今月の他の「市長の動静・トピックス」はこちらへ

他の月の「市長の動静・トピックス」はこちらへ

1月22日日曜日

部落解放同盟大阪府連合会堺支部2017年新春のつどい(部落解放同盟大阪府連合会堺支部)

竹山市長は、「私たちのまち堺は、中世から自由と自治の都市です。そうした伝統が『平和と人権を尊重するまちづくり条例』をつくったというふうに言えると思います。堺から部落差別をはじめとする、あらゆる差別を根絶していくことを、地域の皆様方と一つひとつ積み重ねていきたいと思っております。
今、子どもの貧困が大きな問題となっております。大仙西校区におかれましては『子ども食堂』を地域の皆様が主体的に開催していただいています。子どもの居場所づくりをしていく、そして、子どもをしっかりと地域で見守っていく、そういう取り組みを地域でやっていただいていることを、本当に嬉しく思います。
昨年、部落差別を解消するための法律ができました。実態に即して、地域でしっかりと取り組む、そういう主体的な取り組みが必要だと思います。
女性、障害者、LGBTなど、あらゆる差別を堺から根絶していくような取り組みを、私はやっていきたいと思います。そのためには、市民の皆様と、そして地域の皆様と一緒にやることが必要だと思います。堺はこれからも、地域の皆様と一緒にまちづくりをしていく、そういう支え合いのまちづくりをしていきたいと思います。
ぜひとも、部落解放同盟大阪府連合会堺支部の皆様方、そして大仙西校区の皆様方と一緒になってまちづくりを進めていきたいと思いますので、ご支援よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

津々流大正琴 初弾会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「私は2年半ほど前、ウェリントンに姉妹都市締結20周年で行ったときに、津々流大正琴の皆様方に一緒に来ていただきまして、現地で弾いていただきました。ウェリントンの方々は、日本の大正琴というのを初めて聴かれたと思います。本当に大きな歓声があがったと、今でも覚えております。
また、大正琴の皆様には、堺の文化行政の主力を担っていただいているということで、堺の文化芸術の集いなどでも一翼を担っていただいております。
堺市では、2年後に芸術文化ホールがオープンする予定です。ぜひ、津々流大正琴の皆様にも、この芸術文化ホールの舞台を飾っていただきたいと思います。大正琴の音色でホールを魅了していただくことを、私は皆様方にお願いしたいと思います。
私は、今年1年は『堺愛』ということを、テーマにしたいと思います。堺の持っている歴史や文化をしっかりとこれからも継承する、愛していくということが大事です。
私たちは、先人がつくった堺の文化や歴史、そして音楽。『三味も小唄もみな堺』と言われている堺を、これからも発展させなければならないと思いますので、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

近畿連合和歌山県人会新年互礼会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「本当に、皆様には堺の色んなところでお世話になっております。特に、歴史や文化です。和歌山には高野山や熊野古道という世界文化遺産があり、堺市は田辺市と友好都市で、真砂田辺市長とは本当に色んなお付き合いをさせていただいております。また、堺市役所でも和歌山出身の職員にちょくちょく出会います。
堺市は、百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産にしたいと思っており、田辺市や色んなところで勉強しております。
そして、今、関西国際空港は非常に賑わっておりますが、堺や泉州、和歌山、そして徳島と連携していくということも大事です。1月30日には、仁坂 和歌山県知事、飯泉 徳島県知事、山谷 関西エアポート社長と一緒に、堺でシンポジウムをさせていただくことになっております。関空としっかり連携して、関空の元気を、和歌山や徳島、泉州にも享受できるように頑張っていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

八上校区自治連合会新年交歓会(菩提地区自治会館)

竹山市長は、「八上校区の皆様方には、日頃、堺市政の色んなところでご支援いただいております。特に安全安心のまちづくりでは、子どもの問題、防災の問題など、色々とお世話になっています。
去年は熊本や鳥取の地震など自然災害が多かった年です。私は、全ての施策の中で一番大事なのは、市民の安全安心に関する取組だと思います。
皆様方には、日頃から自治会活動をはじめ、防災や環境への取り組みなどを通して、地域の交流の促進と安全安心なまちづくりの実現にご尽力をいただいており、心からお礼申し上げます。美原には、堺市の総合防災センターができます。ここを核として、専門的な人だけではなく、市民の皆様が実際に利用して防災の勉強をしていただけるようにしていきたいと思っております。
私は平成元年、2年と美原町の助役させていただきました。あの時、助役を経験してなかったら市長にはなっていなかったのではないかと思います。私はこれからも、現場でしっかりと皆様方の意見をお聞きして、仕事を進めたいと思っています。
今後とも、堺を発展させるとともに、八上地区、美原がもっともっと発展するように私も頑張りますので、皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

西区防災講演会(西文化会館ウェスティ)

竹山市長は、「西区の防災講演会ということで、今日は山村先生をお招きして、本当に先生の防災の体験を織り交ぜたお話を聞かせていただきました。まさに、講演でおっしゃったように、『知らせる、消す、助ける、逃げる』ということを実践しておられます。私たちは、日頃しっかりと頭に中に入っているわけではありません。今日は皆さんも、再度確認できたと思います。先生の貴重な実体験、貴重なお話でした。私は非常時に、自らの命を守るための実践的な方法を、皆様方各自が身に着けていかなければならないと思います。特に『近助の精神』これが大事だということを今日は確認したところです。
私たちはこのように、自助と公助と共助、そして近助を、これからも自らの実践活動を通じて、訓練しながら養っていきたいと思います。西区自治連合協議会の皆様には、今まで安全安心のまちづくりの経験があります。そして、今日の講演会は、会長さんが中心になって開催いただきました。ありがとうございます。堺はこれからも市民の皆様と一緒に防災に取り組んでいきます。よろしくお願いします。」と、挨拶しました。

福田校区自治連合協議会 新年互礼会(日本料理よしの)

竹山市長は、「本日は、校区の皆様のほか、地元の高等学校も参加されており、みんな一緒になって地域を盛り上げているということで嬉しく思います。
2月には、それぞれの年代が集い、マラソン大会や駅伝をするということで、本当に子どもからお年寄りまで一緒になって自治会を盛り上げていこうという取り組みがされているようです。
私たちはやはり、地域で子どもをしっかり育てるとともに、地域のつながりというのが大事です。先ほども西区の防災講演会に行きました。一番大事なことは、近所の助け合い(近助)、そして自助、さらに共助です。近所の皆様がしっかり連携していくことによって、障害を持っている方や高齢者まで全員が、大きな災害の時でも避難して逃げること、そして無事だということが大事だと思います。それには、日々の実践しかないと思います。このような会を通じて、しっかりと結びつくことが大事だと思っております。
中区では、中警察署の建設も予算が認められるということになっています。皆様が待ちに待って、望んでおられた中警察署ができて、安全安心面でも大きく寄与していただけると思います。これは皆様方の熱い熱い思いが実ったというふうに思います。

堺市では、皆様方とともに、安全安心なまちづくり、そして子どもから高齢者までが元気で、共に支え合うまちづくりに、しっかりと取り組んでまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

堺ビッグボーイズ、堺初芝ボーイズ新年祝賀会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「今、監督がおっしゃったとおり、筒香選手、そして森選手を、堺ビッグボーイズ、堺初芝ボーイズが輩出したということは、私たち堺の誇りです。そして何より私が素晴らしいと思うのは、やはり、マナーやスポーツマンシップを子どもたちに教えていただいていることです。
私は今、市政の重要な取組は、『子育て・教育』だと思っています。堺の子どもが、体も心もしっかりと成長して大人になって、世の中の役に立つ人材に育つ、それが堺市の大きな目標です。野球を通じてしっかりと心と体を養うことにおいて、皆様方のご尽力に対して、深く敬意を表します。
2020年には、ソフトボールと野球がオリンピックの正式種目になります。ぜひとも堺出身の選手が、将来、世界的な大会で活躍できるように、皆様方にも頑張っていただきたいと思います。
そして、現在、原池公園に甲子園の予選大会ができる野球場を建設中です。ぜひとも、そこからオリンピックに出るような選手が育つことを期待しています。
最後になりましたが、今年1年は、私は『堺愛』というのを、しっかりと訴えていきたいと思います。堺に生まれ育って、隣人を愛する、そして堺の郷土を愛する、そして堺の歴史や文化や堺のスポーツを愛するような堺の子どもたちを育み、そして堺のまちづくりをしていきたいと思います。ぜひとも両協会の皆様方にバックアップしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

1月21日土曜日

阪神高速道路大和川線(三宝ジャンクション~鉄砲出入口)開通イベント「クォーターマラソン」(イオンモール堺鉄砲町横)

竹山市長は、「まず、錦綾小学校の皆さん、一輪車の演技、本当に素晴らしかったですね。
皆さん、大和川線の開通記念イベントにたくさん応募いただき、ありがとうございます。
この大和川線は、大和川に沿って堺の臨海部と松原を結ぶ、全線約10キロの高速道路です。全線開通した際には、物流の効率化による生産性の向上や、民間投資の拡大が期待でき、堺市だけではなく、関西経済が益々元気になります。
そして、今から皆さんにクォーターマラソンを走っていただきます。また、午後からはウォーキングも行われます。是非、普段は走れない高速道路、そして地下のトンネル部分も走っていただきたいと思います。
是非皆さん、一日このイベントを楽しんでいただきたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶し、クォーターマラソンのスターターを務めました。

第21回さかい男女共同参画週間オープニング記念講演(サンスクエア堺)

竹山市長は、「まず、先程の金岡北中学校吹奏楽部の演奏、素晴らしかったですね。本当に中学生の皆さんが一生懸命練習していたことが伝わってきました。
堺市は、平成7年1月に、市民の行動目標として『女と男がいきるのやSAKAI宣言』を採択し、全国で初めて『男女共同参画宣言都市』となりました。最近では、平成26年3月に、先進国で2番目、国内では初めて、国連機関のUN Womenの取組に正式参加し、『堺セーフシティ・プログラム』として女性や子どもに対する暴力の根絶に向けて、様々な取組を進めています。また、NPO団体と協働して、深夜に自転車でパトロールし、一人歩きの女性などを見守る『さかい提灯部隊』や、コンビニの協力を得て、成人向け雑誌の表紙を包装紙で隠し、子どもの目にふれないようにする取組など、特色ある事業を実施しています。
こうした取組にもかかわらず、女性や子どもに対する暴力や、性別による固定的な役割分担意識は根強く残っているのが実情です。堺市では今後とも、これらの課題を克服し、すべての人が安全安心に暮らせる社会、すべての人がその個性と能力を十分に発揮できる社会の実現に向け、さらに力強く取り組んでまいります。
本日は『さかい男女共同参画週間』のオープニングとして、女性の社会進出や男女共同参画の意義を、長年、社会に問いかけておられる歌手の山本コウタローさんを講師にお迎えし、フォークソングの歌詞を引用しながらお話しいただきます。また、最終日の28日には、女性に対する暴力を『振るわない』『許さない』『沈黙しない』男性、すなわち『フェアメン』たちが主体となった活動『ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン』のワークショップも実施します。
皆様には、この参画週間において様々なことを学び、一つでも実践していただきたいと思います。」と、挨拶しました。

阪神高速道路大和川線(三宝ジャンクション~鉄砲出入口)開通イベント「ハイウェイウォーク」(イオンモール堺鉄砲町横)

阪神高速道路大和川線(三宝ジャンクション~鉄砲出入口)開通イベント「ハイウェイウォーク」の参加者の皆様と一緒に、ウォーキングを体験しました。

日本郵政グループ労働組合堺西部支部2017年新春のつどい(ダイワロイネットホテル堺東)

竹山市長は、「今年の私の仕事始めは、元旦の堺郵便局での年賀郵便配達出発式でした。本当に日本の古来からの美しい伝統文化だと思います。
今年のテーマは『堺愛』です。まさに皆様の『心ひとつに』という言葉の通り、働く者と市民がしっかりと連携していくようなまちづくりをしてまいりたいと思っております。
隣人を愛し、地域を愛し、歴史文化を愛することで、堺に愛があふれる行政をつくりあげていきたいと思いますので、皆様のご支援を、よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

1月20日金曜日

訪問 堺市立総合医療センター(西区家原寺町)

堺市立総合医療センター小児科病棟を訪問し、国際ソロプチミスト大阪-南陵の皆様から寄贈された、阪堺線の鉄道模型ジオラマを観覧しました。

第67回造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会開会式(サンスクエア堺)

竹山市長は、「本大会では、設立以来、美術教育に携わる多くの皆様が真摯に研究を積み重ね、美術教育の充実、発展に取り組んでこられました。
このたび、歴史と伝統ある大会が、約50年ぶりに、ここ堺の地で開催されますことを、大変うれしく思っています。
堺市では、次代の堺を担う子どもたちが、勉強だけでなくスポーツや、美術、音楽など、様々な分野で能力を発揮できるように、そして人間力を高める教育を行っているところです。
美術の面では、『アートの甲子園』と呼ばれる『全国中学校美術部作品展(アートクラブグランプリ in SAKAI)』を毎年、堺で開催しております。今年で10回目を迎え、私も全て参加させていただきましたが、年を追うごとに作品の数も多く、内容も素晴らしいものだと思います。
本大会では、この『アートクラブグランプリ』の作品を活用した授業の実践や、シンポジウムも開催されます。また、堺市が所蔵する世界屈指のコレクションを展示する『堺アルフォンス・ミュシャ館』と連携した取組も発表されます。
各地からお越しの皆さんには、午後の公開授業や堺市の取組をご覧いただき、ぜひ忌憚のないご意見をお聞かせください。そして、堺市は歴史・文化のまちです。この機会に、百舌鳥古墳群、そして『さかい利晶の杜』にも訪れていただきたいと思います。

来客 国際交流基金 関西国際センター文化・学術専門家日本語研修生(市長応接室)

国際交流基金 関西国際センターが実施している文化・学術専門家日本語研修について、研究者や大学院生等が、日本社会への理解を深めるためにカリキュラムの一環として来堺され、市長を表敬訪問されました。
この後、一行は、市内の和菓子作り体験のほか、市内視察を行う予定です。

堺商工会議所建設部会 新春懇親会(堺商工会議所)

竹山市長は、「建設部会におかれましては、長年にわたり、堺市建設事業のみならず、あらゆる社会基盤整備にご尽力いただいていることを嬉しく思います。
昔、河盛 元堺市長が百万都市宣言をしました。海を埋め立て、山を切り拓き、堺を100万人の都市にするということでした。以来45年、堺市がその構想に向けて歩んでまいりました。そして、政令指定都市になって今年で11年目を迎えるところです。私たちは、政令指定都市としての権限と財源をしっかりと活かしながら取り組んでいかなければなりません。
国道、府道、市道を一貫して堺市で管理するということ、そして、地域の仕事を地元でしてもらうことが大事だと思っています。
これからも堺市は、中心市街地の活性化をはじめ、泉北ニュータウンや各拠点地域の整備をしてまいります。皆様とともに堺を、もっと住み良いまち、便利なまちにしたいと思いますので、ご支援いただきたいと思います。」と、挨拶しました。

一般社団法人 堺・北堺自家用自動車協会 新年会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「近年、交通事故は減少の傾向にありますが、お年寄りが関係する交通事故が多発しています。さらに、自転車の事故が増えています。堺市では、高齢者の方の免許証の返納について、何かインセンティブを与えることができないかなと思っています。そして、自転車の利用時には、ヘルメットを被っていただくことを啓発しています。
私たちの身の回りの事故は、市民の皆様が自覚しながら少なくしていく必要があると思います。堺市では、警察署と連携しながら、交通安全啓発を行うとともに、事故の撲滅をめざして、様々な活動をしているところです。皆様にも是非、ご支援、ご協力をお願いしたいと思います。」と、挨拶しました。

日本郵政グループ労働組合 堺東部支部2017新春の集い(ダイワロイネットホテル堺東)

竹山市長は、「今年の仕事始めは、元旦の堺郵便局での年賀郵便配達出発式でした。一年の計は元旦にあり、年賀状をいただくということは、日本の良き歴史、伝統、風土です。そのような式典に立ち会うことができたことを嬉しく思います。
東部支部におかれましては、北区から南区まで幅広いエリアを担当され、私たちの手紙や郵便、小包を365日昼夜問わず配達されていること、皆様のご努力に対して敬意を表します。
私たちは、皆様とともに、堺市民がともに支え合い、地域をつくっていくようなまちづくりをめざしています。
今年のテーマは『堺愛』です。皆様と一緒に、堺を愛し、地域や人、歴史文化を愛することから始めなければなりません。皆様方におかれましても、今後も市民の支えとなり、堺市の取組にもご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

自治労堺職員労働組合 2017年旗開き(ホテルリバティプラザ)

竹山市長は、「自治労堺職員労働組合の役員をはじめ組合員の皆さんには、日々の活動ご苦労様です。
私は、皆様との出会いが大きなインパクトになっています。美原町助役時代、28年前にお会いして、徹夜で交渉させていただいた。市長になった今でも、その時、基礎自治体の仕事を覚えさせていただき、皆様と議論させていただいたことを覚えています。今の私にとって、血となり肉となっていると思います。今でも、皆様と一緒に仕事をさせていただくことが本当に嬉しく思います。
私は今後とも、『市民目線、現場主義』で仕事をしたいと思っており、それは取りも直さず、長靴で日々出勤していた山本巌 美原町長の姿を見ているからです。平成17年に堺市と美原町が合併して12年目です。12年が経ち、美原は大きく変わろうとしています。
これからも美原がもっと発展し、堺の東の玄関口として発展していかなれけばなりません。
皆様と一緒になって頑張りたいと思いますので、ご支援をお願いいたします。」と、挨拶しました。

1月19日木曜日

平成28年度業務功績表彰 表彰式(市長応接室)

顕著な業績を上げた職員などを、堺市職員等表彰規則に基づき表彰しました。

三宝地区環境安全協議会 新春懇談会(南海グリル東店)

竹山市長は、「三宝地区環境安全協議会の皆様が、地元企業と市民の皆様と一緒になって、三宝地区の環境改善と安全確保のために、長きにわたりご尽力いただいた歴史があります。
ただし、今でも交通量の問題など、まだまだ改善すべき課題があります。これらに対して、堺市はこれからもしっかりと対応していきたいと思います。
1月28日に、阪神高速道路大和川線の三宝ジャンクションから鉄砲出入口までが開通することになりました。明後日の土曜日には、マラソンやウォークラリーが開催されるということで、私も参加させていただきます。
堺の動脈の一つである湾岸線と、大和川の左岸線がしっかりと結ばれます。これはまさに、関西にとっても大きな大動脈になっていくと思います。皆様のご協力があればこそです。
今後とも、堺が安全で安心なまちになるように、そして、今後の発生が予想されている南海トラフ巨大地震においても、皆様とともに、自助・共助・公助をしっかりと発揮したいと思います。これからも安全・安心なまちづくりを続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

本願寺堺別院 新年互礼会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「『北の御坊さん』と言えば、私たち堺市民にとって堺県が出来た時に県庁が置かれた場所です。そして、それは私たちがこよなく愛する堺の一つの象徴でした。堺の自由や自治と一緒に歩んできたと言っても過言ではありません。
堺で生まれ育った私も、この堺別院を誇りに思っております。市内最大の木造建築物で一番大きくて古い歴史があり、世間でも評価されています。
現在堺市では、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録のために頑張っております。ぜひ、堺に世界からたくさんの人々に来ていただき、古墳群はもちろん、堺別院など、市内の名所を巡っていただきたいと思っています。
私たちは堺を愛しています。堺の土地、人々、歴史や文化を愛することが堺愛です。これからも、堺を自由自治都市として、皆様と一緒に発展させていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

1月18日水曜日

大阪市交通局退職者会・堺居住者会2017年新年交歓会(ダイワロイネット堺東)

竹山市長は、「皆様には、貴重な公共輸送の安全・安心を担っていただいており、改めて敬意を表します。堺市においても、安全・安心は市政の重要課題です。災害、防犯など、市民の安全・安心への対応が重要だと思っております。
南海トラフ巨大地震を想定した対応に取り組んでまいります。また、22年が経った阪神淡路大震災の教訓を風化させることなく、しっかりと市民に浸透させていきたいと思います。
私は市民目線、現場主義で、市民の皆様の声を聞いて、市政に役立てていくことを信条としています。堺市はこれからも、子育て、歴史・文化、ものづくりをしっかりと取り組み、住んで良かったと思えるまちづくりをしていきたいと思います。そのためには、皆様方のご支援が必要です。
自由自治都市・堺として、まちづくりを進めてまいりますので、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

大阪府市長会・大阪府町村長会 合同会議(シティプラザ大阪)

大阪府から大阪発地方分権改革ビジョンの改訂内容について説明があり、竹山市長は、取組みの方向性にある「大都市制度改革」について、東京都の財源・権限の例をあげ、特別区制度が本当に基礎自治機能の充実強化に繋がるのか、かなり議論の余地があるとし、これを踏まえた議論を進めていただきたい旨の意見を述べました。

堺市新年保健福祉行政懇談会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「私は堺市の民生委員児童委員の皆様を誇らしく思っています。
民生委員児童委員の皆様におかれましては、日頃から独居高齢者や障害者世帯の見守りや安否確認の活動など献身的に取り組んでいただいております。また、堺市の地域福祉の取り組みは全国的にも認知されており、これも堺市の民生員児童委員の皆様の取り組みのおかげです。
堺市では、子育て施策は、妊娠から出産、子育て期から教育に至るまで切れ目のない支援をしてきました。高齢者や障害者の施策においても、住み慣れた地域でいきいきと暮らし続けることができるように、市民の皆様の声を受け止めながら様々な施策に取り組んでまいりました。
今後とも、誰もが安心して暮らしていただけるまちの実現に向けて頑張りますので、皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

堺防犯協議会新年互礼会(南海グリル東店)

竹山市長は、「現在、堺市でも特殊詐欺が多発しております。その特殊詐欺を根絶するため、市内の5つの警察署と協定書を締結し、『電話パトロール』をスタートさせるなど、ご相談があった方々に注意喚起しています。そして、防災スピーカーもありますので、警察と連携して、必要な場合にはそれを使い、注意喚起をいたします。これは、大阪府で初めての取組です。
私たち堺市民の安全・安心は、堺の警察署の皆様、堺防犯協議会の皆様をはじめとする方々で守られていると言っても過言ではありません。
子どもから高齢者までの安全・安心を守ることは、地域がこぞって弱者に対する目くばせ、気くばせをしていくことが必要な時代です。これからも、皆様方と連携しながら、行政を進めていきたいと思います。
今年は『堺愛』をしっかりと市民の皆様と共有したいと思っております。堺への愛があふれる一年にしたいと思いますの、ご支援をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

平成29年市場連合会新年賀会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「堺市市場連合会におかれましては、安全・安心でお求めやすい商品提供の他、『地域の台所』としての役割を果たされております。
また、一昨年には、地域のNPOなど、担い手の皆様と連携され、高倉台近隣センターに『みんなのマーケットるぴなす』をオープンされました。現在、地域の高齢者の方を中心に、利用者も着実に増えているとお聞きしています。
さらに、『買物送迎サービス』も実験的に実施しているとお伺いしています。かゆいところに手が届くサービスであると思います。
私たちのまち堺は、商業で成り立っています。『ものの始まり何でも堺』と言われるように、堺の商人も様々な新しい取組をしてまいりました。まさに、市場連合会の皆様が取り組んでおられることは、商人の最先端を走っておられるのではないかと思います。今後とも、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

1月17日火曜日

第66回社会を明るくする運動作文コンテスト表彰式(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、堺市長賞を受賞した堺南地区 御池台小学校6年 尾島 歩実さん、堺地区 旭中学校3年 佐野 日向さんに対し、表彰状と記念品を贈呈しました。

2017年堺市保護司会連絡協議会 新年互礼会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「保護司の皆様には犯罪の無い明るい社会を築くため、青パトや街頭啓発など様々な活動にご尽力いただいており、感謝申し上げます。
堺市では現在、還付金詐欺などの特殊詐欺被害が増加しており、堺市内の被害額2億5千万円にのぼっています。これに対し、堺市は、2月から電話パトロールの実施や、防災行政無線を活用した犯罪情報の提供を行うこととしています。
今後も、住んで良かったと思っていただける明るい社会を築くため、保護司の皆さんの役割が大変重要だと考えています。よろしくお願いいたします。」と、挨拶しました。

北堺交通安全協会・北堺防犯協議会新年互礼会(ホテル・アゴーラ リージェンシー堺)

竹山市長は、「北堺防犯協議会の皆様には、青パトや見守り活動など地域の防犯活動に取り組んでいただいております。
また、北堺交通安全協会の皆様には、街頭キャンペーンや事業者向けコンテストなど交通安全の啓発活動に、日頃から大変お世話になっております。改めてお礼申し上げます。
現在、高齢者を狙った還付金詐欺など、特殊詐欺の被害が増加しております。堺市では、その防止のため、北堺署をはじめ、市内5つの警察署と協定書を交わし、取組を始めることになりました。北堺署の皆様には感謝申し上げます。
また、堺市の安全・安心にとっては、南海トラフ巨大地震に対する備えを怠ることなく、自助・共助・公助のそれぞれで、しっかりとした取組を進めていくことが大変重要です。今後とも、皆様のより一層のご協力をお願い申し上げます。」と、挨拶しました。

ベトナムフェスティバル2017 in 堺(サンスクエア堺)

竹山市長は、「ベトナム民族音楽団の皆様、去年に引き続き堺にお越しいただき、歓迎申し上げます。本日の『ベトナムフェスティバル2017 in 堺』が、ビン総領事のご尽力により、開催出来ますことを、大変嬉しく思います。
今日はお越しいただいた皆様にとって、楽しい時間になると思います。そして、このイベントを通じて、ベトナム文化への理解が深まり、ベトナムと日本、堺との絆が一層強く結ばれることを願っております。」と、挨拶しました。

1月16日月曜日

eo光テレビ生放送番組「ゲツ→キン」(高層館展望ロビー)

竹山市長は、仁徳天皇陵古墳をはじめとした百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録に向けたPRをするため、eo光テレビ生放送番組「ゲツ→キン」(MC 川本 勇さん、リポーター 石塚 里奈さん)に出演しました。
仁徳天皇陵古墳が見える高層館展望ロビーから登録に向けた意気込みや、子育てのまち堺への取組など、堺市の魅力を発信しました。PRキャラクターのハニワ課長は、スタジオで出演しました。

このページの作成担当

市長公室 秘書部 秘書課
電話:072-228-7401 ファックス:072-222-8441
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る