このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ようこそ市長室へ

堺市長 竹山修身

市長あいさつ

 11月3日(文化の日)から5日及び11日、12日の合計5日間で、「堺が誇る悠久の歴史文化を訪ねて」をテーマに、秋季堺文化財特別公開を開催いたします。期間中、普段は非公開の名刹や文化財など市内7か所を、観光ボランティアさんの分かりやすい解説つきでご覧いただくことができます。

 今回は、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産国内推薦候補の決定を受けて、仁徳天皇陵古墳拝所前から百舌鳥八幡宮までを巡るコースを、新たにご用意しています。百舌鳥八幡宮では、「維新三傑」の一人である大久保利通が書き下ろした扁額(へんがく)が、今回初公開となります。

 11月3日に限定公開する鉄砲鍛冶屋敷の周辺の環濠都市地域では、「七まち町家会」の皆さんが、江戸、明治、大正それぞれの時代の町家で、刃物作りの公開や貴重な資料展示などを実施していただいています。また、その近くには、河口慧海の生家跡や幼少のころに学んだ寺子屋「清光堂」(現・堺市立町家歴史館 清学院)もあります。
 
 11月5日に限定公開する高林家住宅は、1500年代の終わりごろに建てられ、江戸時代に現在の姿となった大阪府内で最も古い民家の1つで、今回、5年ぶりの公開となっています。

 秋季文化財特別公開では、堺が誇る1600年の悠久の歴史文化を感じることができる様々なメニューが盛りだくさんです。ぜひこの機会に、利晶の杜でお茶を楽しんでいただき、ゆっくり巡って、見て、触れていただきたいと思います。文化の秋に、「歴史文化のまち堺」を体験・満喫していただければと思います。

 このほか各区では、地域の皆さんに企画・運営に参加いただき、区民の相互交流や親睦、連帯を深める区民まつり・ふれあいまつりが、11月4日に北区、11日に西区、12日に南区、19日に堺区で開催されます。
 これらのまつりを通じて、区域のまちづくりがさらに活発になることを願っています。

[2017年11月1日]

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る