このページの先頭です

本文ここから

第11期 大阪府営業時間短縮協力金(令和4年3月7日~3月21日)【受付終了】

更新日:2022年5月19日

お知らせ

  • 令和4年5月18日(水曜)で申請受付は終了しました。
  • 令和4年3月31日(木曜)より大阪府行政オンラインシステムにて申請受付が開始されました。
  • 電子申請が困難な方を対象に、堺市市役所高層館7階で申請書類一式を配布しています。

第11期営業時間短縮協力金(3月7日~3月21日)について

大阪府では、令和4年3月7日から3月21日まで、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく要請を行います。この要請にご協力いただいた事業者の皆様に対し、「第11期 飲食店等に対する営業時間短縮協力金」を支給します。
申請期間:令和4年3月31日(木曜日)から5月18日(水曜)
要請期間:令和4年3月7日(月曜日)から3月21日(月曜・祝日)までの全期間 <15日間>

協力金の概要について

1日当たりの協力金について

「感染防止認証ゴールドステッカー」認証店舗は、要請ア又はイを選択可能です。

    要請内容 支給額
ゴールドステッカー認証店舗 要請ア ・通常、午後9時から翌午前5時までの時間帯に営業を行っていた店舗において、営業時間を午前5時から午後9時までの間に短縮すること。
・酒類提供(持込み含む)は午前11時から午後8時30分までの間とすること。
・同一テーブル4人以内(5人以上のグループの場合、テーブルを2つ以上に分けること。ただし、対象者全員検査で陰性を確認した場合は、同一テーブル5人以上の案内も可。)
2.5万円から7.5万円/日
要請イ ・通常、午後8時から翌午前5時までの時間帯に営業を行っていた店舗において、営業時間を午前5時から午後8時までの間に短縮すること。
・酒類提供(持込み含む)は自粛すること。
・同一テーブル4人以内(5人以上のグループの場合、テーブルを2つ以上に分けること。ただし、対象者全員検査で陰性を確認した場合は、同一テーブル5人以上の案内も可。)
3万円から10万円/日
その他の店舗 要請ウ ・通常、午後8時から翌午前5時までの時間帯に営業を行っていた店舗において、営業時間を午前5時から午後8時までの間に短縮すること。
・酒類提供(持込み含む)は自粛すること。
・同一グループ・同一テーブル4人以内(5人以上の入店案内は控えること。)
3万円から10万円/日

※売上高減少額の場合の支給額は、0円から20万円/日です。
※「感染防止認証ゴールドステッカー」認証店舗であって、要請期間内において要請アと要請イを変更した場合、当該期間の支給額(売上高方式)は2.5万円から7.5万円/日となります。

※ 通常の営業終了時間が午後8時までの店舗は営業時間短縮の要請外であり、協力金の対象外です。

支給額について

売上高方式

要請ア

37.5万円から112.5万円

要請イ・ウ

45万円から150万円

売上高減少方式

0円から300万円

1日当たり支給額の計算について

支給要件について

支給要件

・ 大阪府内に要請対象施設を有する事業者であること。
・ 申請する要請期間全てにおいて、要請ア、要請イ又は要請ウを遵守したこと。
 (上の「1日当たり支給額の計算について」の表をご覧ください。)
・ 申請する店舗において、食品衛生法における飲食店営業又は喫茶店営業に必要な許可を有していること
(有効期間が要請期間の全ての期間を含むものであることが必要です。)
・ 感染拡大予防ガイドラインを遵守しているとともに、申請する店舗において大阪府が発行する「感染防止宣言ステッカー(ブルーステッカー)」または「感染防止認証ゴールドステッカー(ワクチン・検査パッケージ制度登録店用ゴールドステッカーを含む)」を掲示していること。

留意事項

・通常の営業時間とは、営業時間短縮要請が行われていない時における営業時間のことです。
店の看板等で対外的に表示していること、実際にその時間で営業した実績があること等の確認を求める場合があります。
・ブルーステッカー又はゴールドステッカーは、登録しているだけではなく、店頭に掲示していることが必要です。
・通常の営業終了時間が午後8時を超え午後9時までである店舗が、午後9時までに営業を終了した場合は協力金の対象にはなりません。
・次に該当する事業者は、大阪府の要請の対象外であることから、本協力金の支給対象外となりますのでご注意ください。
 ア 惣菜・弁当・和菓子・洋菓子・ドリンクスタンドなどのテイクアウト専門店舗
 イ ケータリングなどのデリバリー専門の店舗
 ウ スーパーやコンビニ等の店内イートインスペース(フードコートを除く)
 エ 自動販売機(自動販売機内で調理を行うホットスナックなど)コーナー、無人販売所など
 オ 飲食スペースを有さないキッチンカー・露店など
 カ ホテルや旅館等の宿泊施設において、宿泊客のみに飲食を提供する場合
 キ 葬祭場等の人が集まる施設であって、当該施設本来の目的で利用する者のみに飲食を提供する場合
・店内飲食売上と、それ以外の売上(テイクアウト売上、物品販売)は区分し、店内飲食売上のみを協力金の算定対象とします。

必要書類

1 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金支給申請書(様式1)
2 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金支給要件確認書(様式2)
3 誓約・同意書(様式3)
4 本人確認書類の写し
5 振込先口座を確認できる書類(通帳コピー等)
6 食品衛生法における飲食店営業許可又は喫茶店営業許可の許可証の写し
7 写真等
 (1) 店舗名(屋号)がわかる店舗の外観の写真(店舗の実態が確認できるもの)
 (2)飲食スペース等が確認できる店舗の内観の写真
 (3) 要請期間中の営業時間がわかる(もしくは休業がわかる)写真等
 (4) 大阪府が発行する「感染防止宣言ステッカー(ブルーステッカー)」を店舗に掲示している写真
 (5) 大阪府が発行する「感染防止認証ゴールドステッカー」を店舗に掲示している写真
8 事業所得のわかる直近の確定申告書の写し等
※すべての申請者に提出していただく書類は以上の1から8のとおりです。
これらのほか、支給単価に応じて売上高を確認する書類等を提出していただく場合があります。
※過去に協力金を申請している場合は省略できる資料があります。くわしくは、後日公表する募集要項でご確認ください。

お問合せ先

協力金に関するお問合せについて

大阪府営業時間短縮協力金コールセンター(第10期・第11期)

TEL:06-6615-8514 (平日9時から18時まで)
※3月と4月の毎週土曜日及び5月の7日、14日の土曜日は開設します。

要請内容について

感染拡大防止に向けた取組み(府民の皆様へのお願い、イベントの開催、施設について等)については以下リンクをご覧ください。

要請内容に関するお問合せについて

まん延防止等重点措置コールセンター

TEL:06-7178-1398
受付時間:平日9時30分から17時30分まで)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

産業振興局 産業戦略部 産業企画課

電話番号:072-228-7414

ファクス:072-228-8816

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館7階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで