このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

西区 ひと・まち・資源がつながり 笑顔かがやくまち 西区 西区のホームページにようこそ
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

平成31年春期 料理と脳の関係について

更新日:2019年3月20日


「料理と脳の関係について 小学生のための食育 (平成31年春期)」

PDF版はこちら(PDF:1,228KB)

朝ごはんを作ってみよう!



お料理をやお菓子を作ると脳が活発に動きます。
まずはお休みの日の朝ごはんから作ってみよう!

小学生がお家の人とお話をしながらホットケーキを焼いているときの脳のようす

ホットケーキを焼いているときや飾り付けをしているときに赤くなっています。

赤くなっている部分は脳が活発に動いています。

このように料理は脳がすごく鍛えられるのです。
そして、出来上がったものを誰かと一緒に『会話』(コミュニケーション)
しながら食べると楽しいし、つくったものを「おいしい!」と言って
もらえれば脳は益々幸せになります。
ぜひ『食』を通じて脳が元気になる生活習慣を心がけましょう。

脳によい食べ物って?

これだけ食べていればいいという食材はありません。
いろいろな食材を朝ごはんから食べることが大切です。

  • 青魚を食べましょう
  • 卵を食べましょう
  • ごはん、パンを食べましょう
  • 大豆、大豆製品を食べましょう
  • 野菜を食べましょう

春色朝ごはんレシピをご紹介!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

西区役所 企画総務課
電話:072-275-1901 ファックス:072-275-1915
〒593-8324 堺市西区鳳東町6丁600

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る