このページの先頭です

本文ここから

みはら農業塾(令和4年度)

更新日:2022年9月21日

 みはら農業塾とは、田植えの準備から収穫までの一連の作業を通じて、古代米の栽培などに関するノウハウを継承し、「美原区古代米プロジェクト」に協力してくれる人を発掘・育成する塾で、「美原の古代米プロダクツ」が主体となって行っています。
 ここでは、みはら農業塾の活動を紹介します。

9月12日(月曜)他品種の抜き取りとドライフラワー用の刈り取りをしました

 さよむらさきの収穫が近づいてきたので、さよむらさきに交じって生えている他の品種の稲を抜き取りました。
 その後、観賞用のアカモチ、紫丹が出穂して穂が大きくなってきたので、ドライフラワー用に一部を刈り取りました。刈り取った稲穂はこの後1週間程度乾かして水分をなくします。

6月18日(土曜)田植え体験イベントに参加しました

 6月18日に開催した古代米の田植え体験イベントにみはら農業塾の塾生も参加しました。
 参加者に苗を配ったり、子ども向け企画「田んぼでかけっこ」でゴールの目印になったり、イベント運営のサポートをしました。

5月24日(火曜)肥料をまきました

 田んぼの土に栄養分を与えるため、肥料をまきました。その後まいた肥料が土全体に行き渡るよう、トラクターで田起こしをしました。

5月17日(火曜)土入れともみまきをしました

 育苗箱に土を入れた後、種もみをまきました。

5月2日(月曜)入塾式と講義を行いました

 入塾式を行い、今年度のみはら農業塾がスタートしました。今年度は2人の方が塾生として参加します。
 入塾式の後は、美原の古代米プロダクツの方に講師をしていただき、「古代米の栽培方法について(前半)」と「古代米について」の2つの講義を行いました。

このページの作成担当

美原区役所 企画総務課

電話番号:072-363-9311

ファクス:072-362-7532

〒587-8585 堺市美原区黒山167-1 美原区役所内

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで