このページの先頭です

本文ここから

介護保険

介護保険は、40歳以上の方が加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護や支援が必要となったときに、サービスが利用できる仕組みとなっています。住み慣れた地域でみなさんが安心して暮らしていくために、堺市が運営しています。

介護保険サービスを受けたい

介護保険のサービスを受けるためには、「介護や支援が必要な状態である」と認定される必要があります。こちらではその流れを説明しています。

介護保険法の改正により平成29年度から要支援1~2の訪問介護と通所介護に新サービスが加わりました。介護保険の認定を受けていない方、また非該当の認定を受けた方でも、基本チェックリストで生活機能の低下が見られる方はサービスの対象となります。詳しくは上記をご覧ください。

住み慣れた家で長く過ごしていただくために、住環境を整える介護保険サービスがあります。

いつまでも元気で過ごしたい

高齢になっても、住みやすいまちをめざして講座を開講します。
●高齢者を守る講座
(1)高齢者に関わる制度
令和4年8月10日(水曜)、午後1時30分~3時、リーガルサポートの司法書士 堀内 護さんに、遺言書の書き方や後見人制度などについて学びます。講演終了後は希望者に相談会を実施します。
(2)認知症サポーター養成講座
令和4年8月19日(金曜)、午後1時30分~3時、認知症への対応について学びます。
(3)認知症講演会
令和4年9月1日(木曜)、午後1時30分~3時、美原病院の医師 石橋 誠さんに、認知症への対応について学びます。講演終了後は希望者に相談会を実施します。
(4)高齢消費者講座
令和4年9月14日(水曜)、午後1時30分~3時、大阪弁護士会の弁護士 辻 健司朗さんに、高齢者に多い消費者被害とその対策について学びます。参加者には「大阪弁護士会 訪問販売お断りステッカー」をお渡しします。
※いずれも美原区役所本館5階大会議室で。無料。先着各20人。予約制。相談会は先着順。申込は、各講座実施日2週間前まで。配慮の必要な方は、その旨をお申し出ください。
申込先:美原基幹型包括支援センター 電話:072-361-1950 ファクス:072-361-1960

●パネル展示
令和4年8月1日(月曜)~19日(金曜)、美原区役所本館1階 風の広場にて、認知症・ダブルケア・介護保険・消費者被害・高齢者虐待・成年後見などのパネル展示を行います。

急な体調不良や事故などで、救急要請をした際、傷病者の情報(持病、服用薬、かかりつけの病院、緊急時の連絡先など)が分かると、救急隊から医療機関への連絡がスムーズになり、より早い搬送先の決定と適切な対応が可能となります。これらの情報をあらかじめ記入し準備しておけるのが、『安心連絡シート・カード』です。
単身世帯や高齢者の方のみの世帯など、ご希望の方には堺市社協 美原区事務所にてお渡しできます。

窓口に来られるのが困難な方は上記からシートをダウンロードできます。

窓口に来られるのが困難な方は上記から説明書をダウンロードできます。

認知症の方とそのご家族、ご本人の支援者や地域にお住いの方々など、どなたでも参加できる場として、月2回、美原総合福祉会館で開催しています(「堺ぬくもりカフェ」登録事業です)。

堺市では、市内の事業所と力を合わせて、堺ぬくもりカフェ(認知症カフェ)に取り組んでいます。堺ぬくもりカフェの目的と、市内全域の開催場所をご案内します。

いつまでもげんきで若々しく過ごしていただくために、堺市では高齢者を対象に様々な事業を展開しています。一人一人の体の状態にあったものを選んでいただけます。

  • 地域包括支援センター(高齢者総合相談) 地域包括支援センターでは、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士などの専門的なスタッフを配置し、高齢者が必要なサービスを受けることができるよう支援をします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで