このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

令和2年度 固定資産の縦覧期間の延長

更新日:2020年5月11日

 令和2年度の土地と家屋の縦覧帳簿の縦覧について、6月1日までとしていましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大状況に鑑み、令和2年度に限り、次のとおり期間を延長して実施することとします。

固定資産の縦覧

市内の土地に対する固定資産税の納税者は、所有資産と同一区内の他の土地について縦覧できます。家屋についても同様です。

日時

令和2年4月1日~6月30日(土・日曜日、祝休日を除く)、午前9時~午後5時15分

場所

固定資産税課
税務サービス課(堺区市税の窓口)

縦覧できる方

固定資産税(市内の土地・家屋)の納税者か同一世帯の親族。それ以外の方が縦覧する場合は納税者の委任状が必要です。

持ち物

本人確認のできるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)を持参してください。

縦覧できる内容

土地:所在地、地目、地積、評価額
家屋:所在地、家屋番号、種類、構造、建築年、床面積、評価額

評価額に不服がある場合

下記の項目に限り、評価額に不服がある場合は、下記審査申出期間に、堺市固定資産評価審査委員会へ審査の申し出ができます。

審査申出期間

4月1日以降、納税通知書を受け取った日の翌日から3ヵ月以内。

審査申出ができる項目

  • 前年中に地目の変換や分筆などにより新たに評価された土地の評価額
  • 前年中に新・改築などにより新たに評価された家屋の評価額
  • 地価の下落に伴う土地の評価額の修正

お問い合わせ

固定資産税課 土地・家屋係(各区担当) 

本文ここまで

サブナビゲーションここから

固定資産税・都市計画税

  • 令和2年度 固定資産の縦覧期間の延長

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る