このページの先頭です

本文ここから

BLOCK CORONA(ブロックコロナ)キャンペーン

更新日:2022年1月14日

ブロックコロナBLOCK CORNA

上下水道局の使命を果たし、新型コロナ感染拡大予防に貢献

世界には、水道や下水道がない国があります。こうした国では、こまめに手洗いができない上に、排水や下水施設も少なく、病気が広まりやすい環境となっているのが現状です。

また、水道はあっても飲むには適していない水質である国がほとんどです。

JICAによれば、水へのアクセスは人間の基本的人権であり、安全な水を安定して供給することは、公衆衛生や医療・保健、さらにジェンダー、教育、経済活動など、さまざまな分野の課題解決につながると言います。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、有効な対策の一つとされるうがいや石鹸を使った手洗いに欠かせない「安全な水」の供給及び、適正な下水処理を行い衛生環境を整えることが上下水道局の使命であり、その取組を通じて新型コロナウイルス感染症対策に引き続き貢献してまいります。

水道

飲み水としての水道水

インフルエンザウイルスや新型コロナウイルス等のウイルスは、塩素による消毒効果が高いとされています。当局では法令に定められた適切な塩素消毒を行っているところからも、水道水を介してウイルスに感染することはありません。安全にお飲みいただけます。

手洗い・うがい

感染症予防としては、うがいや手洗いが有効です。身近な水道水でこまめにうがいや手洗いをしましょう。

下水道

公衆衛生の向上

下水処理においても、河川への放流前に塩素消毒を行っています。再生水の一部においては、さらに効果の高いオゾン処理も行っていることから、安全性は高いと考えられます。

日本水環境学会COVID-19タスクフォースに協力

下水中の新型コロナウイルスの量を把握することで、ウイルスの感染拡大の兆候を知ることができる可能性があるということで、日本水環境学会COVID-19タスクフォースから堺市へ調査協力の依頼があり、令和2年5月28日から令和3年9月30日の期間、下水を提供するなどの協力をしています。

BLOCK CORONA(ブロックコロナ)キャンペーン

新型コロナウイルス感染症対策に意識をロックオンし、自分や周囲の身を守る取り組みとして、BLOCK CORONA(ブロックコロナ)キャンペーンを実施します。
取組の詳細については、上下水道局ホームページに掲載します。

【ENJOY HOME応援企画】おまけコンテンツ

おうちで印刷して楽しんでいただける、ぬり絵などのコンテンツを集めました♪
堺市上下水道局のページからダウンロードしてください。

このページの作成担当

上下水道局 経営企画室

電話番号:072-250-9208

ファクス:072-250-6600

〒591-8505 堺市北区百舌鳥梅北町1丁39番地2

本文ここまで