このページの先頭です

本文ここから

クレジットカードの利用明細は毎月チェックしよう!

更新日:2022年6月1日

相談事例

クレジットカードの利用明細を確認すると、2カ月前に20万円の高額な請求があり、すでに銀行口座から引き落とされていた。カード会社に聞くと海外で利用されていると言われたが、身に覚えがないので返金してほしい。

アドバイス

最近はクレジットカードの利用明細を紙ではなく、インターネット上で確認することが多くなっています。しかし、確認を忘れ、後から高額な引き落としがされていたのに気づき困っているという相談が増えています。第三者による不正利用で身に覚えのない請求があった場合は、すぐにカード会社に連絡し、利用を一時停止してください。また、自身で利用した覚えがなくても家族が利用しているかもしれません。家族にも確認しましょう。
商品の購入やサービスの契約をした場合はレシートや注文確認メールを保存しておき、カードの利用明細と照合し、身に覚えのない請求がないか確認しましょう。

不安なことや困ったことがあれば、お早めにご相談ください。

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 消費生活センター

電話番号:072-221-7146(相談専用)

ファクス:072-221-2796

〒590-0076 堺市堺区北瓦町2丁4-16 堺富士ビル内

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで