このページの先頭です

本文ここから

柔軟仕上げ剤の使用には注意しましょう

更新日:2017年5月24日

相談内容

 『衣類の洗濯に使用する柔軟仕上げ剤のにおいにより、体調不良になった。』
このようなご相談が寄せられました。

背景

 近年、香りを工夫した様々な柔軟仕上げ剤の商品が増えている一方、使用後にそのにおいで気分が悪くなったり、咳が出たり頭痛がしたなどの相談が全国的に増加しています。
 自身で使用した場合だけに限らず、近隣の家庭等で使用された柔軟仕上げ剤のにおいの影響で体調不良を起こして悩む人も多いようです。

アドバイス

 柔軟仕上げ剤には、洗濯後に衣類を柔らかくするなどの効果がうたわれています。
 香りつきの商品の場合は、その香りの種類や強さ、使用量の目安などが表示されていることが多いので、購入時や使用時にはよく表示を読みましょう。
 自身にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じている可能性があることを認識し、使用量が過度にならないようにするなど周囲への配慮も忘れないようにしましょう。
 気になることや不安に感じることがあれば、消費生活センターへご相談ください。

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 消費生活センター

電話番号:072-221-7146(相談専用)

ファクス:072-221-2796

〒590-0076 堺市堺区北瓦町2丁4-16 堺富士ビル内

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで