このページの先頭です

本文ここから

子どもの事故防止

更新日:2019年11月7日

 子どもの身のまわりにある施設・道具・おもちゃ・食べ物・薬品など、大人にとっては普通で何も問題の無いものであっても、思いもよらない使い方や誤使用及び不注意によって、危険な事故に繋がることがあります。
 子どもの事故防止のため、様々な注意喚起情報を掲載していますのでご覧ください。

危険・危害の相談事例

過去に実際に発生した危険・危害に繋がる相談事例を掲載しています。

事例1

 保護者の同伴が無く、子どもだけでも利用可能な遊戯施設で、友人と共にトスバッティングのエリアに入場したところ、友人の振った金属バットがおでこに当たり、数針縫う大怪我を負った。
 トスバッティングの部屋には、小さな子どもでも読める高さの位置に、「部屋には友達といっしょに入らないでね」と注意書きがされていた。

事例2

 フランチャイズの弁当屋で購入した「のり弁当」の白身魚の骨が喉に刺さり、病院で抜いてもらった。

事例3

 店舗で牛乳を購入し、3日目に子どもが飲んだ後、下痢をして具合が悪い。
 子どもは牛乳嫌いなため、鼻をつまんで我慢して一気飲みしたが、その牛乳から変な味・臭いがしておかしいと思ったのは、飲んだ後だった。

関連ウェブサイト

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 消費生活センター

電話番号:072-221-7146(相談専用)

ファクス:072-221-2796

〒590-0076 堺市堺区北瓦町2丁4-16 堺富士ビル内

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで