このページの先頭です

本文ここから

「暮らしやすい住宅」のために増改築相談員などの活用を

更新日:2012年12月19日

お年寄りに配慮した住宅設計のポイント

 高齢者にとって「暮らしやすい住宅」とは、どのような住宅をさすのでしょうか。高齢になると、少しの段差でもつまずいてしまったり、浴槽で滑ったりしてしまうものです。そんな時、または将来そうなる時に備えて、住宅を高齢者に適した構造にすれば、高齢者にとって快適な住まいとすることができます。

 例えば、住戸内の段差をなくしてつまづきを防止したり、また、浴槽を埋め込み型にすれば、足を大きく上げなくても楽に入浴することができます。

高齢・障害者向け住宅改造相談

 大阪府では、住宅改造に関する相談を希望される方のために、福祉・医療・介護についての知識をもち、相談に対して的確に応じられる建築技術者の名簿を作成しております。

 なお、住宅まちづくり課でも名簿を用意しております。

 これらの建築技術者は、府主催の「建築技術者を対象とした高齢・障害者向け住宅改造研修会」を修了した方々です。

 「建築技術者を対象とした高齢・障害者向け住宅改造研修会」について、詳しくお知りになりたい方は、大阪府居住企画課のホームページへ。(外部リンク)

増改築相談員・マンションリフォームマネージャー

 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターのホームページにて、「増改築相談員」、「マンションリフォームマネージャー」の名簿一覧をご覧になれますのでご活用ください。

 なお、住宅まちづくり課でも名簿を用意しております。

 「増改築相談員」、「マンションリフォームマネージャー」について、詳しくお知りになりたい方は、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターのホームページへ。(外部リンク)

このページの作成担当

建築都市局 住宅部 住宅まちづくり課

電話番号:072-228-8215

ファクス:072-228-8034

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館14階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで