このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

特定外来生物「ヒアリ」等に関するお知らせ

更新日:2019年10月23日

平成29年度、毒性を持つ特定外来生物である「ヒアリ」や同じ毒性を持つ特定外来生物「アカカミアリ」が国内で確認されました。以降、港湾を中心に全国で確認されています。
※ 堺市内でヒアリ、アカカミアリは確認されていません。(令和元年10月21日時点)

万が一、ヒアリ等に似たアリがいた場合は、決して素手で触らぬようにご注意ください。
最新情報については

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省ホームページ:特定外来生物ヒアリに関する情報

ヒアリ等と疑わしいアリを見つけた場合

ヒアリ相談ダイヤル【環境省】

ヒアリやアカカミアリと疑わしいアリを発見した場合や、ヒアリやアカカミアリの特徴等一般的な問合せ、健康被害の問合せ等については、環境省の「ヒアリ相談ダイヤル」をご利用ください。

受付曜日:7月~9月 土日祝を含む毎日
     10月~3月 月・水・金(ただし12月29日~1月3日を除く)
※10月21日(月曜)から令和2年3月までは土日祝を含む毎日、受付をしています。
受付日時:午前9時から午後5時
ヒアリ相談ダイヤル 0570-046-110

令和元年7月1日からはチャットボット(自動会話プログラム)による情報提供や相談受付等を行っています。以下のリンクから、24時間、365日御利用いただけます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「アリーのヒアリ相談チャットボット」【環境省】

特定外来生物「ヒアリ」等について

ヒアリとは

・外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)により特定外来生物に指定されている。
・南米中部原産であるが、現在では米国をはじめ環太平洋諸国に定着。中国・台湾にも定着している。
・体長は2.5mm~6mm程度。
・刺された瞬間は熱いと感じるような激しい痛みがはしる。数分から数十分ではれ上がり発疹がでる場合もある。重度の場合、アナフィラキシーショックに至る場合もある。

環境省資料:ヒアリについて(PDF:134KB)
環境省資料:ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)(PDF:143KB)

ヒアリ

アカカミアリとは

・外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)により特定外来生物に指定されている。
・原産地は、米国南部から中米にかけてだが、現在では硫黄島、沖縄本島(米軍基地周辺)、伊江島(レーダー基地)に定着されていることが記録されている。
・体長は3mm~5mm程度。
・刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れる。

環境省資料:アカカミアリについて(PDF:157KB)

アカカミアリ

ヒアリ、アカカミアリに刺された場合

・刺された直後20~30分程度は、安静にして体調に変化がないか注意してください。必要に応じて医療機関に受診してください。

・容体が急変した時は、すぐに医療機関を受診してください。受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

参考

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省資料:パンフレット「ストップ・ザ・ヒアリ」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省ホームページ:報道発表資料一覧

このページの作成担当

環境局 環境保全部 環境共生課
電話:072-228-7440 ファックス:072-228-7317
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る