このページの先頭です

本文ここから

ごみ収集時における収集作業員のマスクの着用について

更新日:2022年7月21日

熱中症予防として、収集作業員が、マスクを外して収集を行っております。

・マスクの着用は、感染症予防として、飛沫の拡散防止に効果がありますが、高温や多湿といった環境下においては、気づかないうちに脱水症状を起こしたり、熱中症のリスクが高くなります。
・環境省と厚生労働省では、「熱中症予防」と「新型コロナウイルス感染症対策」の「新しい生活様式」の両立を案内しております。屋外では、近距離(2メートル以内)で会話する場合を除き、マスクを外すように呼びかけております。内容を確認したい場合は、【厚生労働省 熱中症予防のための情報・資料サイト】をご確認ください。
・こういったことから、本市では、熱中症予防として、基本的に収集作業員が、マスクを外して、収集を行っております。
・アルコールによる消毒や収集車内の換気、こまめな手洗い等、新型コロナウイルスの感染拡大に努めておりますが、皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

このページの作成担当

環境局 環境事業部 環境業務課

電話番号:(指導係・美化係)072-228-7429、(業務係)072-228-7428

ファクス:072-229-4454

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館4階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで