このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

自治会・町内会とは

更新日:2014年3月6日

 自治会(町内会)とは、地域に住む人々が日ごろから親睦と交流を通じて連帯感を深め、地域に共通する様々な課題を解決するため、みんなで協力しあい、より住みよく明るいまちづくりのために自主的に活動している住民自治組織です。

堺市の自治会組織

  • 堺市にある多くの自治会(町内会)は、概ね小学校区ごとに校区自治連合会として、組織されています。
    (※校区自治連合会に所属していない団体もあります。)
  • 各校区自治連合会が、区役所区域ごとに区自治連合協議会として組織されています。
  • 7つの区自治連合協議会を統括する組織として堺市自治連合協議会が組織されています。

○○自治会(町内会)・・・・約1200団体
 ↓
○○校区自治連合会・・・概ね小学校区ごとの自治会が集まり結成
 ↓
各区自治連合協議会・・・堺市の7行政区ごとに設置
 ↓
堺市自治連合協議会

堺市自治連合協議会の概要

堺市自治連合協議会会則

どんな活動をしているの?

災害に強いまちづくり

 平成23年3月11日に発生した、東日本大震災は甚大な被害をもたらしましたが、防災に対する多くの教訓も残しました。その中で、その重要性が再認識されたのが、「自助」「共助」と「公助」の連携による救援・復興の大切さです。
 大災害が発生すると、電気・ガス・水道などライフラインが使用不能となるだけでなく、行政による救助などに著しい影響が生じます。そのため地域での救出・救助などの助け合い(共助)が非常に重要になってきます。「自分たちのまちは自分たちで守る」ため、日頃から地域の問題を地域で解決する力が必要です。
 自治会では、防災訓練や防災マップの作成、防災資機材の管理や災害時要援護者への支援など様々な活動が行われています。
 今後30年以内に非常に高い確率で発生すると予測されている東南海・南海地震をはじめ、いつ襲われるかわからない大災害に備えて、地域のつながりを深め、災害に強いまちづくりのためにも、自治会活動は今後ますます重要になってきます。

安心して暮らせるまちづくり 

 普段はあまり気にかけることも無いかもしれませんが、夜道を照らす防犯灯。
 堺市も電気料金の補助等の一部助成は行っていますが、市内のほとんどの防犯灯は、自治会を中心とした地域の皆さんによって維持管理が行われています。

 また、青色防犯パトロール車による地域の見守り活動や、防犯カメラの設置、維持管理など、安全・安心なまちづくりのため、さまざまな地域活動が展開されています。

こどもを見守るまちづくり・青少年健全育成

不審者や交通事故からこどもを見守っています。
また青少年指導員や子ども会、PTAなどと協力して、青少年健全育成活動をしています。

きれいなまちづくり

清潔でゴミの無いまちづくりのため、美化清掃活動を定期的に行っています。

助け合いのまちづくり

お年寄りや、障害のある方への声かけなどをして地域で支えあっています。

ふれあいのあるまちづくり

祭り、盆踊り、運動会などの行事を各種団体の協力で実施し、住民相互の親睦を深めています。

情報を共有するまちづくり

堺市からのお知らせや町内の連絡など、自治会員に広く情報提供をしています。

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 市民協働課
電話:072-228-7405 ファックス:072-228-0371
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る