このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

意外と多いベランダでの火災

更新日:2020年6月5日

 皆さんベランピングはご存じでしょうか?
 ベランピングとは、ベランダと高規格キャンプのグランピングを掛け合わせた自宅ベランダでできるアウトドアです。しかし、そのベランピングが思わぬ事態に陥ることがあります。
 堺市消防局管内では、2010年(平成22年)から2019年(令和元年)の10年間にベランダでの火災が51件発生しており、主に室内で燃えた布団をベランダに出して水を掛け消したつもりが再燃したことやベランダでの喫煙によるたばこの火の不始末が原因ですが、バーベキューでも発生しているので注意が必要です。
 ベランダには、洗濯物や溜めた新聞紙、ごみ箱など意外と燃えるものが多いです。バーベキューは、狭い場所や近くに燃えやすい物があるところでは絶対にしないことです。このような場所で万が一、火災が発生した場合、狭いことがあだとなり避難に支障が出たり、初期消火が思うようにできなかったりします。また、燃えやすい物が近くにある場合は、延焼拡大のリスクも高まります。
 また、バーベキューでの火災危険は他にもあります。
 手軽なカセット型こんろでのバーベキューですが、カセットボンベを過熱すると爆発する危険性があります。こんろ全体が覆いかぶさる程の大きい鉄板の使用は、カセットボンベの過熱を促進させるので、絶対にやめましょう。
 続いて、炭火を使ったバーベキューです。一度火がついた炭は、そう簡単には消えません。水をかけて火を消したつもりでも炭の内部はまだ燃えているため、そのままゴミ箱に捨てた後、火災になってしまうことがよくあります。炭火は水にしっかりと浸け、長い時間をかけて消火しましょう。
 安全だと思っているその行為、今一度危険が潜んでないか確認し、楽しい自分スタイルの時間を過ごしましょう。

このページの作成担当

消防局 予防部 予防査察課
電話:072-238-6005 ファックス:072-228-8161
〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

火災予防関係

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る