このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

置き忘れたらいやよ (はだかは危ない 簡易ライター)

更新日:2012年12月19日

火災調査ファイル10

 堺市消防局管内では、毎年約70件の車両火災が発生しています。

 FILE.10では、車内に置いていた簡易(使いすて)ライターで車が火災になった事例を紹介します。

事例1

 車で帰宅しようと車のドアを開くと、車内から煙が吹き出してきました。幸いにも、火はすでに消えていたため、コンソールボックスと助手席の一部が焼けただけで済みました。

 この車は、換気口が閉鎖された状態で、ドアや窓の密閉状態も良く、外気との流通がなかったため、酸欠状態となり自然に火が消えていました。

 原因を調べてみると、コンソールボックスの中に入れてあった簡易ライターが、不運にも立った状態で収納されてあり、ボックスの蓋を閉めたとき、蓋の底板が簡易ライターの発火ヤスリを回転させ出火したことがわかりました。

事例2

 次に乗る人のために電動モーターで運転席を一番後ろに下げ、駐車した約20分後に出火したケースです。

 これは、運転席(シート)が後部へスライドしたとき、運転席とコンソールボックスの間に落ち込んでいた簡易ライターの発火ヤスリを擦ったために出火しました。

 この2つの火災は、コンソールボックスの蓋を閉めたり、運転席を前後に動かしたりと、日常的に誰でも行っている行動が、不運にも簡易ライターを点火させ、予期せぬ場所から火災になっています。

 簡易ライターやワンタッチ式のライターは、常にこのような危険を含んでいます。

 さあ、今一度車の中に置き忘れたライターはないか、チェックしてみましょう。

このページの作成担当

消防局 予防部 予防査察課
電話:072-238-6005 ファックス:072-228-8161
〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

火災事例

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る