このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

心地好い香りの中で (ひとりぼっちはいや)

更新日:2012年12月19日

火災調査ファイル11

 ここ数年、若い世代を中心にアロマテラピーの使用が流行しています。アロマテラピーは、心身の疲れをいやすため、ハーブ(芳香植物)から抽出した精油を使い、自然の力を活かした療法と言われています。複雑多様化する社会に身を置く現代人にとって、今後ますます使用する頻度が高くなると思われます。

 FILE.11では、ガラス容器に入ったアロマローソクから火災になった事例を紹介します。

 この火災は、午後9時頃から友人と部屋に集まり、アロマローソクに火をつけ、リラックスした雰囲気の中で過ごしていたのですが、そのままコンビニエンスストアーに出かけてしまい、午前1時過ぎに自宅に帰ると、自分の部屋が無惨に焼け焦げていました。

 原因は、アロマローソクをテーブルの上で使用していたのですが、その周囲には本や紙屑が散乱していたため、アロマローソクの火がこれらに燃え移り出火したことがわかりました。

 アロマテラピー製品は、火をつけたままその場を離れたり、就寝前に火をつけ、そのまま眠ったりしてしまう危険性があります。

 このような火災を防ぐためには、付近に燃えやすいものを置かないことは勿論のこと、使用するときは、不燃性の受皿に置くよう心掛けて下さい。そして、火を使用していることを念頭に置き、その場を離れるときや、就寝前には必ず火を消すようにして下さい。

このページの作成担当

消防局 予防部 予防査察課
電話:072-238-6005 ファックス:072-228-8161
〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

火災事例

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る