このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

(令和元年8月26日)福助株式会社と「災害時における弾性ストッキングの提供協力に関する協定」を締結し、協定締結式及びストッキングの寄贈に対し感謝状贈呈式を行いました

更新日:2019年8月27日

 令和元年8月26日(月曜)に堺市では、福助株式会社と「災害時における弾性ストッキングの提供協力に関する協定」を締結しました。
 また、同社より災害用弾性ストッキング2,000足(※約300万円相当)を堺市に寄贈されました。寄贈をいただきました弾性ストッキングに関しては、小学校等の避難所へ備蓄するとともに、日頃の防災啓発等に活用予定です。なお、協定締結式及び感謝状贈呈式を下記のとおり行いました。

「災害時における弾性ストッキングの提供協力に関する協定」について

 本協定は、本市で地震や風水害その他の災害が発生した際、同社より小学校などの指定避難所に災害用弾性ストッキングの提供を受けるため締結しました。
 災害発生時に避難所への迅速な弾性ストッキングの提供を可能にすることで、災害関連死の主因であるエコノミークラス症候群の予防に寄与し、安全で快適な避難所環境の確保に繋げます。

災害用弾性ストッキングについて

 弾性ストッキングは特殊な編み方でつくられていて、装着すると足全体が圧迫され続けるため、下肢の静脈のよどみが少なくなり、下肢静脈の血流がよくなる効果があります。これにより足先から心臓への血液の戻りを助け下肢静脈瘤のうっ血症状を改善します。災害関連死の主因であるエコノミークラス症候群の予防に効果があるとされており、内閣府が作成した避難所運営ガイドライン(平成28年4月)においても、エコノミークラス症候群の予防として、弾性ストッキングの配布を推奨しています。

協定式及び感謝状贈呈式について

日 時  令和元年8月26日(月曜)
出席者  福助株式会社 代表取締役社長 佐橋 由文様 ほか3人
堺市長  永藤 英機 ほか

このページの作成担当

危機管理室 防災課
電話:072-228-7605 ファックス:072-222-7339
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災・災害のお知らせ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る