このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ひとり親世帯臨時特別給付金

更新日:2020年7月30日

ひとり親世帯臨時特別給付金(令和2年5月27日閣議決定)として、児童扶養手当受給世帯等に対して、給付金を支給します。
給付金の対象となる方の要件により、申請方法や支給額、支給時期などが異なるため、ご注意ください。

ひとり親世帯臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金の支給を行うものです。

給付金の種類と金額

【基本給付】
1世帯あたり5万円。第2子以降対象児童1人につき3万円。(1回限りの支給です)
【追加給付】
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方が対象。(ただし、生活保護を受給している方は対象となりません。)
1世帯あたり5万円。(1回限りの支給です)

給付金の対象となる方

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童又は政令で定める程度の障害の状態にある20歳未満の児童を監護等しているひとり親等(母、父又は養育者)で以下の(1)~(3)のいずれかを満たす方
なお、給付金には、「基本給付」と「追加給付」の2種類があり、支給対象区分によって支給される給付金等が異なりますので、ご注意ください。

支給対象区分

基本給付

追加給付

(1)令和2年6月分の児童扶養手当を受給される方


申請不要


申請必要

(2)公的年金給付等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部停止される方


申請必要


申請必要

3)上記(1)、(2)以外の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、急変後の1年間の収入見込額が、児童扶養手当の収入基準額を下回る方


申請必要

×
(※)

※(3)に該当する方は、「追加給付」の支給はありません。

(1)令和2年6月分の児童扶養手当を受給される方

基本給付(申請は不要です)

※申請や手続きをしていただく必要はありません。
※対象となる方に、7月6日(月曜)に案内を送付しました。案内が到着した方については、支給要件に該当しなくなった場合を除き、自動的に振り込みます。

【支給時期】
令和2年8月3日(月曜)に支給します。

【支給方法】
令和2年6月分の児童扶養手当の支給口座に振り込みます。

追加給付(申請が必要です)

【申請方法】
令和2年8月3日(月曜)から、児童扶養手当の現況届を届け出ていただく際に、各区役所子育て支援課にて、申請を受け付けます。
※書類などをお持ちいただく必要はありません。
※生活保護を受給されている方は対象となりません。

【支給時期】
令和2年8月中に申請のあった方について、令和2年9月中旬に支給します。

【支給方法】
基本給付と同様、令和2年6月分の児童扶養手当の支給口座に振り込みます。

7月6日以降に6月分の児童扶養手当が認定された方について

遡って、6月分の児童扶養手当が認定された方については、順次案内を送付しますので、それまでお待ちください。

(2)公的年金給付等※1を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部停止される方※2

※1 公的年金給付等とは障害年金、遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などのことです。
※2 すでに児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部または一部停止されたと推測される方も対象となります。(令和2年6月分の児童扶養手当の支給要件に該当している必要があります。)

収入の要件

平成30年中の収入※3が、児童扶養手当の支給基準を下回っていることが要件となります。
また、住民票が同一世帯となっている親族がいる場合は、生活を経済的に支えている扶養義務者として、その方の平成30年中の収入も児童扶養手当の支給基準を下回っている必要があります。
※3 収入には、就労収入や事業収入、不動産収入などの他、養育費や非課税の年金収入も含みます。障害年金・遺族年金などの非課税の年金等を有する場合は、児童数に応じて、障害年金・遺族年金などから児童扶養手当相当額を差し引いた金額が収入となります。

児童扶養手当収入基準額

扶養親族数
(児童含む)

申請者(父・母・養育者)の
収入基準額

扶養義務者の
収入基準額

0人

3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円

※扶養親族(児童含む)が6人以上いる場合は、1人増えるごとに475,000円を加算した金額となります。

児童扶養手当相当額早見表(年額)【公的年金受給者用】
平成30年12月31日時点での児童数 支給額(年額) ※参考(月額)
児童0人

0円

0円
児童1人 122,160円 10,180円
児童2人 183,360円 15,280円
児童3人 220,080円 18,340円
児童4人 256,800円 21,400円

※平成30年12月31日時点での児童数が5人以上いる場合は、1人増えるごとに36,720円(年額)を加算した金額となります。

申請期間

令和2年8月3日(月曜)から令和3年2月28日(日曜)(消印有効)

申請に必要な書類

1)堺市ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】公的年金給付等受給者用
※必要事項をすべてご記入ください。
※申請書に氏名が印字されている場合、押印が必要です。

2)簡易な収入額の申立書(申請者本人用)【公的年金給付等受給者】
※必要事項をすべてご記入ください。

3)本人確認書類の写し
※免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート、生活保護受給者証など
4)給付金振込口座を確認できる書類の写し
※金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し
5)住民票(発行後1カ月以内)
※同一世帯の世帯員全員が記載されている住民票(続柄の記載があるもの)
6)戸籍謄本(発行後1カ月以内)
※申請者本人と対象児童全員が記載されているもの
7)令和元年度(平成30年1月~12月分)の課税証明書
8)平成30年度の年金額がわかる書類
※平成30年度の年金額改定通知書、年金振込通知書
9)支給要件ごとに必要となる書類(戸籍謄本に必要事項が記載されている場合は不要です)
※支給要件とは、下記のいずれかに該当する児童を監護等していることです。

支給要件

戸籍謄本に必要な
記載内容

戸籍謄本以外の
必要書類

父母が婚姻を解消した児童 離婚日  
父または母が死亡した児童 死亡日  
父又は母が障害の状態にある児童 配偶者の氏名

国民年金の障害等級1級
に係る年金証書

父または母が引き続き1年以上遺棄している児童 配偶者の氏名  
父または母がDV被害に関する保護命令を受けた児童 配偶者の氏名

保護命令決定書の謄本
又は確定証明書

父又は母が引き続き1年以上拘禁されている児童 配偶者の氏名

拘禁証明書
(拘禁証明書の提出が難しい場合はご相談ください。)

母が婚姻によらないで懐胎した児童 児童が認知されている場合は、認知の事実が記載されているもの  

●19歳以上の同居の親族(祖父母・父母・きょうだい・配偶者・子・孫など)がいる場合
10)簡易な収入額の申立書(扶養義務者等用)【公的年金給付等受給者】と確認書類
※19歳以上の同居の親族全員分の申立書が必要です。
※19歳以上の同居の親族全員分の令和元年度(平成30年1月~12月分)の課税証明書を添付してください。
※19歳以上の同居の親族が、公的年金給付等を受給している場合は、平成30年度の年金額がわかるものを添付してください。

●政令で定める程度の障害の状態にある20歳未満の児童を監護等している場合
11)特別児童扶養手当証書

●新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方
12)堺市ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【追加給付】
※添付資料は不要です。
※生活保護を受給している方は対象になりません。受給した場合は、生活保護の収入として認定されます。

支給時期

令和2年8月中に申請された方は、令和2年9月末に支給予定です。
令和2年9月以降に申請された方は、申請から1~2カ月後に支給予定です。
ただし、申請書や必要書類に、不備や不足があった場合などは、審査に時間を要するため支給が遅れる場合があります。

申請方法

(3)上記(1)、(2)以外の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、急変後の1年間の収入見込み額が、児童扶養手当の収入基準額を下回る方

【支給の要件】
申請日時点で児童扶養手当の支給条件を満たしており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けていない方(全部停止になっている方も含みます)が対象です。
また、申請される方などの収入※4(令和2年2月以降の収入)の要件があります。
※4 収入には、就労収入や事業収入、不動産収入などの他、養育費や非課税の年金収入も含みます。障害年金・遺族年金などの非課税の年金等を有する場合は、児童数に応じて、障害年金・遺族年金などから児童扶養手当相当額を差し引いた金額が収入となります。

児童扶養手当収入基準額

扶養親族数
(児童含む)

申請者(父・母・養育者)の
収入基準額

扶養義務者の
収入基準額

0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円

※扶養親族(児童含む)が6人以上いる場合は、1人増えるごとに475,000円を加算した金額となります。

児童扶養手当相当額早見表(月額)【家計急変者用】
申請日時点での児童数 支給額(月額)
児童0人 0円
児童1人 10,180円
児童2人 15,280円
児童3人 18,340円
児童4人 21,400円

※申請日時点での児童数が5人以上いる場合は、1人増えるごとに3,060円(月額)を加算した金額となります。

申請期間

令和2年8月3日(月曜)から令和3年2月28日(日曜)(消印有効)

申請に必要な書類

1)堺市ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】家計急変者用
※必要事項をすべてご記入ください。
※申請書に氏名が印字されている場合、押印が必要です。

2)簡易な収入見込額の申立書(申請者本人用)【家計急変者】
※必要事項をすべてご記入ください。

3)本人確認書類の写し
※免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート、生活保護受給者証など
4)給付金振込口座を確認できる書類の写し
※金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し
5)住民票(発行後1カ月以内)
※同一世帯の世帯員全員が記載されている住民票(続柄の記載があるもの)
6)戸籍謄本(発行後1カ月以内)
※申請者本人と対象児童全員が記載されているもの
7)令和2年2月以降の収入にかかる任意の1カ月分の給与明細・事業収入又は不動産収入がわかる書類
※令和2年2月以降の就労にかかる任意の1カ月分の収入を12カ月分として12倍した金額が審査の対象となります。
※令和2年1月以前に就労した分の給与明細等は対象になりませんので、ご注意ください。
8)(公的年金を受給している場合)令和2年2月以降の年金額がわかる書類
※年金額改定通知書、年金振込通知書
9)支給要件ごとに必要となる書類(戸籍謄本に必要事項が記載されている場合は不要です)
※支給要件とは、下記のいずれかに該当する児童を監護等していることです。

支給要件

戸籍謄本に必要な
記載内容

戸籍謄本以外の
必要書類

父母が婚姻を解消した児童 離婚日  
父または母が死亡した児童 死亡日  
父または母が障害の状態にある児童 配偶者の氏名 国民年金の障害等級1級に係る証書
父または母が引き続き1年以上遺棄している児童 配偶者の氏名  
父または母がDV被害に関する保護命令を受けた児童 配偶者の氏名 保護命令決定書の謄本または確定証明書
父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童 配偶者の氏名

拘禁証明書
(拘禁証明書の提出が難しい場合は、ご相談ください。)

母が婚姻によらないで懐胎した児童

児童が認知されている場合は、認知されていることが記載されていもの

 

●19歳以上の同居の親族(祖父母・父母・きょうだい・配偶者・子・孫など)がいる場合
10)簡易な収入見込額の申立書(扶養義務者等用)【家計急変者】と確認書類
※19歳以上の同居の親族全員分の申立書が必要です。
※19歳以上の同居の親族全員分の令和2年2月以降の就労にかかる任意の1カ月分の給与明細・事業収入又は不動産収入がわかる書類を添付してください。
※19歳以上の同居の親族が、公的年金給付等を受給している場合は、平成30年度の年金額がわかるものを添付してください。

●政令で定める程度の障害の状態にある20歳未満の児童を監護等している場合
11)特別児童扶養手当証書

支給時期

令和2年8月中に申請された方は、令和2年9月末に支給予定です。
令和2年9月以降に申請された方は、申請から1~2カ月後に支給予定です。
ただし、申請書や必要書類に、不備や不足があった場合などは、審査に時間を要するため支給が遅れる場合があります。

申請方法

1)郵送申請
申請書にすべて記入し、必要書類をすべて添付のうえ、下記宛先に送付してください。
【送付先】〒590-0078 堺市堺区南瓦町3-1 堺市役所子ども家庭課家庭福祉係

2)堺市ひとり親世帯臨時特別給付金「受付センター」で申請
申請書の書き方などの相談に応じ、申請の受付を行うため、令和2年8月3日(月曜)から令和2年8月31日(月曜)まで、「受付センター」を開設します。
「受付センター」については、下記をご参照ください。

堺市ひとり親世帯臨時特別給付金「受付センター」について

開設場所

8月3日(月曜)から21日(金曜)までは、堺市産業振興センター5階会議室1
8月24日(月曜)から31日(月曜)までは、堺市役所本館地下1階会議室(東)(西)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。堺市産業振興センターの場所はこちら

開設時間

原則、平日の午前9時30分~午後5時まで。
ただし、下記の日程は、それぞれ終了時間が異なります。
●8月3日(月曜)から8月7日(金曜)は、午前9時30分~午後8時まで
●8月10日(月曜・祝日)は、午前9時30分~午後8時まで
●8月13日(木曜)及び8月14日(金曜)は、午後4時30分まで
詳しくは、下記のちらしをご覧ください。

留意事項

1)新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、三密を避けるため、できる限り、下記曜日に分かれて来所いただきますようご協力をお願いいたします。ただし、仕事の都合などで、下記曜日に来所できない場合は、別日に来所いただいても問題ございません。
2)マスク着用でお越しください。また、発熱や咳などの風邪症状がある方や、体調がすぐれない方は、来所をお控えいただきますようお願いいたします。

三密を避けるため、できる限り各曜日に分かれて来所いただきますようお願いいたします
曜日 来所いただく方
月曜日 堺区在住の方
火曜日 南区在住の方
水曜日 北区在住の方
木曜日 中区在住の方と美原区在住の方
金曜日 西区在住の方と東区在住の方

※8月10日(月曜・祝日)は、全区の方にお越しいただけます。

お問い合わせ先

【申請書の書き方など手続きに関することについて】
●堺市ひとり親世帯臨時特別給付金 コールセンター(堺市)
電話番号072-228-7092(令和2年10月30日(金曜)まで平日午前9時~午後5時)
●堺市子ども青少年局子ども青少年育成部子ども家庭課
電話番号072-228-7331

【制度全般について】
ひとり親世帯臨時特別給付金 コールセンター(国)
電話番号0120-400-903(平日午前9時~午後6時)
【厚生労働省ホームページ】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども家庭課
電話:072-228-7331 ファックス:072-228-8341
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る