このページの先頭です

本文ここから

令和4年度 保育施設などへの利用申込み【認定こども園(保育部分)・保育所・地域型保育事業を希望される方へ】

更新日:2021年9月1日

 令和4年度からの認定こども園(保育部分)・保育所・地域型保育事業(以下「保育施設など」といいます。)への利用申込みに関するお知らせをさせていただきます。
 なお、認定こども園(教育部分)・幼稚園を希望される方は、堺市立幼稚園については令和4年度 市立幼稚園園児募集を、私立幼稚園については「令和4年度 教育施設などへの利用申込み【認定こども園(教育部分)・幼稚園を希望される方へ】」をそれぞれご覧ください。
 なお、令和4年度の年度途中に保育施設などの利用を希望される方は、各区役所子育て支援課で随時申込みの受付けをしておりますので、利用希望日の前月10日までに申込みをしてください。

保育認定区分と利用できる施設など

 保育施設などの利用を希望する場合は、市へ2号認定又は3号認定(以下「保育認定」といいます。)の申請及び利用申込みが必要です。
 
【参考】
 認定こども園(教育部分)・幼稚園のいずれかの利用を希望する場合は、直接各施設に申込みください。1号認定の申請は、申込み後に利用される施設にご提出いただくことになります。

認定区分 対象年齢

利用できる施設など

1号認定
(教育認定)

満3歳以上
(3歳誕生日の前日から)

保育の必要性がなく、教育を希望される場合

・認定こども園(教育部分)
・幼稚園

2号認定
(保育認定)

満3歳以上
(3歳誕生日の前日から)

保育を必要とする事由に該当し、保育を希望する場合

・認定こども園(保育部分)
・保育所

3号認定
(保育認定)

満3歳未満
(3歳誕生日の前々日まで)

保育を必要とする事由に該当し、保育を希望する場合

・認定こども園(保育部分)
・保育所
・地域型保育事業

申込みいただける方

 申込みいただける方は、原則として以下の要件すべてに該当される方です。
 1.堺市に住民登録されていること(※)
 2.保護者が以下の「保育を必要とする事由」により家庭で保育ができないこと

 (※)利用希望日までに堺市に住民登録をされる予定の方も含みます。

保育を必要とする事由

事由 内容
就労

1カ月に64時間以上労働することが常態である場合
(フルタイムのほか、パートタイム、居宅内の労働(自営業等)など、基本的にすべての就労を含む)

妊娠・出産(*1) 妊娠中であるか又は出産後間がない場合
病気等

病気、負傷、精神若しくは心身に障害がある場合

介護・看護

親族(長期間入院などをしている親族を含む)を常時介護又は看護している場合

災害復旧 震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合
求職活動(*2) 求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っている場合
就学 就学(職業訓練校などにおける職業訓練を含む)している場合
その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合

(*1)妊娠・出産要件の方へ
 認定期間は、出産予定日の8週間前の属する月の月初から、出産後8週間を経過する日の翌日が属する月の末日までとなります。4月からの利用を希望する場合は、出産前でも申込みが可能ですので、10月の受付期間内にお申し込みください。
(*2)求職活動中の方へ
 認定期間は3カ月を経過する日の月末までです。その期間に就労できなかった場合、基本的に保育施設などの利用が出来なくなりますのでご注意ください。

申込みの受付・方法など

令和4年度 利用のご案内について

 令和3年9月1日より、令和4年度からの認定こども園・保育所・幼稚園などの利用のご案内を配布します。
 このご案内には、申込みの受付期間や申込方法などの情報を記載しています。
 「令和4年度 認定こども園・保育所・幼稚園などの利用のご案内の配布」でご覧ください。

令和4年度当初からの利用希望の申込み

 令和3年10月1日(金曜)から受付を開始します。
 令和4年4月1日からの利用希望の申し込みに限り、オンライン及び郵送での申請の受付を試行的に実施します。

 A.オンライン B.郵送 C.窓口 の3つの方法からいずれか1つを選択して、申し込みしてください。

 なお、申込み方法によって、受付終了日が異なりますので、下記を参照ください。

【1次申込の受付】

 A.オンラインで申請する場合

 受付期間:令和3年10月1日(金曜)~10月15日(金曜)≪23時59分受信分まで≫
 利用システム:堺市電子申請システム

 B.郵送で申請する場合

 受付期間:令和3年10月1日(金曜)~10月15日(金曜) 《必着》
 送付先住所:〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市幼保推進課 宛

 C.窓口で申請する場合

 受付期間:令和3年10月1日(金曜)~10月29日(金曜)
 ※ 令和3年10月18日(月曜)~10月22日(金曜)は、夜間受付(19時30分まで)を行います。
 受付場所:各区役所 子育て支援課(夜間受付を希望する場合は、事前にお問い合わせください)

1次申込の受付期間を過ぎた場合は、下記の受付期間中にお申込みください。

【2次申込の受付】

 A オンライン :令和3年11月1日(月曜)~令和4年1月19日(水曜)23時59分まで

 B 郵送    :令和3年11月1日(月曜)~令和4年1月19日(水曜)≪必着≫
 C 窓口    :令和3年11月1日(月曜)~令和4年1月19日(水曜)

【3次申込の受付】

 A オンライン :令和4年1月20日(木曜)~令和4年2月25日(金曜)23時59分まで

 B 郵送    :令和4年1月20日(木曜)~令和4年2月25日(金曜)≪必着≫
 C 窓口    :令和4年1月20日(木曜)~令和4年3月4日(金曜)

オンライン・郵送での申込みについて

 オンラインまたは郵送での申込みにつて、詳しくは「オンライン・郵送での保育施設等への入所申込みについて」でご確認ください。

令和4年度途中の利用希望の申込み

 令和4年5月1日以降の入所希望は、随時受付けをしています。

 利用希望日の前月10日(閉庁日の場合、前開庁日)までに、窓口(各区役所 子育て支援課)で申し込みしてください。

 ※ 令和4年度途中からの利用希望の申込みについては、オンラインおよび郵送での申請の受付は実施していません。

申込みに必要な書類について

 認定こども園・保育所・地域型保育事業での保育(2号・3号認定)を希望される場合、申込みに必要な書類には、「全ての方が提出する必要がある書類」と「世帯の状況等により必要となる書類」があります。
 詳しくは、「令和4年度 利用申込に必要な書類」をご覧ください。

備考

  • 保育料の算定は、本市が保有している市町村民税の情報により行います。ただし、未申告や堺市外からの転入などの事情によりこの情報を本市が保有しない場合、課税状況のわかる書類を提出いただくことがあります。
  • マイナンバーの記載に伴う「マイナンバーの確認」と「本人確認書類」については、以下をご参照ください。

保育の必要量

 保育認定を受ける方は、保育の必要量により「保育標準時間」又は「保育短時間」に区分します。
 なお、「保育標準時間」と「保育短時間」では、利用できる最長の時間や保育料が異なります。

保育標準時間

1日に最長11時間(※)

保育短時間

1日に最長8時間(※)

(※)保育施設などの開所時間の範囲内で利用できる最長の時間です。
 具体的な利用時間帯は各施設長や事業者が決定します。常に利用できる時間ではありませんのでご注意ください。
なお、決められた利用時間帯以外の時間帯での利用をされる場合は、延長保育の扱いとなり別途延長保育料が必要です。詳細は各保育施設などまで直接お問合せください。

利用調整について

 保育施設などの利用開始は、原則毎月1日付けとなります。
 利用申込数が施設の受入れ可能数を超え、希望する全てのお子さんが利用できない場合は、「堺市保育施設等利用調整基準」に基づき利用調整を行い、保育の必要性が高い方から施設の利用を決定します。
 詳しくは、「利用調整について」をご覧ください。

利用開始後の手続き

保育施設などの利用開始後、以下の書類の提出が必要になります。

現況届

 保育認定を受け保育施設などを利用されている方は、保育を必要とする事由の確認を行うため、年に一度、「現況届」及び保育を必要とする事由を確認する書類の提出をしていただきます。
 保育施設などを利用している方には各保育施設などより配付されます。

支給認定(変更・取消)申請(届出)書

次の場合は、支給認定(変更・取消)申請(届出)書により、各区役所子育て支援課にお申し出ください。
※ 支給認定の変更は、基本的に申請日の翌月初からとなりますのでご注意ください。

変更申請

 当初認定された区分、事由、保育の必要量(保育標準時間・保育短時間)、認定期間またはその他状況に変更があった場合(仕事を辞めた・育児休業を取得したなど)は、変更申請してください。

取消申請

 保育認定の有効期間満了前に保育施設などの利用をやめる場合は取消し申請をしてください。

事由ごとに必要な書類

変更の内容に応じて次の書類が必要となります。

変更の内容

必要な提出書類

備考

保育を必要とする事由が変わった
(就労⇔妊娠・出産⇔疾病等⇔介護⇔就学など)

変更内容がわかる資料
就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)【入力用】(エクセル:65KB)

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)【入力用】(エクセル:60KB)

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

申立書(エクセル:52KB)
診断書(エクセル:24KB)
・在学証明書等

 


 

仕事が決まった
(求職活動⇒就労)

就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

月64時間以上労働することが常態の場合に変更が可能です。

仕事を辞めた
(就労⇒求職活動)

申立書(エクセル:52KB)

・認定期間は3カ月を経過する日の月末までとなります。
・基本保育時間を保育短時間(上限8時間まで)に変更します。

転職した
(仕事(就労)先が変わった)

就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

勤務時間が変更になった

就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

就労時間が月64時間未満になった場合、就労要件は失効します。

出産・産休(産前産後8週間)に入る

申立書(エクセル:52KB)
・母子健康手帳のコピー
(表紙と出産予定日が書かれているページ)

育児休業を取得する(予定)

育児休業期間が記入された就労証明書
就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

・利用にあたり条件があるため、事前に各区役所子育て支援課までご相談ください。

・基本保育時間は保育短時間(上限8時間まで)となります。

育児休業が終わった
(復職する)

復職証明書(ワード:37KB)
就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

育児休業からの復職に伴って利用申込みする場合は、必ず利用開始月内に復職するとともに、復職証明書の提出が必要になります。

休日利用が必要になった
(父母共に定期的に休日就労する場合)

休日保育の利用申込書(ワード:18KB)
就労証明書(外勤用)(PDF:171KB)

就労証明書(外勤用)(エクセル:65KB)【入力用】

就労証明書(外勤用_記載例・記入要領)(PDF:389KB)

就労証明書(自営用)(PDF:133KB)

就労証明書(自営用)(エクセル:60KB)【入力用】

就労証明書(自営用_記載例・記入要領)(PDF:401KB) 

利用にあたり条件があるため、事前に各区役所子育て支援課までご相談ください。

家庭で保育が可能になった
保育施設をやめたい
市外に転居する

退所(園)届

・提出が遅れると提出日までの保育料がかかります。

・市外に転居後も利用施設で保育を希望する場合は、なるべく早く各区役所子育て支援課にご相談ください。継続利用できない場合もあります。

所得税(市民税)の更正(修正申告)をした
(市民税の額が変わった場合)

所得税(市民税)申告書(控)

世帯構成に変更があった
(結婚・離婚・同居・別居等)

各区役所子育て支援課までご相談ください。

保育料が変わる可能性があるので、各区役所子育て支援課までご相談ください。

保育料について

 保育料は、所得に応じて算定した市民税を用いて決定します。

 令和元年10月から始まった幼児教育・保育の無償化により、3歳児クラスから5歳児クラスの保育料、0歳児クラスから2歳児クラスまでの市民税非課税世帯の保育料は無償となっています。
 加えて、堺市では独自の負担軽減策も実施しているため、実際に支払うこととなる保育料等は、子どもの年齢や世帯の状況によって異なります。
 詳しくは以下をご覧ください。
幼児教育・保育の無償化について
認定こども園(2号・3号認定)などの保育料について
0歳児クラスから2歳児クラスまでのお子さんの認定こども園・保育所・地域型保育事業等の利用料(2号・3号認定)(PDF:44KB)

利用決定の時期等について

令和4年度当初からの利用を希望した場合

 申込受付(1次・2次・3次)により、利用決定日が異なります。
 利用決定後は、認定情報を記載した通知書および希望した保育施設の利用(調整)の可否をお知らせする通知書を交付します。通知は、オンライン・郵送・窓口のいずれの方法で申請をされていても、郵送で送付します。

1次申込をされた場合

利用決定:令和4年1月11日(火曜)
 保留となった方は、自動的に令和4年2月の利用調整の対象となります。利用希望の保育施設に変更がある場合は、令和4年1月27日(木曜)ま でに各区役所子育て支援課の窓口で申請をしてください。

2次申込をされた場合

利用決定:令和4年2月15日(火曜)
 保留となった方は、自動的に令和4年3月の利用調整の対象となります。利用希望の保育施設に変更がある場合は、令和4年3月4日(金曜)ま でに各区役所子育て支援課の窓口で申請してください。

3次申込をされた場合

利用決定:令和4年3月18日(金曜)
 保留となった方は、自動的に令和4年5月1日入所の利用調整の対象となります。利用希望の保育施設に変更がある場合は、利用(調整)希望日の前月10日(閉庁日の場合、前開庁日)までに各区役所子育て支援課の窓口で申請してください。

令和4年度途中からの利用を希望した場合

利用決定:利用希望日の前月25日(閉庁日の場合、前開庁日)

 認定情報を記載した通知書および希望した保育施設の利用(調整)の可否をお知らせする通知書を交付します。
 利用調整で保留となった方は、自動的に翌月の利用調整の対象となります。有効期限は、令和5年3月1日入所希望分までです。 保留通知は、一度しか送付しませんので紛失等にご注意ください。
 利用希望の保育施設に変更がある場合は、変更を希望する前月10日(閉庁日の場合、前開庁日)までに各区役所子育て支援課の窓口で申請してください。

利用申込みの前に

 保育施設などにより、保育方針や取組み、開所時間、基本保育時間、保育料以外の保護者徴収金などは様々です。保育施設などを選ぶ際には、希望される保育施設などを実際に見学するとともに、詳細な情報を確認いただくことをお勧めします。
 

留意事項など

支給認定証について

 支給認定証は、希望者にのみ発行します。発行を希望される方は、区役所子育て支援課にご連絡ください。
 支給認定証の交付を受けている場合は、紛失などにご注意ください。

退所(園)について

 施設を退所(園)する場合(卒園を除く。)は、必ず退所(園)届を施設にご提出ください。
 ・退所(園)届の提出が遅れたり、提出がない場合は翌月分の保育料をいただくことになります。
 ・長期欠席の場合でも保育料が必要となります。
 ・月途中での退所(園)の場合は、日割りでの保育料が必要となります。

緊急一時保育について

 保護者の入院などで緊急突発的に保育を必要とする事由が生じた場合、保育施設などで一時的に利用を調整しています。詳しくは、各区役所子育て支援課までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

子ども青少年局 子育て支援部 幼保推進課

電話番号:072-228-7173

ファクス:072-222-6997

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで