このページの先頭です

本文ここから

区長のうごき(平成29年1月~3月)

更新日:2017年3月22日

平成29年3月19日(日曜)

金岡校区 自主防災訓練

 校区自主防災会主催による自主防災訓練が実施され、350人を超える方が単位自治会ごとに指定された場所に集合した後、金岡小学校に避難しました。今回は初めて視覚・聴覚障害等の要支援者も参加し、同じ訓練メニューを体験されました。
 訓練は、水消火器による初期消火、応急担架の作成、煙体験が実施され、事前研修を受けた校区のリーダーが自主的に説明、実演されていました。
 また、手作りの小屋を使って逃げ遅れた人を救出、搬送する訓練が行われ、最後はその小屋を実際に燃やしてバケツリレーで消火しました。
 訓練終了後、災害発生時を想定して薪を使った炊き出しの配給がありましたが、間吾会長の「並んで待つのも訓練」という言葉が印象的でした。

百舌鳥野美化活動 

 「魅力あふれる百舌鳥野をつくる会」主催による百舌鳥野美化活動が開催されました。百舌鳥地域の美化のために長きにわたって地道な活動を継続されており、大変すばらしいことと思います。この活動により、先月同会は「堺市環境活動表彰」を受賞しことが会長より報告されました。
 さて今回で41回目を迎え、春場所で百舌鳥八幡宮に寄宿している追手風部屋のちゃんこ鍋がふるまわれるとあって、暖かな陽気の中150人を超える方が境内に集まりました。私は古墳コースや陵南コースといった6つのコースのうち西高野街道中百舌鳥コースをまわりましたが、ごみがほとんど見当たらず、こうした活動が公共スペースをきれいに保つという意識につながっているということが感じられました。

平成29年3月18日(土曜)

北区歴史フォーラム

 北区役所にて、北区歴史フォーラムを開催し、約150人の方にご参加いただきました。北区では一昨年から、北区を通る3つの古街道の竹内街道・長尾街道・西高野街道とその周辺地域をテーマに歴史探索事業を実施してきましたが、このフォーラムはその総括として、「歴史街道を訪ねて」と題し開催したものです。
 第1部の講演会では、上海師範大学特約研究員の森村健一さんによる基調講演を行い、第2部では街道近隣に長年お住まいの方々をパネラーに迎え、パネルディスカッションを行いました。
 基調講演では、古街道の歴史について、逸話やよもやま話も交えながらご講演いただき、また、パネルディスカッションでは、街道や地域の昔話が披露され、懐かしい思いをされた方も多かったのではないでしょうか。会場に駆け付けた竹山市長も最後まで興味深く聞き入っておられました。
 今後も北区では、豊かな地域の歴史文化を後世へと伝えていけるよう様々な取り組みを行ってまいります。

平成29年3月12日(日曜)

金岡南校区 自主防災訓練

 金岡南小学校において、校区自主防災会主催による自主防災訓練が実施され、約350人の方が参加されました。
 最初に全員で、実際に燃えている段ボールの小屋を、消火器やバケツリレーによって消し止める訓練を行ないました。
 煙体験ハウスでは、手探りでようやく出口にたどり着いた皆さんが、「目の前が全く見えなかった。」と、煙の恐ろしさを実感されていました。
 ほかにも、毛布を利用した担架作りを体験したり、小学校にある防災倉庫や防災トイレを見ながら、災害時の備えについての説明を聞きました。
 竹山市長も、このように地域の皆さんが懸命に訓練に取組んでおられる様子を見て、感銘を受けていました。
 実際に災害が起こると誰でも慌ててしまいますが、このような訓練を行なうことで、冷静な対応ができると思います。

「もず野七町歴史散策スタンプラリー2017」

 北区の百舌鳥地域で活動されている「魅力あふれる百舌鳥野をつくる会」と「株式会社ジェイコムウエスト」の共催による「もず野七町歴史散策スタンプラリー2017」が開催されました。
 本事業は、百舌鳥地域の情報がふんだんに盛り込まれた「もず野七町散歩マップ」の刊行を記念し開催されたもので、散歩マップに掲載されている百舌鳥地域内の文化財を巡るスタンプラリーです。
 堺市内外から285人もの方々が参加され、そのうち70%が百舌鳥地域以外の方ということで、歴史深いこの地域への関心の高さが伺えます。当地域の魅力を知ってもらうことで、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けての機運醸成にも繋がったのではないでしょうか。
 また当日はハニワ課長も駆けつけ、イベントの盛り上げに一役買っていました。

平成29年3月5日(日曜)

西百舌鳥校区「自主防災訓練」

 西百舌鳥小学校にて校区まちづくり協議会主催による自主防災訓練が行われました。
午前10時に防災無線スピーカーから訓練放送が流れると、参加者全員がその場で参加者全員が姿勢を低くして机の下に身をかくす訓練を行い、その後要援護者受付訓練、AED操作訓練、緊急時用浄水機の操作訓練、炊き出し訓練等の多様な訓練が行われました。
 また、西百舌鳥校区では、毎年趣向を変えた訓練を行っており、本年は自宅から非常用持出袋に、各自が災害時に必要な物品を考えて持参するという訓練も行われていました。
 防災リーダーをはじめ各単一町会、青年団等から多くの方々が参加し、自主的な訓練運営をされているなど防災意識の高さがうかがえ、非常に頼もしさを感じました。

新金岡校区「第5回 2017 しんかなスプリングフェスタ」

 新金岡小学校において、新金岡校区まちづくり協議会・校区自治連合協議会主催の「第5回 2017 しんかなスプリングフェスタ」が開催され、延べ1,000人の方が参加されました。
 体育館では、全国大会で銀賞を受賞した金岡北中学校吹奏楽部の素晴らしい演奏で幕をあけ、フラダンスやコーラスの他、民謡、ジャズ演奏などが披露されました。
 また、体育館以外でもマジックショーや人形劇、ミニSLなどの催しが行われ、地域の皆さんは暖かい日差しの中、楽しい一日を過ごしておられました。

平成29年2月26日(日曜)

五箇荘東校区 第10回カローリング大会

 五箇荘東小学校体育館において、第10回カローリング大会が開催されました。
 カローリングとは、氷上で行うカーリングをフロアで手軽にできるように考えられた新しいスポーツで、大会当日は子どもから高齢者まで全52チーム、150人を超える参加者がありました。
 ルールは非常に簡単で、年齢を問わず楽しむことができ、高得点をとったり、逆転されたりすると、大きな歓声があがり、会場は大いに盛り上がっていました。
 北区役所からも、今回初めて参加させていただいてその楽しさを実感することができました。ぜひ多くの方に体験していただければと思います。

平成29年2月25日(土曜)

新浅香山校区自主防災訓練

 新浅香山小学校にて、校区まちづくり協議会主催の防災訓練が実施されました。大規模災害を想定し、200人を超える地域の方が小学校に避難しました。
 また、小学校PTA他各種団体が主催するウィンターフェスティバルが同時開催され、焼きそばやフランクフルトなどを出店されていたことで、小学校児童も多く参加していました。訓練内容としてはマンホールトイレの組み立てや発電機の始動体験など実践的な体験を通じて、校区全体の防災力向上に繋げられたのではないかと思います。

平成29年2月19日(日曜)

長曽根町 自主防災訓練

 長曽根町民グラウンドにおいて自主防災訓練が実施され、スタッフを含め約400人が参加しました。
 単位自治会の防災訓練としては見事に統制のとれた訓練で、町会から各家庭に配付されている避難用持出袋を背負っておられる方も大勢見受けられる等、地域の方々の防災意識の高さが伺われました。
 また、北消防署のはしご車による救助訓練のほか、民間事業者が所有する免震・耐震構造建物の9段階の揺れを体験できる起震車も導入される等、大掛かりなプログラムも用意されていました。

平成29年2月16日(木曜)

平成28年度堺市環境活動表彰式(魅力あふれる百舌鳥野をつくる会)

 北区の百舌鳥地域で活動されている「魅力あふれる百舌鳥野をつくる会」が、平成28年度の堺市環境活動表彰を受賞され、表彰式が行われました。
 同賞は、本市で持続可能な社会を構築する諸活動を実践しながら環境活動推進に顕著な功績があった個人や団体に対し、その活動を表彰するものです。同会が10年来継続されている百舌鳥古墳群周遊路での清掃活動等の取組が認められ、今回表彰されたもので、市長から吉田会長へ表彰状が授与された後、激励の言葉が送られました。同会の皆様の長期にわたる地道な活動に改めて敬意を表します。
 また、3月12日(日曜)には、同会主催の「もず野七町歴史散策スタンプラリー」も開催されますので、興味のある方は奮ってご参加いただきたいと思います。

平成29年2月12日(日曜)

五箇荘東校区クラシックコンサート・自主防災訓練

 五箇荘東校区にて校区まちづくり協議会主催でクラシックコンサートと自主防災訓練が同日開催されました。学校には約150人の方が集まり、体育館ではオルガンとトランペットのクラシックコンサートが催され、来場者の皆さんは優しい音色に聴き入っておられました。また、まちづくり協議会作成の防災ビデオでは災害時における心構えや備えの重要性について上映されました。
 訓練では3つの班に分かれ、備蓄倉庫やマンホールトイレ、小型動力ポンプについての説明を受け、火災時の煙の体験や炊き出し訓練を行いました。今回の2つのイベントを同日開催することでより多くの地域の皆さんにご参加いただき、地域のつながりをより強めるとともに防災力向上に繋げていただけたと思います。

金岡校区自転車事故防止安全大会

 金岡小学校で「金岡校区自転車事故防止安全大会」が開催されました。
 金岡校区自治連合会など地域の各種団体による大会実行委員会の主催で、北堺警察署の自転車安全講習会や「堺 自転車のまちづくり市民の会」による啓発などが行なわれ、300人以上の方が熱心に受講されました。
 また、体育館での講習後、第2部として、各自治会の代表者3人(3世代)による「自転車の安全な乗り方競技大会」も開催されました。
 平成28年に、北区で発生した交通事故のうち、33.7%が自転車に関連する事故で、府下平均の30.6%を上回っています。また、全国的に自転車が加害者となり多額の賠償金を請求される事例も発生しており、昨年7月には大阪府条例で自転車損害賠償保険への加入が義務化されています。
 地域における、このような取り組みによって、悲惨な事故が減少することを願っています。

中百舌鳥校区 自主防災訓練

 中百舌鳥小学校において、校区自主防災会主催による自主防災訓練が実施されました。
 単位自治会ごとに集まって小学校まで避難する訓練から始まって、最高気温が10℃を下回る寒い天気にもかかわらず、バケツリレーによる消火訓練や緊急時用浄水装置の実演も行われました。
 訓練には中百舌鳥中学校の生徒を含めて約150人が参加し、消防署から事前研修を受けた防災リーダーの方々がスムーズに進行されていました。

平成29年2月8日(水曜)

北区教育・健全育成会議から提言書を受領

 平成27年4月に区教育・健全育成会議を設置して以来、2年間にわたり委員の皆さまには、北区における子どもの健やかな育ちに向けた取組について活発で有意義な審議を重ねていただきました。
 今年度は、審議事項「家庭・地域における教育・健全育成に向けた取組(地域がつながる仕組みづくり)について」、調査・審議していただき、本日、今年度7回目の会議において、これまでの調査・審議をとりまとめた提言書を山野会長からご提出いただきました。
 今回の会議が委員の皆様にとって、2年間の任期における最後の会議となりましたが、今後、提言書に基づき北区における教育・健全育成の充実に向けて具体的な取組を進めてまいります。

平成29年2月6日(月曜)

北区区民評議会から答申書を受理

 今年度、第6回目となる北区区民評議会に出席しました。
 1年間をかけて審議してきました諮問事項「子育て世代が住みやすい地域づくりについて」「北区の魅力発信と賑わいづくりについて」の答申案についての審議が行われ、案のとおり確定しましたので、小野会長から答申書の提出を受けました。
 今回の会議が委員の皆様にとって、2年間の任期における最後の会議となります。平成27年6月に区民評議会を設置して以来、委員の皆様には、区域の課題解決に資する取組について活発で有意義な審議を重ねていただきました。今までの審議を踏まえ、北区のまちづくりを進めていきたいと思います。
 来年度からは、新しい体制での区民評議会が始まります。会議の様子は、公開しておりますので、ぜひ傍聴にお越しください。

平成29年 1月28日(土曜)

第3回 北区歴史カフェ

 1月28日(土曜)、北区区民活動支援コーナーにおいて、第3回北区歴史カフェが開催されました。
 歴史を通じて北区の魅力を区内外に発信する事業として実施しており、今回は、25人の方が参加されました。
 「百舌鳥の歴史」をテーマに百舌鳥八幡宮 名誉宮司の工藤俊之氏から、百舌鳥の地名の由来や、地域に古くから伝わる百舌鳥精進などをご説明いただいき、続いて「魅力あふれる百舌鳥野をつくる会」の辻 輝夫氏から、北区にある3基の古墳の工事見積りや設計図の再現など、興味深い話を聞かせていただいて、古代から続く「百舌鳥」の歴史に思いを馳せることができました。
 なお、魅力あふれる百舌鳥野をつくる会は、今回、百舌鳥の名所を1冊にまとめた「もず野七町散歩マップ」を発刊されました。
 ブックスファミリア堺百舌鳥店にて、1冊300円で入手できるとのことです。

阪神高速大和川線開通式典

 阪神高速6号大和川線三宝ジャンクションから鉄砲出入口区間1.4キロメートルが開通し、大和川第一トンネル内で大勢の来賓の出席のなか開通式典が開催され、竹山市長も鋏入れ式、久寿玉開披に参加していました。
 阪神高速大和川線は、大阪都心部の慢性的な渋滞や沿道の環境悪化を大幅に改善する新たな環状道路整備プロジェクトの一翼を担う路線で、4号湾岸線と14号松原線を結ぶ全長9.9キロメートルの道路です。
 北区域内は、現在、平成31年度全線開通に向けて工事が続けられていますが、これが完成することにより大阪南部地域における東西交通の混雑緩和と高速道路利用の利便性が大きく向上することになります。計画どおり無事に工事が進むことを望んでいます。

平成29年1月22日(日曜)

常磐町自治会・緊急避難場所「防災訓練」

 1月22日(日曜)、常磐町自治会において、近隣の「大阪府今池水みらいセンター」への避難訓練が実施され、約20人の皆さんが参加されました。
 西除川の増水等によって洪水の危険性があるなど、指定避難所である五箇荘東小学校への避難が困難な場合の一時的な緊急避難場所として、堺市は同センターと協定を締結しています。
 当日は、午前9時45分に大和川の水位が避難判断水位の4.7mに達し、避難準備情報が発令されたとの想定により、参加者全員がセンターの中にある「第1水処理棟」の2階まで避難しました。
 また、訓練後は常盤文化センターにおいて、地震に関する防災の出前講座が行われ、34人の方が東日本大震災の映像などを見ながら真剣に受講されていました。

平成29年1月19日(木曜)

東三国丘校区自主防災訓練

 東三国丘小学校にて校区まちづくり協議会、小学校共催の防災訓練が行われました。
 大規模地震を想定し全校児童が防災頭巾を着用して避難訓練を行いました。北消防署の講評では、とてもスムーズに避難ができていたとのことでした。
 避難訓練終了後には6年生は煙の恐さを体験し、5年生は班に分かれて地域の方々や4年生に向けて自分たちで調べた防災についての研究発表を行いました。災害発生時における課題や解決策、東三国丘校区版の防災マップの掲示など、どの発表もよく考えられていました。
 児童の皆さんはこの発表で学んだことをそれぞれの家庭へ持ち帰り、家族皆で防災について考えていただければと思います。

平成29年1月9日(月曜)

北区成人式

 堺市産業振興センターイベントホールにおいて、北区成人式を挙行し、約1,100人の新成人が出席されました。
 迫力のある和太鼓の演奏で開場し、第1部では、市長からのメッセージ、新成人代表による市民憲章朗読や新成人メッセージの発表が行われました。
 第2部では、新成人実行委員が企画したアトラクションとして、初芝立命館高校ダンス部によるステージ、当時の各中学校の恩師へのインタビューが行われ、会場は大いに盛り上がりました。
 新成人の皆さまにおかれましては、社会の一員として御活躍されることを御祈りいたします。
 なお、成人式の運営に携わっていただいた各校区青少年指導員他関係者の皆さまには、滞りなく式典を挙行できましたことに対し厚く御礼申し上げます。

平成29年1月7日(土曜)

消防出初式

 金岡公園野球場において開催された堺市消防局主催の「消防出初式」に出席しました。
 穏やかな天気に恵まれ土曜日ということもあり、例年より大勢の観客が見守る中、消防音楽隊のマーチング演奏、ヘリコプターを使った救難訓練、はしご車による消火訓練、三連はしご演技、色鮮やかな一斉放水や中央幼稚園幼年消防クラブによるバトンの演技等が次々に繰りひろげられ、大きな歓声があがっていました。
 昨年末に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災は、我々に火事の怖さを思い知らされることになりましたが、堺市民の皆さまにとってこの本年が平穏な一年となりますよう願っています。

このページの作成担当

北区役所 企画総務課

電話番号:072-258-6706

ファクス:072-258-6817

〒591-8021 堺市北区新金岡町5丁1-4

本文ここまで