このページの先頭です

本文ここから

飲食店においてテイクアウトやデリバリーを始める事業者の方へ

更新日:2020年4月23日

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、テイクアウトやデリバリー(以下、テイクアウト等という)を始めたいというご相談が寄せられています。テイクアウト等は調理から喫食までの時間が長くなるため、店内での飲食に比べて食中毒のリスクが高まります。テイクアウト等を始める際には、食中毒予防のため、次の事項に注意してください。

 1.手洗いを適切に行い、食品及び容器包装を衛生的に取り扱いましょう。
 2.食品は中心部まで十分に加熱し、生ものや半生など加熱不十分な料理の提供は避けましょう。
 3.非加熱のサラダ等については十分に洗浄・殺菌を行いましょう。
 4.購入者に対し、すぐに食べるよう伝えましょう。
 5.食物アレルギーの問い合わせに対応できるようにしましょう。
  (例:特定原材料7種類及び特定原材料に準ずるもの21種類)

営業許可に関する注意

 放冷の必要な弁当等をあらかじめ調理し配送する等の場合は、設備基準が異なる仕出しの届出が必要となりますので、テイクアウト(店頭での持ち帰り)やデリバリー(店で提供している料理を客のもとに届ける)の範囲で行うようにしてください。

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 食品衛生課

電話番号:072-222-9925

ファクス:072-222-1406

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで