このページの先頭です

本文ここから

ファイザー社ワクチンおよびモデルナ社ワクチンの有効期限の延長について

更新日:2022年8月1日

現在、ファイザー社ワクチン(小児用を含む)の有効期限は12カ月、モデルナ社ワクチンの有効期限は9カ月となっています。しかし、当初設定していた有効期限が、薬事上の手続きを経て延長されたことにより、有効期限が6カ月や7カ月や9カ月と印字されたワクチンも流通しています。
延長されたワクチンのロット番号と有効期限については下記をご確認ください。
なお、接種後に予防接種済証に貼り付けるワクチンシールが、延長前の有効期限となっている場合がありますのでご注意ください。

ファイザー社ワクチン(12歳以上)の有効期限について

令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が6カ月から9カ月に延長され、令和4年(2022年)4月22日に、9カ月から12カ月へと更に延長されました。
すでに有効期限が6カ月または9カ月として印字されているワクチンの有効期限は、こちらをご覧ください。(PDF:409KB)

ファイザー社の小児用(5~11歳用)ワクチンの有効期限について

令和4年(2022 年)1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間は9カ月となっており、令和4年(2022年)4月22日にこれが9カ月から12カ月へと更に延長されました。
なお、承認前に有効期間を6カ月とすることが検討されていた際に、有効期限を6カ月として印字されたワクチンが輸入されています。
すでに有効期限が6カ月または9カ月として印字されているワクチンの有効期限は、こちらをご覧ください。(PDF:373KB)

モデルナ社ワクチンの有効期限について

令和3年(2021年)7月16日に、-20℃±5℃で保存する場合の有効期間が6カ月から7カ月に延長され、令和3年(2021年)11月12日に、7カ月から9カ月へと更に延長されました。
すでに有効期限が6カ月または7カ月として印字されているワクチンの有効期限は、こちらをご覧ください。(PDF:373KB)

本市における対応について

医療機関および各接種会場に対し、次のとおり対応しています。

  • ワクチン配送時に、有効期限が延長になった旨を伝達しています。
  • ワクチンシールに印字されている有効期限が延長された旨のお知らせを配布し、適切にワクチンを管理するよう説明しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

堺市新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:0570-048-567

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで