このページの先頭です

本文ここから

自然災害時の新型コロナウイルスワクチン集団接種の取扱いについて 

更新日:2022年7月5日

 堺市に地震が発生した場合や、次の気象警報が発表された場合は、市民の皆様の安全を第一に考え、以下のとおり集団接種会場(地域会場)での接種を中止します。
 接種中止となった方には、準備が整い次第、市から振替日をお知らせします(中止となった日から3日以内)。
 なお、医療機関で接種を受ける方は、各医療機関の判断により異なる場合がありますので、会場となっている医療機関に直接お問い合わせください。

地震等が発生した場合

  • 震度6弱以上の地震が発生した場合
  • 津波警報または大津波警報が発表された場合

風水害が発生した場合、または発生が見込まれる場合

  • 暴風警報が発表された場合
  • 避難情報(「緊急安全確保」、「避難指示」、「高齢者等避難」)が発令された場合(※)

※避難情報が河川の氾濫に関する場合は、避難所が開設された区の集団接種会場(地域会場)のみ中止します。
※避難情報が土砂災害に関する場合は、避難所が開設された区の集団接種会場(地域会場)のみ中止します。

ただし、発表・発令中の時間により、次のとおり接種を中止する時間が異なります。

気象警報などの発表・発令時間中止する接種時間
午前6時時点で発表・発令中のとき

午前の部
(9時30分開始、髙島屋会場は11時開始)

午前10時時点で発表・発令中のとき

午後の部
(13時30分開始、髙島屋会場は14時開始)


また、解除された場合は、その時間によって次のとおり接種を実施(開始)します。

気象警報などの解除時間実施(開始)する接種時間
午前10時時点で解除済のとき

午後の部
(13時30分開始、髙島屋会場は14時開始)

※現時点では予約状況に比較的余裕があるため、気象警報等の解除に伴い午後の部の接種が行われる場合、当日の午後3時まで、同じ会場の午後の部への振替えをコールセンターで受け付けます。

接種開始後に、暴風警報や避難情報が発表・発令された場合は、次のとおり対応します。

・発表・発令に伴い、接種中止を決定します。
・中止の決定時点で、すでに会場内で受付が完了している予約者については、状況により接種を実施する場合があります。
・中止決定後、各会場ではワクチンのロスが極力出ないように対応しますが、市民の安全確保のために、余剰ワクチンの廃棄についてはやむを得ないものとします。

接種の中止に関する情報

 地震や風水害などで集団接種を中止する場合は、このページでお知らせします。
 また災害発生の恐れがある場合は、テレビのデータ放送(dボタン)、ラジオなどで気象情報や避難情報を確認してください。
 詳しくはこちらのページをご確認ください。

このページの作成担当

堺市新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:0570-048-567

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで