このページの先頭です

本文ここから

医療機関向け情報

更新日:2024年2月19日

更新情報

令和6年2月19日・「新型コロナワクチンの特例臨時接種の終了に伴う対応等について」を掲載しました。
令和6年2月15日・「ワクチン配送予定時間のお知らせ」を更新しました。
令和5年12月27日・「新型コロナワクチン接種費用の請求における時間外加算と休日加算の取扱い等について」を掲載しました。
令和5年12月5日

・「第一三共社の新型コロナワクチン等の取扱い及び令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について」を掲載しました。
・特例臨時接種に位置づけられている新型コロナワクチンの一覧表や各社ワクチンの取り扱い等について、掲載しました。


目次 (クリックでページ内移動します)

    医療機関向け情報

    1.新型コロナワクチンの配送について

    ワクチン配送予定時間のお知らせ

    配送遅延等に関するお問合せ先

    アルフレッサ株式会社堺事業所
    外線 072-260-7511

    配送数変更について

    ワクチン配送数を変更する場合は、配送数変更依頼書を提出してください。

    2.新型コロナワクチン接種の取扱いについて

    新型コロナワクチンの特例臨時接種の終了に伴う対応等について(令和6年2月19日付け通知)

    特例臨時接種の終了に伴う取り扱いや令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について、現時点での情報をお知らせいたします。

    新型コロナワクチン接種費用の請求における時間外加算と休日加算の取扱い等について(令和5年12月27日付け通知)

    接種費用の請求において時間外加算と休日加算を取り違えて請求した事案の判明に伴う注意喚起や、接種後の注意点等に関する啓発チラシの更新、予診票の早期提出について記載しています。

    第一三共社の新型コロナワクチン等の取扱い及び令和6年度以降の新型コロナワクチン接種について(令和5年12月5日付け通知)

    新たに特例臨時接種に位置づけられた第一三共社ワクチンの取り扱いや、令和6年度以降の新型コロナワクチン接種の方針について記載しています。

    新型コロナワクチンの間違い接種の防止について(令和5年11月8日付け通知)

    昨今散見されている間違い接種事案について周知し、注意喚起しています。

    新型コロナワクチン令和5年秋開始接種等について(その3)(令和5年9月14日付け通知)

    令和5年9月20日から開始する令和5年秋開始接種について、国により決定された方針や本市における取り扱い等を記載しています。
    ※ワクチンの取り扱い等は当時の情報のため、ご注意ください。

    特例臨時接種に位置づけられている新型コロナワクチンの一覧表

    現時点で特例臨時接種に位置づけられている新型コロナワクチンを一覧表にまとめています。

    特例臨時接種に位置づけられている新型コロナワクチンの一覧表

    ファイザー社ワクチンの取り扱いについて

    ファイザー社ワクチン 取り扱い一覧表

    ファイザー社ワクチンの取い扱い方法の詳細は、以下リンク先のファイザー社HPをご確認ください。

    モデルナ社ワクチンの取り扱いについて

    モデルナ社ワクチン 取り扱い一覧表

    モデルナ社ワクチンの取い扱い方法の詳細は、以下リンク先のモデルナ社HPをご確認ください。

    第一三共社ワクチンの取り扱いについて

    第一三共社ワクチン 取り扱い一覧表

    第一三共社ワクチンの取い扱い方法の詳細は、以下リンク先の第一三共社HPをご確認ください。

    • 製品情報
      • 添付文書
      • 適正使用ガイド
      • ワクチンの取扱い  等

    新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向け手引き

    厚生労働省による医療機関向けの手引きを掲載しています。その他最新情報等については、以下リンク先の厚生労働省の医療機関向けHPをご確認ください。

    新型コロナワクチン予診票の確認のポイント

    3.新型コロナワクチン接種に伴う副反応等にかかる対応について

    新型コロナワクチン接種に伴う副反応等に係る対応について(令和5年10月26日付け通知)

    新型コロナワクチン接種に伴い副反応を疑う症状が生じた方への対応等について記載しています。

    新型コロナワクチン接種に伴いアナフィラキシーを発症した方への対応について

    新型コロナワクチン接種に伴いアナフィラキシーを発症した方への対応等について記載しています。

    副反応疑い報告について

    副反応疑い報告書の提出については、以下リンク先の厚生労働省のHPをご確認ください。

    4.新型コロナワクチン個別接種促進支援事業について

    新型コロナワクチン個別接種促進のための支援事業について

    新型コロナワクチン接種の促進を目的に、対象期間に要件を満たすワクチン接種を行った診療所に対して協力金を支給します。

    支給の要件

    新型コロナワクチンの個別接種に協力する市内に所在する診療所のうち、対象期間中に次の条件をどちらも満たすこと

    1. 週100回以上の新型コロナワクチン接種を4週間以上行っていること
    2. 1週間のうち1日以上、時間外、夜間または休日のいずれかにかかる接種体制を用意していること

    ※病院は支給の対象外となります。
    ※本事業における文言の定義は、次の表のとおりです。接種費用請求時と異なりますのでご注意ください。

    本事業における文言の定義
    時間外当該診療所の標榜する診療時間以外の時間
    夜間18時以降(診療所の診療時間に関わらない)
    休日

    日曜日及び国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日   
    加えて、土曜日も休日として取り扱う(診療所の診療日に関わらない)

    資料に掲載した通知文でお知らせしたとおり、「1週間当たりの接種回数の算定は、当該週の月曜から日曜まで」が基本となります。ただし、「月曜から日曜まで」で算定した場合に要件を満たさず、「日曜から土曜まで」で算定した場合に要件を満たす時は、通知文記載のお問い合わせ先までご連絡ください。

    支給額

    週100回以上の接種をした週における接種回数に対して、2000円を乗じた金額

    支給対象期間及び申請受付期間
     支給対象期間申請受付期間
    第1期令和5年5月1日~7月2日令和5年7月10日~31日
    第2期令和5年7月3日~9月3日令和5年9月11日~30日
    第3期令和5年9月4日~11月5日令和5年11月13日~30日
    第4期令和5年11月6日~12月31日令和6年1月9日~31日
    第5期

    令和6年1月1日~3月3日

    令和6年3月6日~19日


    ※令和5年4月1日~30日接種分については、対象となりません。

    申請方法

    協力金の支給申請をされる場合は、次の申請書類を郵送してください。

    予診票等と同送していただく場合は、クリップ等でまとめて封入してください。

    申請書類
    • 堺市新型コロナウイルスワクチン接種促進協力金支給申請書(様式第1号)
    • 堺市新型コロナウイルスワクチン接種促進協力金支給に係る実績報告書(様式第2号)
    • その他、書類の提出が必要な場合があります。
    送付先

    堺市新型コロナワクチン接種事務処理センター
    〒590-8790
    堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル北館5階



    詳細は次の資料をご確認ください。

    5.各種様式

    配送数変更依頼書の様式

    間違い接種報告書の様式

    予診票送付時のワクチン接種実績報告書の様式

    新型コロナワクチン接種の予診票(1・2回目用)の様式

    新型コロナワクチン接種記録書の様式

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    このページの作成担当

    堺市新型コロナワクチン接種コールセンター

    電話番号:0570-048-567

    ファクス:072-275-5288

    このページの作成担当にメールを送る
    本文ここまで