このページの先頭です

本文ここから

小児(5~11歳)接種の概要

概要

小児接種の必要性について

新型コロナウイルス感染症のオミクロン株の流行に伴い、感染者全体に占める小児の割合が増えていることや、小児における中等症や重症例の割合は少ないものの重症に至る症例数が増加傾向にあることが報告されています(令和4年2月現在)。また、基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。
今後、様々な変異株の流行が想定されること、現時点において、特に重症化リスクの高い基礎疾患を有する5~11歳の小児に対して接種の機会を提供することが望ましいと考えられることから、厚生労働省の審議会で議論された結果、予防接種法に基づく接種に位置づけ、小児を対象にワクチン接種が実施されることとなりました。

小児(5~11歳)の接種の努力義務について

新型コロナワクチンの接種については、予防接種法第9条において「予防接種を受けるよう努めなければならない。」との規定があり、いわゆる「努力義務」と呼ばれていますが、義務とは異なります。接種は強制ではなく、最終的にはあくまでも、本人や保護者が納得した上で接種にご協力いただきたいという趣旨です。
このうち小児(5~11歳)の接種については、令和4年2月10日に開催された国の審議会において議論された結果、現時点では小児にこの規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、引き続き議論することが適当とされました。
その後、令和4年8月及び9月に開催された国の審議会において議論された結果、オミクロン株流行下での小児の感染動向や、追加接種のオミクロン株流行下における有効性及び安全性に関する知見等を踏まえ、「努力義務」の規定を適用することが適当とされ、令和4年9月6日から、小児(5~11歳)についてもこの規定が適用されることとなりました。
詳しくはこちらをご確認ください。

対象

■1・2回目接種
 市内に住民票がある5歳から11歳の方

■3回目接種
 市内に住民票がある5歳から11歳で、2回目接種から5カ月以上経過した方

  • 5歳になる方は、5歳の誕生日の前日から接種を受けられます。
  • 1回目の接種日時点で12歳の方(12歳の誕生日の前日を含む)は、12歳以上対象の1、2回目接種を受けてください。
  • 3回目の接種日時点で12歳の方(12歳の誕生日の前日を含む)は、12歳以上対象の接種(オミクロン株対応ワクチン)を受けてください。
  • 小児(5~11歳)接種の接種券は、12歳以上対象の接種を受ける場合も使用できます。
  • 1回目に小児(5~11歳)接種を受け、2回目接種を受ける前に12歳になった場合は、1回目と同様に小児(5~11歳)接種を受けてください。


※基礎疾患がある方について
慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方は、接種にあたってあらかじめかかりつけ医等とよく相談してください。 日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。

接種ワクチン・接種回数

 ワクチン接種回数接種間隔
1・2回目接種ファイザー社の小児用ワクチン2回

2回目接種:1回目接種から原則として3週間後(最短の場合で19日後)

3回目接種1回

2回目接種から、5カ月経過した日以降

  • 2回目・3回目の接種日を過ぎた場合は、できるだけ速やかに接種を受けてください。
  • 5~11歳が接種するワクチンの有効成分の量は、12歳以上が接種するワクチンの3分の1です。
  • 新型コロナワクチンと他のワクチンは、13日以上接種間隔をあけて(一方のワクチンを接種して14日後以降に)接種する必要がありますのでご注意ください。なお、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは、接種間隔をあける必要がなく、同時に接種することも可能です。

 

接種券

■1・2回目接種の方
 平成22年3月2日~平成29年12月1日までの生まれの方に、誕生日前月下旬に接種券を発送しました。
 平成29年12月2日以降生まれの方は、乳幼児(生後6カ月~4歳)接種用の接種券を発送しているため、小児(5~11歳)接種用の接種券の発送は行いません。
 ※乳幼児(生後6カ月~4歳)接種用の接種券は、5歳になった後もそのまま小児(5~11歳)接種用の接種券として使用できます。

■3回目接種の方
 令和4年5月31日以前に2回目接種を受けた方には、令和4年9月15日(木曜)に発送しました。
 それ以降に接種した方には、接種可能な月(2回目接種から5カ月となる月)の前月に接種券を発送します。

小児(5~11歳)接種の接種券と同封物

  • 接種券付き予診票
  • 予防接種済証
  • ワクチン接種のご案内
  • ワクチン説明書
  • 接種会場一覧

※接種券は予診票と一体になっています。

接種場所・予約方法

予約方法

接種場所予約方法

個別接種会場(医療機関)

各医療機関へ直接予約

集団接種会場(医療機関)

・LINE予約
・インターネット予約
・コールセンター予約

 ※詳しくはこちら

※接種を受ける際の注意事項は、こちらをご確認ください

接種場所

個別接種会場

小児(5~11歳)接種の接種場所は、12歳以上及び乳幼児(生後6カ月~4歳)の方の接種場所と異なりますのでご注意ください。
※令和4年12月7日現在の情報を掲載しています。

名称

所在地

電話番号

塚田内科クリニック

熊野町東3丁1-27

072-233-6933

あらたホームクリニック三国ヶ丘

向陵中町4丁3-10 SHINZAN ビル315号室

072-242-7998

みみはら高砂クリニック

高砂町4丁109-2

072-241-4990

長山整形・内科

戎島町3丁4

インターネット予約

にしきこどもクリニック

大浜南町2丁8-23

072-225-3535

なかしま内科クリニック

田出井町1丁1-208 ベルマージュ堺2階

072-282-6331

福島小児科中安井町1丁3-18072-222-3831
my clinic新町4-22 工電舎ビル3-B072-275-8082

田中医院

深井水池町3013

072-276-2323

ララランドクリニック

八田西町1丁422-2

072-273-6069

永田整形外科

八田北町461-5

072-276-1616

南波クリニック深井沢町3287072-276-1101
かなざきこどもクリニック土塔町3327072-289-3100
林小児科クリニック北野田345-4インターネット予約のみ

西

なかいホームケアクリニック

上野芝向ケ丘町6丁1-34 パルファン上野芝1階

072-276-4671

西

いしいこどもクリニック

上野芝町2丁3-18

インターネット予約のみ

西

河面医院

浜寺諏訪森町東3丁369-2

窓口予約のみ

西

おくだ耳鼻咽喉科

津久野町1丁8-18

072-260-3387

西

岡原クリニック

津久野町3丁27-50

072-267-5355

西

しまキッズクリニック

浜寺南町3丁2-1 浜寺メディカルスクエア2階

072-262-8788

西

樋上小児科

鳳東町2丁164-5

070-1808-7100

西

耳原鳳クリニック

鳳南町5丁595

072-275-0801

西楠本小児科菱木4丁1094-2窓口予約のみ

小児科八木医院

高倉台3丁3-2

インターネット予約のみ

山口こどもクリニック

鴨谷台2丁1-5 サンピア2番館2階

072-295-7270

小川クリニック

高尾2丁448

072-271-0071

ミノヤマ耳鼻咽喉科

槇塚台1丁11-2

インターネット予約のみ

あかざわ小児科御池台3丁2-4072-297-7771

西川医院

金岡町893

072-252-8565

大阪ろうさい病院

長曾根町1179-3

072-252-3561

たけなかキッズクリニック

長曾根町1467-1 メディカルエイトワンビル2階

インターネット予約

なかの医院

東三国ケ丘町5丁7-5

インターネット予約のみ

美原

森クリニック

大保16-1

インターネット予約

 ※接種場所は変更となる場合があります。

集団接種会場(医療機関)

小児用(5~11歳)接種の接種場所は、12歳以上及び乳幼児(生後6カ月~4歳)の方の接種場所と異なりますのでご注意ください。

名称

所在地

清恵会病院

南安井町1丁1-1

西

堺市立総合医療センター

家原寺町1丁1-1

堺咲花病院原山台2丁7-1

※接種場所は変更となる場合があります。

接種の流れ

接種できる医療機関や会場を確認し、予約する

予約した日時に医療機関や集団接種会場で接種を受ける

以下のものを持参し、予約した医療機関や会場で接種を受けてください。

■接種時に必要なもの
1.接種券付き予診票
2.予防接種済証
3.本人確認書類(健康保険証等)
4.母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴を管理しているため)

  • 上記を持参されない場合、接種は受けられません。
  • 普段、薬を服用されている方は、お薬手帳があれば一緒にお持ちください。
  • 基礎疾患等がある方は、事前にかかりつけ医に相談し、母子健康手帳等に接種の可否を記入してもらってください。
  • 予防接種済証は接種を受けた証明になりますので、大切に保管してください。

保護者の同伴と署名が必要です

  • 接種を受ける場合、保護者の同伴が必要です。また、予診票に保護者の署名が必要です。署名がなければワクチンの接種は受けられません。

※保護者とは、親権を行う者(父母、養親)および後見人です。それ以外の方は保護者に該当しません。

接種後に気を付けていただきたいこと

  • 接種後数日以内は、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等の症状がみられることが多いため、このような症状に注意してください。
  • 海外では、ごくまれに、接種後に軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。接種後4日程度の間に、胸の痛みや動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診し、ワクチンを接種したことを伝えてください。
  • ワクチンの効果は100%ではありませんので、接種後も引き続き、基本的な感染対策の継続をお願いします。

ワクチン接種に伴う市立小・中学校の児童生徒の出欠等の取扱い

市立の小・中学校の児童生徒が、ワクチン接種を受ける場合の出欠等の取扱いについては、 こちらをご確認ください

接種の効果と副反応

小児(5~11歳)接種の効果と副反応については、こちらをご確認ください
接種や副反応に関する相談については、こちらをご確認ください。 

接種実施期間

特例臨時接種実施期間は、令和5年3月31日までです。

このページの作成担当

堺市新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:0570-048-567

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで