このページの先頭です

本文ここから

自宅療養者へのパルスオキシメーターの貸し出しについて

更新日:2022年6月21日

堺市では、新型コロナウイルス感染症患者のうち、自宅療養となった方に対して、患者の健康状態や症状の変化を迅速に把握するため、 パルスオキシメーターを無償で貸し出しています。
※パルスオキシメーターは、堺市から貸し出しているものになりますので、ご使用後は、堺市へすみやかにご返却をお願いいたします。

対象者

新型コロナウイルス感染症が陽性となり堺市内にお住まいの方で、配送予定日まで療養期間の継続が見込まれる自宅療養の方でパルスオキシメーターをお持ちでない方のうち、40歳以上の方、本市が必要と認める方、もしくは貸し出しをご希望される方。(入院待機、宿泊療養待機の方を含みます)

健康観察等の内容

堺市保健所が実施する健康観察時において、体温とあわせてパルスオキシメーターで測定したSpO2(酸素飽和度)を、スマートフォン等端末での入力(My HER-SYS)、または、自動架電(HER-SYS)等で確認します。

パルスオキシメーターについて

パルスオキシメーターは、血中の酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。

利用しているパルスオキシメータの例

堺市で貸し出ししているパルスオキシメーター


パルスオキシメーターの使い方

スイッチボタンを押す

ボタンを押して、電源を入れてください。

パルスオキシメーターのスイッチボタンを押す

※機種によっては、指を挟むだけで電源が入り、測定が開始されるものもあります。

人差し指を測定部に入れる

パルスオキシメーターのばね部分をつまんで測定部をひらきます

ばねの部分をつまんで測定部を開いている写真

人差し指を、発光部に爪があたるよう、機器の奥までしっかり入れてはさんでください。

パルスオキシメーターの受光部と発光部

人差し指を機器の奥まで入れてはさむ


測定は自動的に始まりますので、そのまま20~30秒お待ちください。

指をはさむと自動的に測定が始まります


数値を読む

パルスオキシメーターの表示部の読み方

数字の動きがおだやかになってきたところで数値を読んでください。
%SpO2と表示されているところが、測定した血中の酸素飽和度になります。
※ 血中の酸素飽和度(SpO2)の数値が95%以下になった場合は、すぐに堺市保健所までご連絡ください。

使用上の注意

  • 測定は座って行い、測定中は指を動かさないでください。
  • あらかじめ爪は切っておいてください。
  • マニキュアやジェルネイルをしていると正確に測れない場合があります。マニキュアをされている場合は、除去してください。
  • 指先が冷えている場合は、手を温めてから測定してください。

 

パルスオキシメーターの返し方

レターパックプラスに梱包したパルスオキシメーターを入れ、 療養解除から4日後にお近くの郵便ポストに入れるか、郵便局の窓口へご提出ください。

次の方へ引き続き利用いただくものですので、すみやかにご返却いただきますよう、ご協力お願いいたします。

※ 返却用レターパックプラスは、パルスオキシメーターを堺市から送付する時に同封しています。


堺市へ返却するもの

パルスオキシメーター

返却するパルスオキシメーター


返却する時に使うもの(梱包材)

チャック付きビニール袋

チャック付きビニール袋の画像


袋状の緩衝材 (プチプチでできた袋)

袋状の緩衝材の画像


レターパックプラス

レターパックプラスの画像


パルスオキシメーターの清掃のしかた - パルスオキシメーターを返していただく前に -

次に使用する方のためにも、本機器は丁寧に取扱いいただき、清掃・消毒のご協力をお願いいたします。

  1. 機器の本体から電池をはずしてください。
  2. 消毒液を含ませた脱脂綿、または柔らかい布できれいに拭いてください。   
  3. よく乾燥させてください。

※ パルスオキシメータの清掃の際は、機器の内部に消毒液などの水分が入らないよう、十分にご注意ください。

パルスオキシメーターの
清掃に利用できる消毒薬

エタノール (70%程度) 等

パルスオキシメーターの梱包について (レターパックプラスにパルスオキシメーターを入れる方法)

  1. きれいに拭いたパルスオキシメーターを、チャックつきビニール袋に入れ、袋の中の空気を抜いて、チャックを閉じる。

    チャック付きビニール袋に入ったパルスオキシメーター


  2. パルスオキシメーターを入れたチャックつきビニール袋を、袋状の緩衝材(プチプチでできた袋)に入れる。

    袋状の緩衝材に入ったパルスオキシメーター1

    袋状の緩衝材に入ったパルスオキシメーター2


  3. パルスオキシメーターを入れた袋状の緩衝材(プチプチでできた袋)を、レターパックプラスに入れ、裏面を閉じる。

    レターパックプラスに入ったパルスオキシメーター


※ レターパックプラスの裏面は、口が開いてこないようにしっかりと閉じてください。

返却の方法について

郵送で返却する (レターパックプラスをつかう)

レターパックプラスに、上記の方法で梱包したパルスオキシメーターを入れ、お近くの郵便ポスト、または、郵便局の窓口へご提出ください。

レターパックプラスでの返却方法


返却用レターパックプラスは、パルスオキシメーターを堺市から送付する時に同封しています。

堺市保健所の窓口へ直接もっていく

自宅療養解除後に、パルスオキシメーター使用しなかったレターパックプラスをお持ちになって、堺市役所 本館6階堺市保健所 感染症対策課まで、お越しください。
【参考】 パルスオキシメーターの返しかた (PDFファイル)(PDF:615KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで