このページの先頭です

本文ここから

市長からのメッセージ(令和4年1月26日)

更新日:2022年1月26日

新型コロナウイルスの感染力が大変強い「オミクロン株」の急激な拡がりにより、1月27日から大阪府が「まん延防止等重点措置」の適用区域に追加されることになりました。

このことを受けて昨日(1月25日)、「堺市新型コロナウイルス対策本部会議」を開催し、市の対応方針について協議しました。

更なる感染拡大にも対応するための保健所の体制強化や健康観察の重点化、医療機関・医療従事者の皆様との確実な連携などによって、市民の皆様の命と健康を守るために市として人事を尽くします。

新規陽性者数に応じて保健所の体制を強化します。1月24日現在で270人体制のところ、新規700人を超えた場合には、合計で450人の体制とします。

適時適切に医療につなぐため、医師会、医療関係機関と協力して効果的なネットワークを構築します。

また、感染した際に命に危険が及ぶことを防ぐために、市独自に前倒ししているワクチンの追加(3回目)接種も、さらに1カ月前倒しをします。引き続き、多くの皆様のご協力をいただき、迅速に接種を進められるように注力します。

2回目接種日からの経過期間について、65歳以上のかたは、7カ月以上だったところを6カ月以上に、18歳以上64歳以下のかたは8カ月以上だったところを7カ月以上に前倒しします。新たに前倒し対象者となった方へ、2月7日から順次接種券を発送します。


現在の市内の感染状況は、日々陽性判明する方の急増に加えて感染経路不明の事例も大変多く、まだ増加傾向が続くものと予想されます。

大阪府に「まん延防止等重点措置」が適用された今、ここからさらに長期的に感染拡大が続くのか、それとも遠くないうちに減少傾向に転じさせることができるのか非常に重要な局面と考えています。

皆様ご自身の健康はもちろん、ご家族やご友人など周りの大切な方々、そして社会を守るためにも、感染対策へのより一層の強い意識と行動をお願いします。


感染リスクが高まる場面を意識し、特に会話の際のマスクなど基本的な感染対策を徹底してください。また、子どもの感染も増えています。子どもたちを守るため、大人が率先して感染防止を徹底してください。

このページの作成担当

危機管理室 危機管理課

電話番号:072-228-7605

ファクス:072-222-7339

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで