このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

市長からのメッセージ(令和3年7月31日)

更新日:2021年7月31日

現在、大阪府を対象に「まん延防止等重点措置」が適用されていますが、7月中旬以降の感染拡大を受けて、8月2日から31日まで「緊急事態宣言」が出されることが決定しました。

堺市内でも6月中旬から7月上旬までは日々の新規陽性者数が10人を下回る日が続いていましたが、7月中旬以降は増加傾向となり、昨日(7月30日)は56人に上るなど、感染拡大のスピードが増しています。

府内の病床使用率は昨日時点で重症の確保病床が12.9%、軽症・中等症の確保病床が35.5%と、ワクチン接種を進めている効果もあって現在のところは第4波の時ほどのひっ迫は見られていません。しかしその数値も上昇傾向であり、新規陽性者が大幅に増えていることから今後はワクチン未接種の40歳代や50歳代の方をはじめ30歳代以下の若い方の入院が増えることが懸念されます。

堺市のワクチン接種については、予定通り8月2日から40歳代の方に対象年齢を広げます。(基礎疾患がある方はすでに全年代で接種していただけます)

また、30歳代の方は8月30日からを予定していますが、まだスケジュールを公表していない20歳代以下の方も併せて、国からのワクチン供給量を慎重に見極めながらも可能な限り早期に接種していただけるように実施します。

緊急事態宣言の大阪府への発出は今回が4度目です。

市民の皆様、市内事業者の皆様をはじめ多くの方々に長期間にわたって大変なご負担が生じていることと思います。

堺市は、皆様の命と健康をお守りするために、これまで以上に新型コロナウイルス感染症に対応する体制を強化して臨みます。

そして、感染拡大を早期に抑え込み、皆様ご自身と大切な方を守り、安心して過ごせる日常を取り戻すためには皆様の一層のご協力が必要です。

生活必需品の購入等どうしても必要な場合以外の不要不急の外出はせず、夏休みの旅行やお盆の帰省もお控えいただいて、感染対策を徹底してお過ごしくださいますように心よりお願いいたします。 

緊急事態措置に伴う本市の対応(8月2日から8月31日)

令和3年7月31日
堺市長 永藤 英機

このページの作成担当

危機管理室 危機管理課
電話:072-228-7605 ファックス:072-222-7339
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長からのメッセージ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る