このページの先頭です

本文ここから

ご自身や身近な方が新型コロナウイルスに感染したら

更新日:2022年9月28日

  • まだ陽性かわからない(検査を受けていない)方はこちら
  • 医療機関を受診して、陽性と診断された方はこちら
  • 自宅で検査キットを使って陽性になったなど、まだ医療機関を受診していない方はこちら

新着情報

  • 【重要なお知らせ】令和4年9月26日(月曜日)から、医療機関から保健所への新型コロナウイルス陽性者の発生届の届出対象が、「65歳以上の方」「入院を要する方」「基礎疾患等の重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方」「妊婦の方」のいずれかに該当する方に限定されました。詳しくはこちら
  • 大阪府において、 軽症者を対象に検査キットの無償配布や陽性者登録センターの開設等を実施しています。対象の方はぜひご活用ください。対象・手続き等についてはこちらをクリックし、開いた先のページの(8)から(9)までの内容をご確認ください。
  • 救急車の利用について掲載しました。詳しくはこちら

よくあるご質問(Q&A)

該当するご質問を押して内容をご確認ください。また、その他のご質問も含めて一覧をこのページ下部に掲載しております。お電話にてお問合せいただく前にぜひ一度ご確認ください。

各種情報のご案内

陽性と診断された後の流れ

令和4年9月26日(月曜日)から、医療機関から保健所への新型コロナウイルス陽性者の発生届の届出対象が、次の方に限定されました。
医療機関で陽性と診断された方のうち、(1)~(4)のいずれかに当てはまる方が、発生届の届出対象です。
(1)65歳以上の方
(2)入院を要する方
(3)基礎疾患等の重症化リスクが(※1)あり、かつ、新型コロナ治療薬(※2)の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方
(4)妊婦の方
(※1)重症化リスク:悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下
(※2)新型コロナ治療薬:中和抗体薬(ゼビュディ、ロナプリーブ)、抗ウイルス薬(ラゲブリオ、ベクルリー、パキロビッド)、免疫抑制・調整薬(トシリズマブ、バリシチニブ、ステロイド薬)
医療機関で陽性と診断された方のうち、(1)~(4)のいずれにも該当しない方は、「届出対象外患者」であり、診断した医療機関から保健所へ発生届は提出されず、保健所からの連絡もありません。
「届出対象外患者」の方は、療養期間中のフォローのため、患者ご本人から大阪府の「陽性者登録センター」へのご登録をお願いします。
大阪府の「陽性者登録センター」はこちら

発生届出や大阪府の「陽性者登録センター」への登録の有無による違い
  発生届の対象者 届出対象外患者
 

(1)65歳以上の方

(2)入院を要する方

(3)基礎疾患等の重症化リスクが(※1)あり、かつ、新型コロナ治療薬(※2)の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方

(4)妊婦の方

大阪府の
「陽性者登録センター」
登録した場合

大阪府の
「陽性者登録センター」
登録しない場合

外出自粛要請
保健所からのSMS送信・健康観察


(生活支援情報の送信を検討中)

×
保健所からの自宅療養等応援パック配布の申込み
(条件あり)

(条件あり)
×
保健所からのパルスオキシメーター貸与の申込み ×
保健所からの電話連絡


(65歳から74歳までの方は、重症化リスクが複数ある方のみ)

× ×
医療費公費負担(大阪府ホームページ)
保健所の療養証明書


(原則、My HER-SYSでの療養証明書)

× ×
宿泊療養

×
入院療養


(症状による)


(症状による)


(症状による)

外来医療・往診(大阪府ホームページ)
陽性者として行政が把握・
統計にカウント


(大阪府が把握・カウント)

×

フローチャートをご確認ください

新型コロナ陽性と診断された後の流れ(保健所からの連絡や療養についてフローチャート)を掲載しています。

まだ陽性かわからない(検査を受けていない)方はこちら

医療機関を受診して、陽性と診断された方はこちらをご覧ください。

自宅で検査キットを使って陽性になったなど、陽性になったが医療機関を受診していない方は、こちらをご覧ください。

自宅療養中で、医療機関を受診したい場合、夜間・休日・保健所につながらない際の体調悪化時の相談や宿泊療養を希望する場合

大阪府において、自宅待機者・自宅療養者からの緊急相談に24時間対応するためのサポートセンター「自宅待機SOS」を開設されています。届出対象者の方、届出対象外患者の方いずれも利用することができます。
※「自宅待機SOS」は、原則、発生届の対象者と、「陽性者登録センター」登録者 に対応しています。
届出対象外患者の方で、まだ「陽性者登録センター」への登録がお済みでない場合は、電話口で、陽性者であることをお伝えください。
大阪府ホームページ(自宅療養者支援サイト)(別のウィンドウが開きます)
(リーフレット)自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)(PDF:629KB)

保健所からの連絡について

保健所からの連絡は、医療機関から保健所へ発生届が提出された方(届出対象者)にのみ行います

発生届の対象者の方へ

診断した医療機関から保健所へ発生届が提出されてから、SMSを活用した療養に関する情報発信に加え、65~74歳の方のうち重症化リスクの複数ある方、75歳以上の方、 妊婦の方へは、電話連絡を行います。
医療機関から提出されている発生届の内容を元に、保健所が療養方針を決定いたします。ご連絡するまでに時間を要する場合がありますがご理解ご協力をお願いいたします。
なお、保健所からの連絡は携帯電話(先頭が090や080など)の番号からとなる場合がございます。ご心配をおかけしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

発生届の届出対象外患者の方へ

発生届の提出されない方(届出対象外患者)には保健所からの電話やショートメッセージサービス(SMS)による連絡は行いません。「届出対象外患者」の方は、療養期間中のフォローのため、患者ご本人から大阪府の「陽性者登録センター」(リンクはこちら)へのご登録をお願いします。また、「大阪府自宅療養者支援サイト」(リンクはこちら)をご覧頂き、ご自身で体調管理を行いながら自宅療養をお願いいたします。

SMS(ショートメッセージサービス)による情報発信

陽性と診断され医療機関から発生届が提出された方のうち、保健所が携帯電話番号を把握できている方(医療機関から提出される発生届に携帯電話番号の記載がある方)に対し、SMS(ショートメッセージサービス)を活用した療養に関する情報発信を行っております。

メッセージ内容(例)

HER-SYS ID:(※対象者に応じたIDが表示されます)
堺市保健所です。
新型コロナウイルスに感染された方へ医療機関から届出のあった電話番号に送付しています。なお、保健所から電話連絡があった方は、保健所からお伝えする内容を優先してください。
〇 有症状の方の療養期間は、発症日を0日目とし、その翌日から7日間となります。この場合、症状が軽快して24時間経過していれば、8日目から療養解除になります。
〇 無症状の方は、検体採取日を0日目とし、7日間を経過した場合に8日目から療養解除になります。なお、5日目に検査キットで陰性であった場合は、6日目に療養解除となります。
〇 有症状で症状軽快から24時間経過した方又は無症状の方の外出について、感染予防を徹底した上で、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出が可能です。
〇 詳しくは堺市ホームページ (短縮URL記載 ※現在ご覧頂いているこちらのページ)を参考に自宅療養をお願いします。
〇 自宅療養中に医療機関を受診したい場合や、夜間休日に体調が悪化し健康相談を希望する場合、宿泊施設での療養を希望する場合は、大阪府ホームページ(短縮URL記載)を参考にご連絡ください。
〇 療養証明書類が必要な方は療養期間終了後に堺市ホームページ(短縮URL記載)から申請してください。
My HER-SYS(厚生労働省提供のシステム)から療養証明書を表示することができます。(診断日が令和4年9月25日以前のみなし陽性の方は対象外です)(短縮URL記載)

 

注意事項

発生届出対象の方で、医療機関で陽性と診断されてから3日経ってもSMSが届かない場合は、お手数をおかけし申し訳ございませんが保健所にご連絡ください。

自宅療養について

ご自宅で療養される方に安心してお過ごしいただく為、療養期間中に必要な情報や気を付けていただきたいポイントについてまとめましたので、以下のリーフレットをご覧ください。
ご自宅で療養される方・同居の方へ(リーフレット)(PDF:1,335KB)

ご自宅で療養されるにあたり

新型コロナウイルスのオミクロン株の感染では、発熱、鼻汁、頭痛、倦怠感(だるさ、疲れ)、咽頭痛などの感冒様症状(いわゆる風邪のような症状)が多く報告されています。

のどの痛みなどもあり、食事や水分がとりづらい中で、発汗や冷房使用中の部屋の乾燥などによる脱水(水分不足)にも気を付けていただくため、経口補水液をこまめに飲む、氷を口に含むなど積極的な水分補給を心掛けてください。
食事によって栄養とともに水分補給ができますので、可能な方は無理のない範囲で食事をとることも大切です。
なお、療養中の症状に関し、ご不安やお悩みがあるときは、かかりつけ医や保健所、以下に示す自宅待機SOSなどにご相談ください。

日頃からの備えとして、ご本人様だけでなく周囲の方を含め次のページ(救急関連)や救急車利用に関する資料をご確認いただき、救急車の利用について知っておくことも大切です。

自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)について

大阪府では、自宅待機者・自宅療養者からの緊急相談に24時間対応するためのサポートセンター「自宅待機SOS」を開設されています。
届出対象者の方、届出対象外患者の方いずれも利用することができます。
※「自宅待機SOS」は、原則、発生届の対象者と「陽性者登録センター」登録者 に対応しています。
届出対象外患者の方で、まだ「陽性者登録センター」への登録がお済みでない場合は、電話口で、陽性者であることをお伝えください。
大阪府ホームページ(自宅療養者支援サイト)(別のウィンドウが開きます)
(リーフレット)自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)(PDF:629KB)

◆以下の場合は自宅待機SOSへ連絡を!!!

  • 自宅療養中の夜間・休日に体調が悪化し、健康相談したい
  • 自宅療養中に医師の診察を受けたいので医療機関を紹介してほしい
  • 宿泊施設での療養を希望する

【自宅待機SOSの連絡先】
電話番号:  0570-055221(全日24時間受付)
※通話料はご相談者様の負担となります。ナビダイヤルでのご案内となります。

外来診療、往診等を行う医療機関をお探しの場合

外来診療、往診等に対応する医療機関をこちらのリンク先(大阪府ホームページ)で掲載しています。
自宅療養者の方は各自でご確認いただき、医療機関へ必ず受診予約を事前に行ってください。

中和抗体薬の投与をご希望される場合

中和抗体薬の投与をご希望される場合は、「府民向け 抗体治療医療機関受診について(大阪府ホームページ)」をご確認ください。

自宅療養者へのパルスオキシメーターの貸出について

堺市では、新型コロナウイルス陽性者のうち自宅療養となった方に対して、患者の健康状態や症状の変化を迅速に把握するため、パルスオキシメーターを無償で貸し出しています。
詳しくはこちらのリンク先をご確認ください。

家庭内感染防止のため注意いただきたいこと

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人(もしくは感染した人)がいる場合、同居のご家族はこちらのリンク先をご確認ください。

【元のページにもどる】

宿泊療養について

宿泊療養となった場合、大阪府が準備する宿泊療養施設で療養いただきます。
各宿泊療養施設の設備や持ち物の例については、下記リンク先からご確認ください。

大阪府ホームページ 宿泊療養者の皆様へ (別のウィンドウが開きます)

【元のページにもどる】

入院療養について

医療機関に入院される場合の詳細については、保健所から陽性者ご本人に個別に連絡します。

新型コロナウイルス感染症の患者と接触した方などへ

保健所から濃厚接触者の方への連絡や、検査の案内はありません。
下記のリーフレット等を参考に、不要不急の外出を避け、ご自身の体調管理に努めていただきますようお願いいたします。
「新型コロナウイルスの患者さんと接触された方などへ」(リーフレット) (PDF:207KB)
 

濃厚接触者の待機期間

・感染者の発症日(当該感染者が無症状の場合は検体採取日)または
・感染者の発症等により住居内で感染対策を講じた日
上記のいずれか遅い方を0日目として、5日間待機(6日目解除)とします。
また、2日目及び3日目に抗原定性検査キットを用いた検査でいずれも陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除可能とされています。
※ただし、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認をお願いします。また、その間は重症化リスクの高い方との接触や会食等を避け、感染対策をお願いします。

定められた待機日数を経過した場合に終了となります。待機期間終了時や抗原定性検査キットでの陰性確認による解除にあたり、保健所にご確認いただく必要はありません。

注意事項

  • 陽性者と同居しているすべての方は濃厚接触者となります。
  • 濃厚接触者の待機期間を証明する公的な書類はありません。
  • 新型コロナウイルス感染症の患者と接触した方で、症状がある場合は、かかりつけ医などの身近な医療機関にお電話等でご相談ください。

診療・検査医療機関 公表一覧(大阪府ホームページ)
発熱患者の診療・検査が可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として大阪府が指定しています。
大阪府医療機関検索システム
お近くの医療機関はこちらから検索できます。
濃厚接触者の方へ(大阪府ホームページ)

【元のページにもどる】

事業所における新型コロナウイルス感染症急拡大時の対応

陽性者の方が医療機関や一般事業所に勤務されている場合は、保健所からの調査を待たず速やかに勤務先へ報告をしていただくとともに、事業所の皆様はこちらのページ(別サイトへ移動します。)に沿ってご対応をお願いいたします。

陽性者や濃厚接触者の社会復帰にあたり陰性確認や陰性証明書を求めないようお願いします。

新型コロナウイルスは、必要な療養(待機)期間が経過すると感染性が極めて低くなるとされており、 社会復帰するときは、陰性確認のための検査や証明書は必要ありません。濃厚接触者の方で待機期間を終了した方も同様です。
国においても、医療機関等の負担を軽減するため社会復帰のための陰性確認や陰性証明書の発行を求めないよう周知を図ることとしています。
医療機関等の負担を軽減し、療養(待機)を終えた方が安心して社会復帰できるよう、事業者などの皆様のご協力をお願いします。

【元のページにもどる】

新型コロナウイルスに関する不安等を抱える市民の皆様へ

新型コロナウイルスにかかわらず、ウイルス等への感染は、普段の生活の中で起こることであり、あなたのせいで感染したわけではありません。
新型コロナウイルス感染について、ご自身のことを責めたり、周囲の反応に胸をいためたりしていませんか。また、移動等が制限されていることで、様々な問題が生じ疲れていませんか。
思いがけない経験をすると、私たちは動揺し、気持ちやからだや考え方に様々な影響が出ます。
これらの状態は、自然に回復していくことがほとんどですが、「つらい気持ちを誰かに話す」、「相談する」ことでつらさが和らぐことがあります。お一人で抱え込まず、ご相談ください。
新型コロナウイルス感染症に関するこころのケアについてはこちらのリンク先をご覧ください

【元のページにもどる】

新型コロナウイルス感染症の後遺症に関するご相談について

新型コロナウイルス感染症の治療や療養終了後、呼吸苦や味覚・嗅覚の異常等、後遺症にお悩みの方は、堺市新型コロナ受診相談センターにお問合せください。

堺市新型コロナ受診相談センター

※お問合せの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願いします。
【電話番号】072-228-0239
【FAX番号】072-222-9876
【受付時間】
(月曜から金曜)午前9時から午後8時
(土曜・日曜・祝日)午前9時から午後5時30分
 上記以外の時間帯については、緊急のご相談のみ対応いたします。自動アナウンスにてご案内します。

【元のページにもどる】

よくあるご質問(Q&A)

Q
陽性と診断された際の療養期間、濃厚接触者となったときの待機期間はいつまで?
A

陽性と診断された際の療養期間は原則、次のとおりです。

1.症状のある方(有症状者)で、入院中でなく、高齢者施設入所中でもない方

・発症日を0日とし、そこから7日後までが療養期間です。
・ただし、10日間経過するまでは、検温などご自身による体調管理や、高齢者等重症化リスクの高い方
 との接触、高齢者施設等のハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や
 会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

療養期間1


(例)発症日が9月26日の場合、10月3日までが療養期間、10月4日で療養解除となります。 
 

2.症状のある方(有症状者)で入院中の方や高齢者施設入所中の方

  • 発症日を0日とし、そこから10日後までが療養期間です。

 

療養期間2


(例)発症日が9月26日の場合、10月6日までが療養期間、10月7日で療養解除となります。 

3.症状のない方(無症状者)

・検体採取日を0日とし、そこから7日後までが療養期間です。
 ただし、5日目に検査キットで陰性であれば5日後までになります。
・7日間経過するまでは、検温などご自身による体調管理や、高齢者等重症化リスクの高い方との接触、
 高齢者施設等のハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を
 避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
・無症状の方が、療養期間中に発症した場合は、発症日を0日とし、そこから7日(もしくは10日)後まで
 が療養期間です。

療養期間3


(例)検体採取日が9月26日の場合、10月3日までが療養期間、10月4日で療養解除となります。
   ただし、5日目に検査キットで陰性であれば6日目の10月2日で療養解除となります。
 
療養期間の確認は、下の「療養期間確認表」でも確認ができますのでご活用ください。

療養期間確認表(エクセル:15KB)
(有症状の方は発症日、無症状の方は検体採取日を入れていただくだけで療養期間の確認ができます。)

 

注意事項

・市販の抗原検査キットを利用する際は、国が承認したことを示す「体外診断用医薬品」又は
「第1類医薬品」と表示されたものを購入してください。「研究用」と表示されたものは、国が
 承認したものではないのでご注意ください。
・療養期間終了後に保健所へ御確認いただく必要はありません。

濃厚接触者の待機期間は原則、次のとおりです。

濃厚接触者となった場合の待機期間は、陽性者と最後に接触のあった日から5日間(6日目解除)です。
同居の方が陽性者である場合は、「陽性者の発症日(当該陽性者が無症状の場合は検体採取日)」または
「陽性者の発症等により住居内で感染対策を講じた日」のいずれか遅い方を0日目として、5日間(6日目
解除)となります。
また、2日目及び3日目に抗原定性検査キットを用いた検査でいずれも陰性を確認した場合は、社会機能
維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除可能です。
ただし、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認をお願いします。
また、その間は重症化リスクの高い方との接触や会食等を避け、感染対策をお願いします。

新型コロナウイルス感染症の患者さんと接触された方などへ(PDF:207KB)(リーフレット)

注意事項

・濃厚接触者の待機期間を証明する公的な書類はありません。
・待機期間終了時や抗原定性検査キットでの陰性確認による解除にあたり、
 保健所にご確認いただく必要はありません。
・濃厚接触者の待機期間については上記リーフレットでご確認ください。
                           【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
自身で用意した抗原検査キットで陽性と結果が出たがどうすればいいですか?
A

フローチャートをご確認ください。

発生届の対象者※の場合

※「65歳以上」「入院を要する方」「基礎疾患等の重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方」「妊婦の方」
診療・検査医療機関を受診してください。医療機関から保健所へ発生届が提出されます。
かかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。身近な医療機関の検索はリンク先でできます。住所等で検索もできますのでご活用ください。
診療・検査医療機関 公表一覧(大阪府ホームページ)
(※医療機関を受診した結果、発生届の届出対象外となった場合は、大阪府の「陽性者登録センター」(リンクはこちら)に登録をお願いします。)
・医療機関から渡された検査キットで陽性になった場合は、当該医療機関にご連絡ください。

発生届の対象者ではない方の場合

大阪府の「陽性者登録センター」(リンクは こちら)に登録をお願いします。

注意事項

市販の抗原検査キットを利用する際は、国が承認したことを示す「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」と表示されたものを購入してください。「研究用」と表示されたものは、国が承認したものではないのでご注意ください。

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
自宅療養で食料がなく、支援してくれる人もおらず宅配サービス等の利用もできないため食料品の支援が欲しい
A

令和4年9月7日から、療養されている方のうち、「無症状の方」または「症状があるが症状軽快から24時間経過した方」は、外出時や人と接する際は短時間とし、公共交通機関を使用せず、必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しを行うなど必要最小限の外出をすることが可能となりました。
自宅療養等応援パック(食料品等)の対象者は、発生届の提出されている発生届対象者か、届出対象外患者で大阪府の「陽性者登録センター」(リンクはこちら)への登録が終わっていることなどの他、いくつか条件がございます。
手続きや対象者については、 こちらのページをご覧ください。

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
療養を終えたので新型コロナウイルスにかかった証明書が欲しい、My HER-SYS(マイハーシス)にログインできない
A

新型コロナウイルス感染症に感染し、医療機関から発生届が提出されている方へ、療養証明書の発行を行っております。
令和4年9月26日(月曜日)から、発生届の届出対象が、「65歳以上」「入院を要する方」「基礎疾患等の重症化リスクがあり、かつ、コロナ治療薬の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方」「妊婦の方」のいずれかに該当する方のみに限定されました。

上記に該当しない方(届出対象外患者)

保健所からの証明書やMy HER-SYS(マイハーシス)による証明書は発生届に基づくものであり、発生届が保健所へ届出されていない方には発行されません。
また、発生届の届出対象者ではないのに医療機関から発生届が提出された場合は、発生届取下げの対応となり、この場合も保健所からの証明書は発行されません。
また、会社等の事業所の皆様へ、医療機関等の負担を軽減するため社会復帰のための陰性確認や陰性証明書の発行を求めないようお願いしているところです。
これは全国的な取扱いであり、ご理解いただきますとともに、証明書の提出予定先(会社・保険会社など)には、上記をお伝えいただきますようお願いいたします。

発生届の対象者の方

お急ぎの方は厚生労働省所管の「My HER-SYS」において即日発行が可能(みなし陽性※の方で、令和4年9月25日以前に診断された方は除く。)ですのでご利用ください。
証明書の発行やMy HER-SYSのログインなどについて詳しくは、こちらをご確認ください。
※みなし陽性とは、医師が患者の症状や同居家族の感染状況等から検査を実施せずに新型コロナウイルス陽性者と診断した方のことを言います。

注意事項

My HER-SYSを利用する際に必要となるHER-SYS ID(ハーシスID)は、SMS(ショートメッセージサービス)で堺市からメッセージが届いた方であれば、そちらに記載されておりますのでご確認ください。
7桁または8桁の数字がHER-SYS IDです。

My HER-SYS(マイハーシス)

My HER-SYSの操作方法等についてわからない場合は、次の窓口にお問い合わせください。
  【一般専門窓口(厚生労働省)】
電話番号:03-6885-7284 または 03-6812-7818
受付時間:9時30分から18時15分(土日祝除く)

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
咳やのどの痛みがあり医療機関を受診したいがどうすればいい?
A


・令和4年9月28日から、新たに「大阪府検査キット配布センター」を設置しました。
大阪府内在住で、10~64歳で症状があり、重症化リスクに該当する基礎疾患等もなく、妊娠していない方であれば、申し込むことができます。希望される方は「大阪府検査キット配布センター」(リンクはこちら)からお申し込みください。
なお、小児、高齢、妊婦の方や重症化リスクの高い方は診療・検査医療機関を受診してください。

・その他の方は、かかりつけ医や身近な医療機関にご相談ください。また、医療機関の検索は次のページをご利用ください。
診療・検査医療機関 公表一覧(大阪府ホームページ)
発熱患者の診療・検査が可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として大阪府が指定しています。

・受診や療養などの流れについてはこちらをご確認ください。

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
自分は濃厚接触者になりますか?
A

陽性となった方は、発症日2日前の接触(無症状の方は検体採取日の2日前の接触)から療養終了日までは周囲の方に感染させる可能性があります。
この期間に接触した方のうち、次の範囲に該当する方は濃厚接触者(※濃厚接触の可能性のある方も含む)となります。詳しくはこちら(大阪府ホームページ)

  1. 陽性者と同居、あるいは長時間(1時間以上)の接触(車内・航空機など)があった人
  2. 手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策(マスクなど)なしで15分以上話をした人

なお、保健所から濃厚接触者の方への連絡や、検査の案内はありません。下記のリーフレットを参考に、不要不急の外出を避け、ご自身の体調管理に努めていただきますようお願いいたします。
「新型コロナウイルスの患者さんと接触された方などへ」(リーフレット) (PDF:207KB)

濃厚接触者の待機期間については、こちらをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の患者と接触した方で、症状がある場合は、かかりつけ医などの身近な医療機関にお電話等でご相談下さい。
診療・検査医療機関 公表一覧(大阪府ホームページ)
発熱患者の診療・検査が可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として大阪府が指定しています。

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
陽性と診断されたが、数日経っても保健所から連絡(SMS)が届かない
A

保健所からは、発生届対象者の方にのみ、SMS(ショートメッセージサービス)をご案内しております。
お手数をおかけし申し訳ございませんが、SMSの内容等についてはこちらに記載しておりますのでご確認頂き、ご自身で体調管理を行いながら自宅療養をお願いいたします。

自宅療養中に気を付けていただきたいことについて、 リーフレット(自宅で療養される方・同居の方へ)(PDF:1,335KB)にまとめておりますのでご確認下さい。

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
無料検査場で検査し陽性と言われたがどうすればいい?
A
  • 無料検査場での検査で陽性となり、医師により新型コロナウイルス陽性者と診断され、発生届の対象者※であった場合には、発生届が保健所に提出されます。発生届が提出された場合はその届出られた情報をもとにSMS(ショートメッセージ)等でご連絡させて頂いております。※「65歳以上」「入院を要する方」「基礎疾患等の重症化リスクがあり、かつ、コロナの治療薬の投与か新たに酸素投与が必要と医師が認めた方」「妊婦の方」
  • 発生届の対象ではない方の場合は、大阪府の「陽性者登録センター」(リンクはこちら)への登録をお願いいたします。
  • 診断した医師より発生届対象者と言われて3日経っても保健所から連絡がない場合は、受検された検査場にお問合せください。検査場のお問合せ先がわからない場合は、以下のページからご確認ください。

無料検査事業の実施について(大阪府ホームページ)

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
症状はないが感染しているか不安なので検査したい
A

感染不安を感じる無症状の府内在住の方は、無料で検査を受けることができます。
詳しくは、大阪府ホームページをご確認ください。 
咳や発熱等の症状がある方や、濃厚接触の可能性がある方は本事業の対象外です。

 

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

Q
新型コロナウイルスの症状ってどのようなものがありますか?
A

国内の積極的疫学調査によると、発熱、呼吸器症状、倦怠感(だるさ、疲れ)、頭痛等がみられ、インフルエンザや風邪と比べ、鼻汁・鼻閉は少なく、嗅覚・味覚障害の多いことが特徴と考えられてきましたが、現在主流の変異株(オミクロン株)の感染では、発熱、鼻汁、頭痛、倦怠感、咽頭痛などの感冒様症状(いわゆる風邪のような症状)が多く報告されています。

強いのどの痛みなどもあり、食事や水分がとりづらい中で、特に夏場は発汗や冷房使用中の部屋の乾燥などによる脱水(水分不足)にも気を付けていただくため、経口補水液をこまめに飲む、氷を口に含むなど積極的な水分補給を心掛けてください。

食事によって栄養・水分補給ができますので、可能な方は無理のない範囲で食事をとることも大切です。

 

【「よくあるご質問(Q&A)」にもどる】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで