このページの先頭です

本文ここから

ご自身や身近な方が新型コロナウイルスに感染したら

更新日:2022年5月24日

陽性と診断された後の流れ

重症化リスクのない64歳以下の方へ

重症化リスクの高い方(※)への確実なフォローを実施するため、健康観察の重点化を行っており、64歳以下で重症化リスクのない陽性者の方には保健所からの電話による連絡は行いません。携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で、保健所から必要な情報をお知らせしますので、以下のリーフレットをご確認いただき、ご自身で健康管理を行いながら自宅療養をお願いいたします。
自宅療養中に気を付けていただきたいことについて、リーフレット(自宅で療養される方・同居の方へ)(PDF:318KB)にまとめましたのでご確認下さい。

※ 重症化リスクの高い方:65歳以上、重症化リスク因子(主なものとして慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、慢性腎臓病、悪性腫瘍、肥満(BMI30以上)、固形臓器移植後の免疫不全)がある方、妊娠している方

自宅療養期間

ryo3


療養期間の確認は、下の「療養期間確認表」でも確認ができますのでご活用下さい。

療養期間確認表(エクセル:12KB)

(有症状の方は発症日、無症状の方は検体採取日を入れていただくだけで療養期間の確認ができます。)


 

65歳以上の方や、重症化リスク因子を持つ方、妊娠している方へ

医療機関から提出されている発生届の内容を元に、保健所が療養方針を決定いたします。ご連絡するまでに時間を要する場合がありますがご理解ご協力をお願いいたします。
なお、保健所からの連絡は携帯電話(先頭が090や080など)の番号からとなる場合がございます。ご心配をおかけしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

フローチャート

新型コロナ陽性と診断された後の流れ(保健所からの連絡や療養についてフローチャート)を掲載しています。
フローチャートをご確認のうえ、ご対応お願いいたします。

flow3


doukyo2


「新型コロナ陽性と診断された後の流れ 保健所からの連絡や療養について」のフローチャート(PDF:850KB)


自宅療養について

ご自宅で療養される方に安心してお過ごしいただく為、療養期間中に必要な情報や気を付けていただきたいポイントについてまとめましたので、以下のリーフレットをご覧ください。
ご自宅で療養される方・同居の方へ(リーフレット)(PDF:320KB)

自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)について

大阪府では、自宅待機者・自宅療養者からの緊急相談に24時間対応するためのサポートセンター「自宅待機SOS」を開設されています。
大阪府ホームページ(自宅療養者支援サイト)(別のウィンドウが開きます)
(リーフレット)自宅待機者等24時間緊急サポートセンター(自宅待機SOS)(PDF:629KB)

◆以下の場合は自宅待機SOSへ連絡を!!!

  • 自宅療養中の夜間・休日に体調が悪化し、健康相談したい
  • 自宅療養中に医師の診察を受けたいので医療機関を紹介してほしい
  • 保健所からの連絡の前に、宿泊施設での療養を希望する

【自宅待機SOSの連絡先】
電話番号:  0570-055221(全日24時間受付)
※通話料はご相談者様の負担となります。ナビダイヤルでのご案内となります。

外来診療、往診等を行う医療機関をお探しの場合

外来診療、往診等に対応する医療機関をこちらのリンク先(大阪府ホームページ)で掲載しています。
自宅療養者の方は各自でご確認いただき、医療機関へ必ず受診予約を事前に行ってください。

中和抗体薬の投与をご希望される場合

中和抗体薬の投与をご希望される場合は、「府民向け 抗体治療医療機関受診について(大阪府ホームページ)」をご確認下さい。

自宅療養者へのパルスオキシメーターの貸出について

堺市では、新型コロナウイルス感染症患者のうち自宅療養となった方に対して、患者の健康状態や症状の変化を迅速に把握するため、パルスオキシメーターを無償で貸し出しています。
詳しくはこちらのリンク先をご確認下さい。

家庭内感染防止のため注意いただきたいこと

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人(もしくは感染した人)がいる場合、同居のご家族はこちらのリンク先をご確認ください。

宿泊療養について

宿泊療養となった場合、大阪府が準備する宿泊療養施設で療養いただきます。
各宿泊療養施設の設備や持ち物の例については、下記リンク先からご確認ください。

大阪府ホームページ 宿泊療養者の皆様へ (別のウィンドウが開きます)

入院療養について

医療機関に入院される場合の詳細については、保健所から陽性者ご本人に個別に連絡します。

新型コロナウイルス感染者の患者と接触した方などへ

現在、保健所の業務は、重症化リスクの高い感染者を優先しています。
保健所から濃厚接触者の方への連絡や、検査の案内はありません。下記のリーフレットを参考に、不要不急の外出を避け、ご自身の体調管理に努めていただきますようお願いいたします。 「新型コロナウイルスの患者さんと接触された方などへ(リーフレット)(PDF:307KB)
新型コロナウイルス感染症の患者と接触した方で、症状がある場合は、かかりつけ医などの身近な医療機関にお電話等でご相談下さい。
大阪府医療機関検索システム
お近くの医療機関はこちらから検索できます。
診療・検査医療機関 公表一覧(大阪府ホームページ)
発熱患者の診療・検査が可能な医療機関を「診療・検査医療機関」として大阪府が指定しています。

濃厚接触の判断や対応について

・陽性者と同居しているすべての方は濃厚接触者となります。
・濃厚接触者の待機期間を証明する公的な書類はありません。
・濃厚接触者の待機期間については下記リーフレットから確認ください。
濃厚接触者の待機期間の考え方について(PDF:106KB)(リーフレット)
 濃厚接触者の方へ(大阪府ホームページ)

新型コロナウイルス感染症にかかる療養証明書類について

 新型コロナウイルス感染症に感染し、医療機関から発生届が提出されている方へ、療養を証明する書類を発行します。
 詳しくは、こちらのページをご確認ください。

事業所における新型コロナウイルス感染症急拡大時の対応

陽性者の方が医療機関や一般事業所に勤務されている場合は、保健所からの調査を待たず速やかに勤務先へ報告をしていただくとともに、事業所の皆さんはこちらのページ(別サイトへ移動します。)に沿ってご対応をお願いいたします。

新型コロナウイルスに関する不安等を抱える市民の皆様へ

新型コロナウイルスにかかわらず、ウイルス等への感染は、普段の生活の中で起こることであり、あなたのせいで感染したわけではありません。
新型コロナウイルス感染について、ご自身のことを責めたり、周囲の反応に胸をいためたりしていませんか。また、移動等が制限されていることで、様々な問題が生じ疲れていませんか。
思いがけない経験をすると、私たちは動揺し、気持ちやからだや考え方に様々な影響が出ます。
これらの状態は、自然に回復していくことがほとんどですが、「つらい気持ちを誰かに話す」、「相談する」ことでつらさが和らぐことがあります。お一人で抱え込まず、ご相談ください。
新型コロナウイルス感染症に関するこころのケアについてはこちらのリンク先をご覧ください

新型コロナウイルス感染症の後遺症に関するご相談について

新型コロナウイルス感染症の治療や療養終了後、呼吸苦や味覚・嗅覚の異常等、後遺症に悩まれる方は、堺市新型コロナ受診相談センターにお問合せください。

堺市新型コロナ受診相談センター

※お問合せの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願いします。
【電話番号】072-228-0239
【FAX番号】072-222-9876
【受付時間】
(月曜から金曜)午前9時から午後8時
(土曜・日曜・祝日)午前9時から午後5時30分
 上記以外の時間帯については、緊急のご相談のみ対応いたします。自動アナウンスにてご案内します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで