このページの先頭です

本文ここから

変異株への対応・高齢者施設等の職員に対する集中検査・感染者の方の情報

更新日:2022年1月24日

新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応

国からの要請により、堺市においても変異株PCR検査(スクリーニング検査)を実施しています。
変異株PCR検査(スクリーニング検査)を実施した検体について、遺伝子(ゲノム)解析が可能な検体は、検査機関に送付します。

変異株PCR検査の実績(累計)【令和4年1月24日更新】

変異株PCR検査件数
1,846

  変異株PCR検査の陽性件数

確定した変異株

B.1.1.7系統の変異株(アルファ株) 279 97
B.1.617系統の変異株(デルタ株)

773

228
B.1.1.529系統の変異株(オミクロン株) 46

※WHOの呼称変更に合わせ、英国で最初に検出された変異株を、B.1.1.7系統の変異株(アルファ株)に記載を変更しています。
また、インドで最初に検出された変異株を、B.1.617系統の変異株(デルタ株)に記載を変更しています。


※令和3年2月1日以降、堺市衛生研究所及び市内医療機関等において陽性と判明した検体を対象に、変異株PCR(スクリーニング)検査を実施しています。

ただし、オミクロン株については、国が変異株PCR検査(スクリーニング)の手法について確立に取り組んでいる段階であるため、遺伝子(ゲノム)解析の結果、オミクロン株であることが確定した場合に「確定した変異株」の欄に件数を掲載します。

なお、居住地以外で検査を受けて陽性が判明した方が含まれる場合もあるため、堺市民とは限りません。


※国立感染症研究所等において遺伝子(ゲノム)解析の結果が判明するまでには一定の時間を要します。また、堺市では、ウイルス量が少ない検体を含めて変異株PCR検査を実施しています。ウイルス量が少ない検体の場合、遺伝子(ゲノム)解析で判定不能となり、変異株の確定ができないケースもあるため、変異株PCR検査の陽性件数と確定した変異株の件数に差が生じることがあります。


大阪府内における変異株事例の発生状況については 大阪府ホームページをご覧ください。


 

高齢者施設等の職員に対する集中検査

国が定める新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づき、令和3年2月から堺市内にある高齢者施設等の職員に対する集中的な検査を実施していました。令和3年9月28日付けの基本的対処方針の変更等に伴い、本検査は終了しました。

検査対象 検査件数(累計)
高齢者施設等の職員 48,504

感染者の方の情報

令和3年11月1日以降の感染者の方の情報【令和4年1月13日更新】

令和3年10月31日以前の感染者の方の情報

令和3年6月27日以前の感染者の方の情報

令和3年3月10日以前の感染者の方の情報

令和2年11月15日以前の感染者の方の情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで