このページの先頭です

本文ここから

(医療機関向け)新型コロナウイルス感染症 全数届出見直しに伴う発生届の取扱い変更及び患者の総数報告等について

更新日:2022年10月6日

追加情報(令和4年9月26日)

・「みなし陽性」の発生届出の取扱いについて更新しました。詳しくはこちら
陽性者リーフレット更新しました。詳しくはこちら
 患者を診断した場合には、発生届を提出するか、提出しない(届出対象外患者)かを、患者に対しお知らせくださいますよう、何卒ご協力をお願いいたします。
 また、届出対象外患者へは、大阪府の「陽性者登録センター」への登録が必要である旨をお伝えくださいますようお願いいたします。


・患者の総数報告 HER-SYSでの報告方法はこちら
 令和4年9月26日から全国的に全数把握の見直しが行われ、新型コロナウイルス感染症に係る発生届出について、対象者を限定する旨の通知がありました。
 医療機関の皆様におかれましては、令和4年9月26日以降、新型コロナウイルス感染症患者を診断した際は、以下の通りご対応いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。 

発生届出の対象者について【令和4年9月26日診断分から】

下記のいずれかに該当する方【発生届の対象の方】
(1)65歳以上 
(2)入院を要する方
(3)重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方 又は
重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方
(4)妊婦
上記(1)~(4)の方は、発生届出の対象です。引き続き、従来どおり発生届出をお願いいたします。
また、発生届を保健所に提出する旨、当該患者の方にお伝えください
保健所からの連絡は原則としてSMS(ショートメッセージ)となります。
なお、65歳以上75歳未満の方で重症化リスクを複数お持ちの方、75歳以上の方、妊婦の方には電話連絡も行います。
(※)上記(1)~(4)の方は、8月4日から開始された発生届の簡略化の対象外です。
患者氏名のフリガナ、市区町村名以降の患者の所在地、住民票上の住所、保護者氏名(※保護者がいる場合)、診断年月日、検体採取年月日、発症年月日、発生届出時点の重症度、ワクチン接種回数・接種年月日・接種したワクチンの種類の情報を必ずご記載いただきますようお願いいたします。

(※)みなし陽性の場合は、上記(1)~(4)に該当する場合は、従来の「疑似症患者」ではなく、「患者」として発生届をご提出ください。

(お願い)発生届の入力方法(記載方法)について

(1)65歳以上…生年月日で確認します。
(2)入院を要する方…「届出時点の入院の必要性の有無」欄に、有の「1」を選択
※診断時に入院必要でなかったが、後に症状悪化により入院必要と診断された場合は、入院必要と診断した医師が、発生届を提出することになります。
※入院が必要と判断して発生届を提出した後、入院調整等の結果、入院しなかった場合は、発生届の取り下げを行う必要はありません。
(3)重症化リスクがありコロナの治療薬の投与または新たに酸素投与が必要な方:「重症化のリスク因子となる疾病等の有無」の「その他」欄に「0」を入力又は記載
(※重症化リスクがあってもコロナ治療薬や酸素投与が必要でなく、(1)~(4)いずれにも該当しない患者であれば、発生届出の対象外ですのでご注意ください。)
(4)妊婦:「重症化リスク因子となる疾病等の有無の「12 妊婦」にチェック

(追加情報)「みなし陽性」の発生届出の取扱いについて

 みなし陽性で、発生届の対象の方((1)65歳以上、(2)入院を要する方、(3)重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方 又は 重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方、(4)妊婦 のいずれかに該当する場合)は、その発生届出については以下のとおり行っていただきますようお願いいたします。
(1)発生届の提出方法
・従来の「疑似症患者」ではなく、「患者(確定例)」として発生届をご提出ください。
 ・HER-SYS 上で届け出る場合には、従来通り、「診断方法」の箇所の自由記述欄に「臨床診断」と入力いただくようお願いいたします。
 ・FAXで届け出る場合も、余白に「臨床診断」と記入する等、みなし陽性であることがわかるよう記載をお願いいたします。
(2)総数の報告について(後述)
 みなし陽性の患者についても、発生届出の有無に関わらず、医療機関からの総数の報告に含めていただきますようお願いいたします。

上記の(1)~(4)いずれにも該当しない方【発生届の対象ではない方】

発生届の対象者ではありません。
患者ごとの発生届出は行わないようお願いいたします。
※発生届の対象者ではない方の発生届が提出された場合、国通知に基づき、保健所から医療機関様へ取下げのご連絡を差し上げる予定です。
保健所に発生届は提出されない旨、当該患者の方にお伝えください。
 保健所からの電話やSMSによる連絡はありません。
●発生届対象外の陽性患者は、自ら、大阪府の「陽性者登録センター」(リンクはこちらに、登録を行うことになりますので、その旨を
対象患者へお知らせくださいますようご協力をお願いいたします。
上記の記載された陽性者向けリーフレットは以下のとおりです。
(大阪府作成)はこちら(大阪府ホームページ)
(堺市作成)陽性者リーフレット(PDF:301KB)(令和4年10月6日 更新しました。体裁を整えたものであり、内容そのものに変更はありません。)

(届出対象外の場合)陽性者登録センター登録時に必要なものを対象患者にご提供ください

※上記「陽性者登録センター」ホームページによると、届出対象外患者は、陽性者登録センターに登録するにあたって、医療機関から提供された以下の画像データが必要になりますので、以下の書面やデータを患者へ提供いただきますようお願いいたします。

【陽性者登録センター登録時に必要なもの】

以下のいずれかの画像データ
(1)氏名、検査日、検査機関名、検査結果が確認できる資料 [PCR検査や抗原検査の検査結果が確認できる書類や、コロナ治療薬(※発生届の 対象となる新型コロナ治療薬以外のもの(解熱剤等))が記載された処方せん等]   
(2)(※(1)がない場合)氏名、医療機関名、発行日の記載された診療明細書 (検査料の欄に「SARS-CoV-2」または 医学管理料の欄に「二類感染症患者入院 診療加算」の記載のあるもの)

陽性者向けリーフレットについて

 患者を診断した場合には、発生届を提出するか、提出しない(届出対象外患者)かを、患者に対しお知らせくださいますよう、何卒ご協力をお願いいたします。
 また、届出対象外患者へは、大阪府の「陽性者登録センター」への登録が必要である旨をお伝えくださいますようお願いいたします。  
つきましては、本市のリーフレットを別紙のとおり更新いたしましたので、ご活用いただきますようお願いいたします。
(堺市)陽性者向けリーフレット(PDF:301KB)(令和4年10月6日 更新しました。体裁を整えたものであり、内容そのものに変更はありません。)
大阪府作成リーフレットはこちら(大阪府ホームページ)

患者の人数報告について 【令和4年9月26日診断分から】

新型コロナの患者を新たに診断した日は、発生届の対象の有無や患者の居住地に関わらず、その日に診断した新型コロナ患者の総人数を、年代ごとにご報告ください。
※堺市内の全ての医療機関が対象です。
※新たに診断した患者の人数が「0人」であった日の報告は不要です。

集計・報告方法

○集計する対象:当日に新たに自院で診断した新型コロナの患者数(各年代ごとに集計)
※発生届を提出した患者数も報告が必要です。
(※「みなし陽性」も、報告の対象に入ります。)

【例】

1日で診断した新型コロナ患者の総数が計5人で、その内訳が
発生届対象で発生届を出した患者が70代1人、80代1人の計2人
発生届対象外の患者が10代1人、20代2人の計3人 だった場合は、
総数の報告は、「10代1人、20代2人、70代1人、80代1人」と計5人報告します。

報告する時期

令和4年9月26日(月曜)診断分から開始
従来の発生届と同様に、当日中にご報告をお願いいたします。

報告方法

HER-SYSによる報告をお願いいたします。

 (入力方法 参考) (医療機関向け)HER-SYS新機能リリース説明会資料(大阪府ホームページ)

HER-SYSでの報告が難しい場合は、以下の様式にて、FAX(072-222―9876宛て)にてご報告ください。
新型コロナウイルス感染症 患者 総数の報告(FAX様式)(エクセル:22KB)
新型コロナウイルス感染症 患者 総数の報告(FAX様式)(PDF:554KB)

その他 参考ホームページ

大阪府通知

令和4年度感染症法関係通知(大阪府ホームページ)
【診療検査医療機関宛通知】新型コロナウイルス感染症患者 全数届出見直しに伴う対応について(大阪府ホームページ)
別添資料1 全数届出見直しの概要(大阪府ホームページ)
別添資料2  医療機関向けフロー図(大阪府ホームページ)
別添資料3 陽性者向けリーフレット(大阪府ホームページ)
(医療機関向け)HER-SYS新機能リリース説明会資料(大阪府ホームページ)

堺市ホームページ

ご自身や身近な方が新型コロナウイルスに感染したら」(堺市ホームページ)

本通知にかかる厚生労働省通知のURL(厚生労働省ホームページ)

「With コロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて」 (厚生労働省ホームページ)
※当該通知は、頻繁に改訂版が発出されています。
最新の通知は、
自治体・医療機関向けの情報一覧(事務連絡等)(新型コロナウイルス感染症)2022年(厚生労働省ホームページ)
よりご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで