このページの先頭です

本文ここから

高齢者を取り巻く現状

更新日:2022年7月15日

 本市の高齢者数は、2021年9月末時点で234,314人となっており、総人口に占める割合(高齢化率)は28.3%で上昇を続けています。高齢者数のうち、65~74歳人口(前期高齢者)は110,724人で、総人口に占める割合は13.4%、75歳以上人口(後期高齢者)は123,590人で、総人口に占める割合は14.9%となっています。 また、後期高齢者のうち、85歳以上の人口は35,962人で、総人口に占める割合は4.3%となっています。年齢が高くなるとともに介護が必要な人の割合も高くなり、2021年9月末時点で65~74歳の認定率(高齢者に占める認定者の割合)は7.0%、75~84歳の認定率は27.0%、85歳以上の認定率は69.8%となっています。
 今後も、高齢化は更に進み、2020年頃にいったん高齢化率のピークを迎え、以降、しばらくは横ばいで推移したのち、2028年頃から再び上昇に転じるものと見込まれます。
 また、2025年には75歳以上人口は約14万人(うち85歳以上は約4万人)、総人口に占める割合はほぼ18% (うち85歳以上は約5%)に達するものと予測されます。75歳以上人口については、2027年をピークに減少に転じますが、85歳以上人口は増加が続くものと見込まれます。
 高齢者数の男女別構成比を見ると、2021年9月末時点で男性42.5%、女性57.5%となっています。女性の比率が上昇しており、2030年頃まで上昇が続くと見込まれます。
 高齢者世帯の状況を見ると、2021年9月末時点で、高齢者のみの世帯数は122,681世帯となっており、堺市の全世帯のうち30.9%を占めています。高齢者のみの世帯のうち、一人暮らし世帯は73,750世帯(全世帯の18.5%)、その中で75歳以上の一人暮らし世帯は46,352世帯(全世帯の11.7%)となっています。
 本市の要介護認定者における「認知症高齢者の日常生活自立度」2以上の高齢者数は、2020年の24,669人から年々増加していき、2025年には29,487人、2040年には31,409人と見込まれます。
 高齢化の進展や認知症高齢者数の増加などにより、要介護等認定者数も増加し続け、2025年には62,132人、認定率(高齢者に占める認定者数の割合)は27.2%になると見込まれます。今後も、要介護等認定者数は増加するものと見込まれます。

※日常生活自立度2:要介護等認定調査員による調査結果において、日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる状態

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 長寿社会部 介護保険課

電話番号:072-228-7513

ファクス:072-228-7853

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで