このページの先頭です

本文ここから

鉄砲鍛冶屋敷保存修理工事ニュース4

更新日:2022年2月3日

番付①

 部材の取り付け位置を示すために、「墨」で数字や記号が部材に直接書かれているものを「番付」といいます。鉄砲鍛冶屋敷の各建物でも、あちらこちらに「番付」が記されていましたので、順にご紹介を行います。
 今回は、道具蔵の柱等部材に記された「番付」です。
 道具蔵では北東隅を「一番」とし、時計回りに番号を振る「廻番付」となっています。この柱の根元には「廿四」(24)という墨書が見られます。
 「番付」を調べることで、建物の改造の変遷などを知ることが出来ます。

道具蔵の番付「廿四」(24)の画像道具蔵の番付「廿四」(24)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで