このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

令和5年度オープン予定「(仮)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム応援プロジェクト」クラウドファンディングを実施しています

更新日:2021年9月22日

 堺市では現在、日本で唯一のこる江戸時代前期の鉄砲鍛冶の住居兼作業場である「井上関右衛門家住宅」の保存修理工事を実施しており、令和5年度に「(仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム」としての開館をめざしています。
 昨年度の「鉄砲鍛冶屋敷再生プロジェクト」に続き、堺のものづくりの原点ともいえる鉄砲生産の歴史を後世に伝え、魅力あるミュージアムを創るために、皆様からのご支援をお願いいたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ふるさとチョイスのページ(外部リンク)はこちら

鉄砲鍛冶屋敷立面図の画像
鉄砲鍛冶屋敷立面図

堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム完成予想パースの画像
堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム完成予想パース

寄付募集期間

 令和3年9月13日(月曜)~令和3年12月11日(土曜)

企画名

 (仮)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム応援プロジェクト

お礼の品のご紹介

【本プロジェクトだけの寄附者特典】

  1. (仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアムのプレオープンツアーへの参加:正式オープンに先立ち、専門家の解説付きで鉄砲鍛冶屋敷ミュージアムの隅々までご案内します。
  2. 堺鉄砲鍛冶屋敷に葺く瓦への記名:鉄砲鍛冶屋敷主屋に葺く瓦へ記名いただけます。(第2回記名会は令和4年6月から7月頃を予定)

 上記、2つの特典はそれぞれ5,000円1口となります。

瓦への記名の例の画像
瓦への記名の例

 その他返礼品は、ふるさとチョイスのページをご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ふるさとチョイスのページ(外部リンク)はこちら

貴重な文化財を活かした魅力あるミュージアムへ

 堺鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家住宅は、日本で唯一のこる江戸時代前期の鉄砲鍛冶の住居兼作業場として、堺市指定有形文化財に指定されています。堺市ではこれらの貴重な文化財を未来に伝えていくと同時に、堺環濠エリア北部の観光周遊の拠点として活用をはかるため、魅力あるミュージアムの整備をめざしています。
 貴重な文化財を後世に伝え、歴史文化資源を活かした魅力あるまちづくりにつなげるため、みなさまのご支援をお願いします。

事業スケジュール

 平成29年度:個人より屋敷及び鉄砲の寄贈をいただく。
 平成30年度:計画策定
 令和2年度:保存修理工事着工
 令和5年度:「(仮称)堺鉄砲鍛冶屋敷ミュージアム」としてオープン予定

寄附金の主な使途

 堺鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家住宅にのこる貴重な文化財を適切な環境で展示し、たくさんの方々にご覧いただくための展示資料の整備に活用いたします。
 (例)展示ケース、展示資料の修復、鉄砲鍛冶の鍛冶場、細工場、店の間の再現展示など

堺の鉄砲鍛冶 井上関右衛門

井上関右衛門家とは

 堺市堺区北旅籠町西1丁に所在する井上関右衛門家は、日本で唯一のこる江戸時代前期の鉄砲鍛冶の住居兼作業場で、堺市指定有形文化財に指定されています。また、屋敷から近年発見された古文書などの歴史資料は江戸時代前期から近代まで約300年にわたり、2万点以上が確認されるなど質・量ともに日本一の鉄砲生産に関する資料です。堺の鉄砲鍛冶は江戸時代後期には全国の約8割もの藩と取引していましたが、その中でも井上関右衛門は61もの大名と取引し、堺でもトップクラスでした。

2万点以上の古文書から、歴史をくつがえす大発見

 井上関右衛門家から発見された古文書は堺市と関西大学の共同研究調査の結果、日本の鉄砲生産の歴史を書き換える大発見であることが分かってきました。
 江戸時代の鉄砲の生産は、平和な時代を迎えて衰退したと考えられてきましたが、井上家関右衛門家の古文書を読み解くと、武家からの鉄砲受注が江戸時代後期から急激に増加していたことがわかります。また、堺のものづくりの原点ともいえる分業によるものづくりの実態を示す資料も新たに発見されるなど、ミュージアムを拠点にした今後の研究の進展が期待できます。

本物のものづくり空間をよみがえらせたい!

 日本で唯一現存する江戸前期の鉄砲鍛冶屋敷である井上関右衛門家には、屋敷内に「鍛冶場」・「細工場」・「店の間」などの一般の町家にはない特別な機能が見られます。皆様のご支援で、江戸時代の鉄砲鍛冶が活躍した「本物のものづくり空間」をミュージアムとしてよみがえらせることができれば、職人が銃身を作っていた鍛冶場で、江戸時代の技術の粋を感じ、細工場で職人たちの分業により作られる火縄銃の組立を体験、江戸時代の店の間そのままに展示された貴重な資料や鉄砲図面からは、江戸時代の鉄砲ビジネスを垣間見ることができます。

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る