このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

大阪府陶邑窯跡群出土品(重要文化財)の保存修理を行いました

更新日:2019年3月29日

1 陶邑窯跡群について

 陶邑窯跡群では、古墳時代から平安時代までの約500年間に窯が築かれ、須恵器と呼ばれる焼きものが生産されました。製作された須恵器の編年基準となる資料に、文字資料や窯道具等を加え、平成17年に国の重要文化財に指定されています。

2 大阪府陶邑窯跡群出土品(重要文化財)の保存修理事業について

 重要文化財に指定された資料は、全部で2585点(須恵器2572点・窯道具3点・瓦せん類10点)を数えますが、出土してから50年もの長い歳月を経ているものが多く、接着接合剤の劣化等が生じているおそれがありました。そこで、平成28年に全ての資料について現状確認を行い、文化庁と協議した結果、接合が外れた須恵器甕などの8点については今後、公開・活用・保管するに際して保存(解体)修理が必要との結論に達しました。
 平成29年度は、緊急に修理が必要な須恵器の大甕と甕の2点の修理を行い、平成30年度は「重文 大阪府陶邑窯跡群出土品 日本の美再発見!文化財美術工芸品魅力開花推進事業」として残りの6点の須恵器について修理を実施しました。
 保存修理は、接着接合剤で接合してある破片をすべて解体したうえで、クリーニングを行い、ひずみが出ないように再接合しました。接着剤は十分な強度を保つためにアクリル樹脂を使用し、破片が欠損しているところはエポキシ系樹脂で全体の形を復元しました。最後に、樹脂に彩色して完成しました。

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る