このページの先頭です

本文ここから

堺市指定文化財の令和3年度新指定について

更新日:2022年2月25日

 令和4年1月24日に開催された堺市文化財保護審議会の答申を受けて、令和4年2月25日付けの堺市告示をもって、「堺環濠都市遺跡大坂夏の陣被災遺構出土一括資料(SKT39地点出土品)」を、下記のとおり堺市指定有形文化財(考古資料)として新しく指定しました。
 本指定制度は、堺市文化財保護条例に基づき、市内に所在する文化財の保存と活用のために必要な措置を講じ、市民の文化的向上に資することを目的としており、今回の指定により、堺市指定文化財は合計53件となりました。

SB302出土遺物の画像堺環濠都市遺跡(SKT39地点)SB302出土一括遺物

今回指定した堺市指定文化財

堺環濠都市遺跡大坂夏の陣被災遺構出土一括資料(SKT39地点出土品)

 茶室空間を備えた蔵座敷(SB301)と茶道具類を収納した蔵(SB302)という性格の異なる2棟の建物跡から良好な状態で出土した本資料は一括性に富み、かつ慶長20年(1615)の大坂夏の陣によって被災した資料です。近世初頭の堺の町衆が国内外の茶陶を所持していたことを考古学的に実証することができる貴重な資料であると共に、本資料の大半を占める高級陶磁器類は、中世末~近世初頭における堺の「富の象徴」とも言えるもので、考古資料として大変価値が高く重要です。

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで