このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

町家歴史館 清学院・山口家住宅で「端午の節句飾り」を展示します ※展示期間変更のお知らせ

更新日:2020年6月5日

ご来館時の注意

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、町家歴史館山口家住宅・清学院を5月15日(金曜)まで臨時休館していましたが、5月16日(土曜)から通常どおり開館します。
 ご来館の皆様には、引き続き感染予防の観点から、次のとおりご協力をお願いします。

  • 発熱や体調に不安のある方、高齢の方や基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方のご入館はご遠慮ください
  • 府外にお住まいの方のご入館はご遠慮ください
  • 必ずマスクなどを着用してください
  • アルコール消毒と検温へのご協力をお願いします。

 ※37.5度以上の発熱が確認された場合、入館をお断りします。

  • 「大阪コロナ追跡システム」へのご協力をお願いします。
  • 混雑時には入場制限をさせていただきます。
  • 施設内では、他の方と十分な距離(2メートル以上)をとってください。
  • 施設内での会話はお控えください。

「町家歴史館 山口家住宅・清学院 開館(臨時休館終了)のお知らせ」のページへ

「端午の節句飾り」について

 登録有形文化財の「町家歴史館 清学院」と重要文化財の「町家歴史館 山口家住宅」で、「端午の節句飾り」の展示をおこないます。
 「町家歴史館 清学院」では、清学院に代々伝わる武者飾りをしつらえ、「町家歴史館 山口家住宅」では、府伝統工芸士である堺五月鯉幟(ごがつこいのぼり)工房「高儀(たかぎ)」様のご協力をいただき、長さ7メートルにもおよぶ手描き鯉幟(大阪府知事指定「大阪の伝統工芸品」)と環濠内の旧家に伝わる明治時代の武者飾りを公開します。
 まちあるきのひと時にお立ち寄りいただき、江戸時代の堺の町家での「端午の節句」の雰囲気をお楽しみください。

山口家住宅のこいのぼりの画像
山口家住宅 土間にたなびく鯉幟(こいのぼり)

展示期間

 令和2年5月20日(水曜)~令和2年6月22日(月曜)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館していたので、展示期間を変更します。

開館時間

 午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

休館日

 会期中は、5月26日、6月2日・9日・16日が休館です。

入館料

町家歴史館 清学院

 100円 (20人以上の団体は80円)

町家歴史館 山口家住宅

 200円 (20人以上の団体は160円)

  • 両館共に、中学生以下、堺市の区域内に住所を有する65歳以上の方、障害のある方とその介護者は無料です (障害者手帳などをご提示ください)。
  • 清学院と山口家住宅の共通入館料は250円 (20人以上の団体は200円)です。

場所

町家歴史館 清学院

 堺区北旅籠(はたご)町西1丁3-13

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

町家歴史館 山口家住宅

 堺区錦之町東1丁2-31

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図情報は「堺市e-地図帳」(外部リンク)をご覧ください。

アクセス

町家歴史館 清学院

  • 阪堺電気軌道阪堺線「高須神社」停留場より約300メートル。
  • 南海本線「七道(しちどう)」駅より約300メートル。

町家歴史館 山口家住宅

  • 阪堺電気軌道阪堺線「綾ノ町」停留場より約200メートル。
  • 南海電鉄高野線「堺東」駅もしくは南海本線「堺」駅から南海バスで「大小路(おおしょうじ)」、阪堺線に乗り換え「綾ノ町」停留場下車。
  • 南海バス「堺東駅前」から61系統(堺東住之江線)「住之江公園駅前」行きで、「綾の町電停前」停留所下車。

※ 「町家歴史館 清学院」と「町家歴史館 山口家住宅」との間の距離は約620メートル。

※ 両館ともに、駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る