このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

2021年度 堺市博物館展覧会スケジュール

更新日:2021年6月19日

※展示内容および会期を変更する場合があります。詳しくはお問い合わせください。

常設展 百舌鳥古墳群と堺の歴史・文化

堺の古代から近現代までの歴史と文化を紹介しています。とくに、当館が位置する百舌鳥(もず)古墳群の紹介とその出土品の展示が充実しています。
ボランティアの方々による展示解説が好評です!

特別展 海を越えたつながり-倭の五王と東アジア- <Connection Across The Sea>

会期

3月13日(土曜)から5月9日(日曜) <Sat.,March13 - Sun.,May9>
※緊急事態宣言発出のため、4月24日で閉幕しました

企画展 聚楽第行幸図屏風修理記念 豊臣秀吉と堺 <Toyotomi Hideyoshi and Sakai>

会期

6月22日(火曜) から7月11日(日曜) <Sat.,May29 - Sun.,July11>

概要

 天下人・豊臣秀吉は、関白就任後の天正16年(1588)4月、後陽成天皇を自らの城である聚楽第に迎えました。当館の「聚楽第行幸図屏風」は、この行幸のパレードの様子を描いたものであり、聚楽第の壮観を伝える数少ない絵画資料の一つです。
 本展では、この屏風を2018年度に解体修理を行った後に得られた知見とともに初めて公開します。また、戦国時代随一の商都だった堺に秀吉がどのように関わったかを知ることのできる資料など約60件を展示し、中世から近世への移行期において、秀吉が堺に与えた影響を探ります。

スポット展 百舌鳥・古市古墳群のたからもの

会期

7月6日(火曜)~9月26日(日曜) <Tue.,July6 - Sun.,September26>

概要

 百舌鳥・古市古墳群の特徴である、「大きい」(墳丘規模)、「たくさん」(鉄製品や石製品の大量埋納)、「めずらしい」(金工品や墳丘構造物等)をキーワードに、両古墳群出土の優品を展示します。
 また、平成30年に仁徳天皇陵古墳第1堤で行われた発掘調査の成果も併せて紹介します。 

企画展 堺敷物ものがたり-天保二年、堺緞通からはじまった- <Sakai Carpet Story>

会期

7月17日(土曜)~10月3日(日曜) <Sat.,July17 - Sun.,October3>
※途中展示替あり

前期:7月17日(土曜)~8月29日(日曜)  後期:8月31日(火曜)~10月3日(日曜)

概要

 堺市を中心とする南大阪地域は全国でも有数の敷物の産地です。その流れは江戸時代にはじまった手織りの絨毯である「堺緞通」の生産にさかのぼることができます。当館では平成29年度に特別展「堺緞通ものがたり」を開催し、江戸時代から現在に至るまでの堺緞通の歴史を回顧しました。  
 本展では、江戸時代・天保2年(1831)にはじまった堺緞通について、新収蔵資料を中心にあらためてご紹介するほか、機械織絨毯やフック緞通(ハンドタフト)、チューブマットなど、堺緞通からさまざまな種類の敷物生産に展開していく過程を追い、堺の敷物産業についてご紹介いたします。

企画展 和田家文書からよみとく-南北朝期の和泉・河内-(仮)

会期

10月9日(土曜)~11月28日(日曜) <Sat.,October9 - Sun.,November28>

教育普及展 むかしの暮らし-ふしぎな道具の世界-(仮)

会期

1月初旬から2月下旬 <Junuary - February>

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る