このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

企画展 むかしの夏、堺の夏

更新日:2015年12月21日

タイトル

会期

平成27年7月18日(土曜)~8月30日(日曜)
※期間中展示替えをいたします。
【前期】7月18日(土曜)~8月9日(日曜) 【後期】8月11日(火曜)~8月30日(日曜)
※月曜日は休館、ただし7月20日(月・海の日)は開館いたします。

概要

 むかしのさかいの人たちは、なつをどんなふうにごしたのでしょうか?むかしの堺の夏をすこしのぞいてみましょう。
 堺の夏の一大行事いちだいぎょうじ住吉祭すみよしまつり何百年なんびゃくねんつづいており、むかしもおおいにがったようです。江戸時代えどじだい屏風びょうぶから、住吉祭のようすを見物けんぶつしてみます。
 おぼんには堺だけではなくあちこちのおてらで行事が行われ、先祖せんぞれいをおまつりします。本展ほんてんには、「閻魔王図えんまおうず」(堺市・長泉寺蔵ちょうせんじぞう重要文化財じゅうようぶんかざい前期ぜんき展示てんじ)、「阿弥陀三尊来迎図あみださんぞんらいごうず」(堺市・専称寺せんしょうじ蔵、大阪府指定文化財おおさかふしていぶんかざい後期こうきに展示)など、堺のお寺につたわった仏画ぶつがを展示します。ほとけさまのおしえをえがいたから、むかしの人たちがかんがえた死後しご世界せかいのようすを想像そうぞうしてみます。
 今年は、太平洋戦争たいへいようせんそうわってから70年目ねんめにあたります。1945年7月10日、大空襲だいくうしゅうけて堺の町はけ、そのおよそ1月後、8月15日に戦争が終わりました。戦争の終結しゅうけつ重要じゅうよう役割やくわりたしたのが、堺出身さかいしゅっしん当時とうじ首相しゅしょう鈴木貫太郎すずきかんたろう(1868~1948)です。戦時中せんじちゅうの堺の町をえがいたスケッチや、鈴木貫太郎ゆかりの資料しりょうを展示し、戦争についてかんがえてみたいとおもいます。

主な展示品

住吉祭礼・賀茂競馬図屏風(すみよしさいれい・かもくらべうまずびょうぶ)
江戸時代 当館蔵 
※前期に展示

 古くから続く堺の夏祭り「神輿渡御(みこしとぎょ)」では、住吉大社のお神輿が行列をともなって堺のお旅所までやってきます。
 この屏風には、江戸前期の渡御行列(とぎょぎょうれつ)のようすと、それを見物する人々のにぎわいが描かれています。

重要文化財 閻魔王図(えんまおうず)
鎌倉時代 堺市・長泉寺蔵
※前期に展示

 地獄か極楽かの審判をする閻魔王。下方には、縛られた罪人と首枷(くびかせ)をはめられた罪人がいます。閻魔王は、はげしい怒りの表情です。緊張感あふれる場面を描いています。

★20年ぶりに堺で公開!

大阪府指定文化財 阿弥陀三尊来迎図(あみださんぞんらいごうず)
鎌倉時代 堺市・専称寺蔵
※後期に展示

臨終に際して、浄土の世界から阿弥陀如来が迎えにやってくるようすを描いています。両脇に観音菩薩(かんのんぼさつ)と勢至菩薩(せいしぼさつ)を従えています。すべて金色で描かれ、光り輝くようすが表わされています。

★20年ぶりに堺で公開!

関連イベント

講演会

【演題】「昭和20年の夏・8月15日‐終戦と鈴木貫太郎‐」
【講師】白神典之(当館学芸課長)
【日時】8月15日(土曜)午後2時~3時30分
【場所】博物館ホール
申込不要/先着80人/聴講無料

展示品解説

【講師】当館学芸員
【日時】8月22日(土曜)午後2時~2時30分
【場所】企画展展示場
申込不要/要観覧料 

納涼!講談会~子どもも大人も笑って、ちょっとゾクッ!~ ※終了しました。

【演題】「千利休と戦国大名のお茶」「怪談・野良猫の恩返し」
【出演】講談師 旭堂南海さん
【日時】8月2日(日曜)午後4時~5時 (開場:午後3時)
【場所】堺市茶室 伸庵(堺市博物館 敷地内)
    ※抹茶(有料)や蚊帳(かや)が体験できます。
【対象】小中学生
    ※保護者同伴でお願いします。
    ※保護者1人につき2人までお申込いただけます。
【定員】30人(保護者を含む)
    ※申込多数の場合は、抽選となります。
【参加費】無料
【参加方法】必要事項(郵便番号、住所、参加者全員(保護者も)の氏名、学年、電話・ファックス番号)を明記の上、往復ハガキ・ファックス・電子メールのいずれかにてお申込み下さい。7月21日(火曜)必着。堺市博物館学芸係まで。

問合せ・申込先

堺市博物館

〒590‐0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
TEL072-245‐6201 FAX072-245-6263
電子メールhakugaku@city.sakai.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の展覧会

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る