このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

企画展「豊臣秀吉と堺」  <令和3年5月29日(土曜)から7月11日(日曜)まで>

更新日:2021年4月24日

会期

令和3年5月29日(土曜)から7月11日(日曜)まで
休館日:月曜日

展示概要

 
 天下人・豊臣秀吉は、関白就任後の天正16年(1588)4月、後陽成天皇を自らの城である聚楽第に迎えました。当館の「聚楽第行幸図屏風」は、この行幸のパレードの様子を描いたものであり、聚楽第の壮観を伝える数少ない絵画資料の一つです。
 本展では、この屏風を2018年度に解体修理を行った後に得られた知見とともに初めて公開します。また、戦国時代随一の商都だった堺に秀吉がどのように関わったかを知ることのできる資料など約60件を展示し、中世から近世への移行期において、秀吉が堺に与えた影響を探ります。

主な展示資料(予定)

・聚楽第行幸図屏風 (当館所蔵)
・豊臣秀吉像 (当館所蔵)
・歌蒔絵香箱 寛永18年(1641)銘  (当館所蔵)
・堺環濠都市遺跡出土 高麗茶碗 (堺市文化財課所蔵)
・羽柴秀吉書状(天正9年)5月17日付 宗久宛 (大阪城天守閣所蔵)
・北野茄子茶入 (野村美術館所蔵)
・聚楽第周辺武家屋敷跡出土 桔梗文金箔棟瓦 (京都市考古資料館所蔵)

関連行事

学芸講座

日時

 6月13日(日曜)午後2時から3時30分まで

場所

 博物館 地階ホール

テーマと講師

 「16世紀の堺と高麗茶碗」
 永井正浩 (堺市文化財課学芸員)

定員

 45人

参加

 参加無料(事前申込みが必要です。)
 ※学芸講座の申込みは、6月7日(月曜)まで、電子メール・FAX・往復はがきで受け付けます。
  申込多数の場合は抽選となります。
  詳細は企画展「豊臣秀吉と堺」チラシをご参照ください。

展示品解説

 企画展会場で当館学芸員が解説します。

日時

 6月27日(日曜)・7月10日(土曜)午後2時から30分程度

場所

 企画展会場 

定員と参加方法

 両日とも定員40人でガイド機器を使用します。
 申込不要。直接会場へお越しください。先着順に受け付けます。
 観覧料のみ必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

企画展・特別展

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る