このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「日本と世界が出会うまち・堺 2017」プロジェクト (終了しました)

更新日:2017年12月28日

 堺市(主管:堺市博物館)、大阪大学(主管:大阪大学歴史教育研究会)の共催事業として、堺の国際交流の歴史などにスポットをあてた「日本と世界が出会うまち・堺 2017」プロジェクトを実施します。
 
 このプロジェクトは、高校生を主な対象にして、公募形式によって堺の国際交流の歴史等を研究発表してもらう取り組みとともに歴史を知ることの意義についての一般市民向けの講演も実施するものです。
 堺は、ユネスコ世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群が造営された古代以来、アジアをはじめとする多彩な国際交流の歴史をを持っています。とりわけ、15世紀から17世紀には、日明貿易、琉球貿易、南蛮貿易、朱印船貿易などで繁栄し、「日本のベニス」と呼ばれました。千利休に代表される茶の湯文化なども、この時代に大きく花開きました。
 このような堺の国際交流の歴史等を学習・研究することにより、日本や世界の歴史に対する理解を深めるとともに多文化共生の心を育み、アジアをはじめ世界各地域との新たな架け橋となる人材の育成をめざします。

 この趣旨に沿って、高校生および中学生が堺や地域の歴史などをフィールドワークや体験学習によって調べ学習し、その成果を発表していただく場を用意するとともに参加者を顕彰いたします。

プロジェクトの概要

(1)高校生等による研究発表の公募(公募終了)

大阪府内の高校生を主な対象として、堺の国際交流の歴史等に関する研究を
2017年(平成29年)4月~6月に公募し、(2)で発表してもらいます。

(2)「日本と世界が出会うまち・堺 2017」研究発表会(終了しました)

【日 時】 2017年(平成29年)11月19日(日曜) 13:30~18:15
【場 所】 堺市内ホール(サンスクエア堺ホール)13時30分~18時15分
【内 容】 中学生・高校生グループによる歴史研究発表

後援

大阪府教育委員会

協力

堺ユネスコ協会、 「日本と世界が出会うまち・堺 2017」プロジェクト研究会 (プロジェクトの趣旨に賛同していただいた高校教員で構成)

中学生・高校生が歴史に迫る 「日本と世界が出会うまち・堺 2017」研究発表会を開催

事業名

「日本と世界が出会うまち。堺 2017」研究発表会

日 時

2017年11月19日(日曜)13:30~18:15

場 所

サンスクエア堺ホール(JR阪和線堺市駅下車すぐ)

プログラム

1)中学生・高校生16グループによる研究発表
2)竹山修身・堺市長激励のご挨拶、審査結果発表、表彰式、講評

中学生・高校生16グループによる研究発表

 帝塚山学院中学校・高等学校、帝塚山学院泉ヶ丘中学校、金蘭千里中学校、関西大学中等部・高等部、開明高等学校、大阪府立三国丘高等学校定時制の課程、大阪府立堺工科高等学校、雲雀丘学園高等学校、大阪府立堺東高等学校の12校の16グループが研究発表・パネル展示を行いました。発表内容は次の当日配布資料をご覧ください。

竹山修身・堺市長 激励のご挨拶


竹山修身・堺市長 激励のご挨拶

 皆さん、こんばんわ。
 この発表会も5回目を迎えました。私は昨年からこの発表会を聞いていますが、段々と内容が濃くなって、皆さんの発表に、ワクワク・ドキドキする思いです。皆さんの発表には、これから我々行政がやるべき課題についても示唆に富んでいるところがたくさんありました。
 皆さんが、堺について発表するとき、本当に堺への愛を感じました。私はいつも「堺の子どもには三つの稀有な遺伝子があるんだ」と言っています。一つは1600年も前から仁徳天皇陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群を造ってきた「ものづくりの遺伝子」です。二つ目は、呂宋(ルソン)助左衛門がフィリピンに渡って大きな貿易をしたように、堺の商人は世界を股にかけて大きな貿易をした歴史を持つ「挑戦の遺伝子」です。そして、最後に、一番大事なものは、歌人・与謝野晶子さんや茶人・千利休さんのような「自由の遺伝子」です。私は、堺っ子に、この三つの遺伝子をいかして、世界に向けて発信してほしいと思っています。今日、私が拝見しても、皆さんは、この稀有な三つの遺伝子を持っていると思います。
 これからの堺は、世界に対して発信していきたいと思っています。そのためには、堺市内はもちろん、市外の人たちにも堺の良さを広げていく必要があります。市外の人たちといっしょになって、堺を面白く、ワクワクするようなまちにしていきたいと思います。どうか、これからも世界や堺についてしっかりと勉強してください。これからも、よろしくお願いします。

市長の動静トピックス11月第3週(11月13日~11月19日)

審査結果発表

 審査は3人の審査員により行いました。
 審査基準は(1)堺や対象地域の歴史の取り上げ方について(2)世界史や国際交流の視点について(3)研究内容の深さについて(4)発表の巧さについて(5)総合的な評価点の5項目で、それぞれ10点満点、合計50点満点(3人で150点満点)としました。なお、特別賞の堺ユネスコ協会賞は大阪大学院生の投票をベースに選出しました。
 審査結果と各グループの講評は次の添付資料をご覧ください。

表彰式

特別賞・堺ユネスコ協会賞
 大阪府立三国丘高等学校 定時制の課程 放送研究会
 テーマ 堺大空襲
中学生の部 最優秀賞(ルソン助左衛門賞)
 金蘭千里中学校 1年生
 テーマ 戦国のクリスマスパーティー
高校生の部 最優秀賞(フランシスコ・ザビエル賞)
 大阪府立堺工科高等学校 エコデザイン部
 テーマ いたすけ古墳濠の水質浄化活動

講 評


桃木至朗・審査委員長 講評

 賞をもらった皆さん、おめでとうございます。
 今回は、この5年間で一番の接戦でした。市長さんにお願いして、全部に賞をあげたいくらいでした。賞をもらえなかった皆さんも素晴らしい発表でした。ですから、ぜひ次も、皆さん自身で、あるいは後輩たちに、チャレンジしてもらえたらうれしく思います。
 この研究発表会も5回目になって本当にレベルが上がってきたと思います。皆さんは本当によく調べて、発表にも工夫がありました。「日本の学生は覚える勉強は得意だが自分たちで調べて発表する討論するということは苦手だ」とよく言われますが、そんなことはないと思いました。また、今回は、古墳の濠の水質であったり淀川の治水であったりと、理科系の内容がありました。歴史の勉強に理科系は関係ないということではないことが示されて、本当に良かったと思います。
 最後に、賞を取った方も取れなかった方も、これで終わりだと思わないでください。中学生は高校に、高校生は大学に言って勉強していくわけですが、「ここで研究したことを続けて研究していってくれれば良いなあ」と思っています。その意味での一つの助言をしたいと思います。今年は、日本の話はとても充実していました。しかし、世界との接点についての探究が少なかったように感じました。今後、皆さんの研究テーマを世界とつなげていく、あるいは、世界的な比較をしていくという視点も持っていってほしいと思います。そうすれば、皆さんの研究がもっともっと広がりを持つものになると思います。
 皆さん、本当にお疲れさまでした。

高校生・中学生のみなさんへ 堺の国際交流の歴史や世界遺産などに関する研究発表を公募します!(公募は終了しました)

対象

高校生で、3人以上のメンバーで構成されたグループ。中学生も応募できます。

研究テーマ

(1)堺の国際交流等の歴史に関する研究(時代は問いません)
  【例】
 [古 代]
○百舌鳥古墳群の造営と渡来人 ○行基の布教活動と渡来人
[中近世]
○利休が愛した茶菓子の再現 ○堺とキリシタン音楽
○南蛮屏風に描かれたのファッションの再現
○黄金の日日・堺の町並みをCGで再現 ○南蛮貿易を劇で再現
 [近現代]
○与謝野晶子とパリ
など

(2)堺やあなたの町の世界遺産、無形文化遺産、記憶遺産に関するもの

※研究に関して助言を必要とされるグループには、共催団体の学芸員・教員などが相談に応じます。また、夏休み期間中の8月上旬(予定)に、堺市博物館で研究発表相談会を開催し、事前の打ち合わせも行う予定です。

発表形式

(1)形式は自由です。
 【例】
○パワーポイントを使った発表 ○実物模型などを使った発表 ○紙芝居 ○劇 ○演奏 
など

(2)11月19日(日曜)に堺市内ホール(サンスクエア堺ホール)で開催する「日本と世界が出会うまち・堺 2017」 研究発表会で発表していただきます。発表時間は15分前後とさせていただきます。

顕彰

(1)参加グループ全員に、堺市博物館無料招待券を差し上げます。
 また、研究発表内容は、堺市博物館のホームページどで紹介していきます。
(2)優秀な研究発表をしたグループには、最優秀賞などの賞状と記念品を差し上げます。

応募方法

下の応募用紙をダウンロードして必要事項を記入し、
堺市博物館学芸課まで電子メールへの添付によって提出してください。
メールの件名には「研究発表の応募」と明記してください。

公募締切

2017年6月16日(金曜)

書類ダウンロード

参考

*2016年プロジェクト

「日本と世界が出会うまち・堺 2016」プロジェクト

2016年(平成28年)の取り組みは、こちらをご覧ください

*2015年プロジェクト

「日本と世界が出会うまち・堺 2015」プロジェクト

2015年(平成27年)の取り組みは、こちらをご覧ください

*2014年プロジェクト

「日本と世界が出会うまち・堺 2014」プロジェクト

2014年(平成26年)の取り組みは、こちらをご覧ください

*2013年プロジェクト

「日本と世界が出会うまち・堺 2013」プロジェクト

2013年(平成25年)の取り組みは、こちらをご覧ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課
電話:072-245-6201 ファックス:072-245-6263
〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

催し物のご案内

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る