このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

東区 水・緑と調和し、安全・安心な暮らしをともにつくるまち
  • くらしの情報
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 地域情報
  • 区役所案内

本文ここから

区の文化財・名所

更新日:2012年12月19日

牛頭天王坐像

場所:中仙寺(東区石原町)

大阪府有形指定文化財

白鷺公園の花菖蒲

場所:東区白鷺町1丁14番地(南海高野線白鷺駅)

5月下旬から6月中旬頃公園内のハナショウブ園では、約200種、8,000株のハナショウブが鑑賞できます。白、紫、ピンクのハナショウブが水面に生える眺めは、見事なものです。

大美野の町並み・噴水

場所:東区大美野(南海高野線北野田駅)

欧州の20世紀初頭の住宅地を参考に、昭和初期に開発された地域です。中央広場噴水を中心に8本の放射道路が設けられ、それらを同心円状に連絡する街区割りが特徴的です。現在も生垣の緑が多く美しい街並みは、見る人の心を和ませてくれます。
また、東区内には、このような円形の平面交差点が3カ所あり、そのうち1カ所(東区日置荘西町2丁)が、ラウンドアバウト(信号機のない環状交差点。平成26年9月1日に施行された改正道路交通法で標識と通行ルールが定められた)に指定されています。

西高野街道

場所:東区関茶屋周辺(南海高野線初芝駅)

西高野街道は紀州高野山に至る旧街道で、和泉堺(現堺市)を起点として、高野参詣路として用いられたためこの名称がある。この道が用いられた時期は不明ですが、平安後期から鎌倉初期には高野参詣に使用され始めていたと考えられています。関茶屋の辺りでは、今も往時の趣を感じることができます。

大津池

場所:東区野尻町105番地(南海高野線初芝駅)

大津池は、南海高野線初芝駅の南西に位置しています。周囲480m、面積7.8haあり東区最大のため池です。春には堤一面を桜が覆うなど近隣住民の憩いの場して親しまれています。

萩原神社のクスノキ

場所:東区日置荘原寺町75番地1(南海高野線萩原天神駅)

クスノキを中心とした鎮守の森を形成するこの神社は、以前はシイの森であった。しかも、今のクスノキよりも数倍も大きい樹齢数百年のシイの木ばかりである。そして、その回りを樹齢六十年位の数百本のマツが覆っていたというから、かなり豊かな鎮守の森であった。宮司の南条さんの話によると、神社の回りに住む四十代までの人々は子供の頃シイの森に入って、シイの実を拾って食べたことが良い思い出になっているという。南條さんによると、この三十年の間にまずマツがマツクイ虫に侵されて全滅し、その後、シイの樹々が枯れ始め、今は数本を残すのみとなっている。大変残念なことである。写真のクスノキは、境内の入り口近くに、参詣者が行き交う姿を静かに見つめるように立っている。(堺市指定保存樹木第89号・樹高11m・周囲2.5m)

小田邸のクスノキ

場所:東区野尻町497番地(南海高野線白鷺駅)

野尻町の小田正義さんの邸内はこんもりとした樹木が生い茂り、離れて見るとまるで鎮守の森のようである。邸内にある、大きなクスノキ二本、クロガネモチ一本が堺市の保存樹木に指定されている。家のすぐ裏にあるクスノキは、約四百年の樹齢を持つ。小田さんが旧制の中学生であった頃、夜中になるとこのクスノキから「ウーウー」という泣くようなうめき声が聞こえたという実話がある。小田さんの祖父の愛吉さんが大きな槌で樹をたたくと、パッタリと声が止み、それからは一度も声を聴いていないそうである。クロガネモチは、冬になると、真赤な実をつける。それを目当てにヒヨドリやムクドリがやって来る。毎年鳥の声を聞いて、季節が感じられるというのもすばらしいことだ。(堺市指定保存樹木第147号・樹高17m・周囲2.46m)

真光寺のクスノキ

場所:東区日置荘原寺町518番地(南海高野線萩原天神駅)

堺市指定保存樹木第128号・樹高17m・周囲2.7m

堺市の文化財

このページの作成担当

東区役所 企画総務課
電話:072-287-8100 ファックス:072-287-8113
〒599-8112 堺市東区日置荘原寺町195-1

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市東区役所

〒599-8112 堺市東区日置荘原寺町195番地1 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)

本サイト上の文章・画像等の無断使用及び転載を禁止します。

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る